• JpnIII
  • 第22回
  • スパーキングレディーカップ
  • 川崎
  • ダ1600m
  • 3歳上牝オープン
  • 2018年7月5日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ブランシェクール TCK女王盃 2着 TCK女王盃2着を評価。この相手でも。
2 2 マコトカンパネッロ 500万下 1着 転厩後も凡走続き。ここでは厳しい。 - -
3 3 リエノテソーロ 全日本2歳 1着 手頃な条件に戻るがどこまで変わる?
4 4 ドンナディヴィーノ バルタン店長 1着 交流重賞の成績物足りず。入着も厳しく。 - -
5 ラーゴブルー しらさぎ賞 1着 勢いは評価も今回相手かなり強くなり。
5 6 シュンプウ 春分の日特別 1着 ここ数戦の凡走が問題。重賞では... - -
7 ラインハート JBCレディ 3着 凡走続くが去年秋の勢い戻れば。 -
6 8 ワンミリオンス エンプレス杯 1着 手頃な条件。そろそろ一変あっていい。 -
9 ラビットラン ローズS 1着 ダートで楽勝ある馬。一変に期待。
7 10 オルキスリアン マリーンC 5着 マリーンCで決着済。ここも入着までか。 - -
11 フラワーオアシス 大和賞 1着 前2走が負けすぎ。今回条件も厳しく... - -
8 12 オウケンビリーヴ 陽春S 1着 能力は通用しそうだが距離がちょっと... -
13 マテリアメディカ 黒潮盃 3着 2桁着順続く。いい頃の走りは望めぬか。 - -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第22回スパーキングレディーカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第22回スパーキングレディーカップの展望と予想とヨタ話

ちょい早めだが、秋の大一番に向け有力馬ぼちぼち始動。

JBCレディスクラシックに向けての一戦。スパーキングレディーC。

という訳で、このスパーキングレディーカップ。こういう時期の重賞だったりするが、 エンプレス杯辺りで休養に入った実績馬が秋の大一番・JBCレディスクラシックに向け復帰するには丁度いい頃合いということもあってか、結構メンバーが揃うのがこのスパーキングレディーカップ。 あと、去年のアンジュデジールや一昨年のタイニーダンサーのように3歳馬の参戦もあったりするし。

と、まぁ、そんな感じのスパーキングレディーカップだったりするのだが...今年はちょっとパンチ不足。一応、全日本2歳優駿の楽勝だけではなく芝のNHKマイルカップでも2着に入ったリエノテソーロとか、 去年のTCK女王盃・エンプレス杯馬ワンミリオンス、ローズS勝ちのラビットラン、去年のJBCクラシック3着馬ラインハートに今年のTCK女王盃で2着に入ったブランシェクールなど、実績馬はきっちり揃っているのだが...ねぇ。 近走成績がイマイチな馬ばかりだったりするのが何かとアレ。

となれば、ここは別の馬で勝負...と考えたくなるところだが、これらの実績馬以外で狙えそうな馬がラーゴブルーとオウケンビリーヴぐらいしかいないのがねぇ。 しかも、ラーゴブルーは前走のしらさぎ賞で52kgという軽量だったにも関わらず交流重賞で足りなかった馬に迫られてしまったりするなど、ちょっと足りない感じがするのがアレだし、 オウケンビリーヴは距離延長が微妙だったりするのがアレ。ここは、近走イマイチでも手頃な条件のここで巻き返しありそうな実績馬を狙っていくのが正解なんじゃないかと。

という訳で、中心はワンミリオンス。去年のエンプレス杯以降の成績がイマイチだったりするが...徐々に調子を上げてきているんでねぇ。 そろそろ出番あっていいんじゃないかと。あとは、ダートの新馬戦で楽勝していることを考えればこのダート替わりがいい方向に作用しそうなラビットラン、 そしてラーゴブルー・ブランシェクール・リエノテソーロを拾っていく感じでいいんじゃないかと。

第22回スパーキングレディーカップ予想
ワンミリオンス
ラインハート
ラビットラン
ラーゴブルー
ブランシェクール
リエノテソーロ

あと、いい頃の走りが戻ればラインハートもアリなんだが...

結果
1着リエノテソーロ
2着オウケンビリーヴ
3着ラビットラン
4着ワンミリオンス
5着ブランシェクール
タイム:1分40秒8 3F:38.9秒
リエノテソーロ 牝4歳
騎手:吉田隼人 厩舎:美浦・武井厩舎
単勝:3番440円
複勝:3番180円、12番160円、9番200円
枠連:3-8 1210円 馬連:3-12 1270円
枠単:3-8 2020円 馬単:3-12 2470円
3連複:3-9-12 2090円
3連単:3-12-9 11410円
ワイド:3-12 440円
    3-9 420円 9-12 510円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。うーん、この組み合わせはちょっとなぁ。

やや手が出し辛い馬同士で決着してしまっては...

まぁ、それはそれとして。スパーキングレディーカップの結果。道中はオルキスリアンが単騎で逃げる展開となったのだが、 そのまま残って上位を確保するほどの能力はなく、勝負所で好位から競馬していたリエノテソーロ・オウケンビリーヴ・ラビットランといった中央勢に捕まって終了。

で、あとは、この中央勢3頭の争いとなったのだが...結局、最後までこの3頭の順序も変わらず、4コーナーを回った順序でそのまんま決着してしまうことに。 4コーナーで先頭に立ったリエノテソーロがそのまま押し切って1着。そしてオウケンビリーヴがそのまま2番手をキープしたまま2着を確保し、そこからやや離れた3着をラビットランが確保するという結果に。

そんなこんなで、勝ったのはリエノテソーロ。とりあえず今回はこういう結果になったが、好調時の走りと比べると...ねぇ。 今回は「条件が楽になった分巻き返せただけ」という印象になってしまうのは仕方がないんじゃないかと。 まぁ、今回の勝利がきっかけとなって完全復活する可能性もあるんで...その辺りはもう少し様子をみてから判断しましょうか。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ