• JpnI
  • 第20回
  • ジャパンダートダービー
  • 大井
  • ダ2000m
  • 3歳オープン
  • 2018年7月11日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ルヴァンスレーヴ 全日本2歳 1着 前走快勝。いい頃の走り戻ったようで。
2 2 クリスタルシルバー 東京ダービー 2着 前走の2着評価も今回相手強力で。 - -
3 3 グレートタイム ユニコーンS 2着 末脚はなかなか。前が止まる展開なら。 -
4 クロスケ 東京ダービー 3着 それなりの末脚あるがこの条件では... - -
4 5 バイラ 端午S 1着 前走負けすぎも嵌まれば一発ある馬で。 -
6 サンダベンポート 高知優駿 3着 能力不足。ここでは出番なさそうで。 - -
5 7 スーパージェット 高知優駿 1着 連勝は評価も交流JpnIとなると... - -
8 ドンフォルティス 全日本2歳 2着 ルヴァンスレーヴに先着は評価も今回は? -
6 9 テーオーエナジー 兵庫CS 1着 ダートならもっとやれる馬。この相手でも。
10 リコーワルサー 羽田盃 2着 ワンパンチ足りない。この相手では... - -
7 11 ハセノパイロ 東京ダービー 1着 前走は一応評価も今回相手が強力で... -
12 ハーベストムーン 鳳雛S 1着 楽に先手取れる組み合わせ。前残り注意。
8 13 アルファーティハ 石川ダービー 1着 前走快勝も今回JpnI。さすがに厳しい。 - -
14 オメガパフューム 青竜S 3着 もう一押し欲しい。展開嵌まればいいが。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第20回ジャパンダートダービー枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第20回ジャパンダートダービーの展望と予想とヨタ話

もうすっかり夏競馬といった感じの昨今ですが...

まだ大レースは残っていますよ。第20回JDダービー。

という訳で、このジャパンダートダービー。3歳ダート路線の頂点を決める一戦ということもあって、各種交流重賞や中央OP、南関東の大レースで好走した馬が勢揃いしてかなりハイレベルな一戦になるのがこのジャパンダートダービー。 今年も全日本2歳優駿1〜3着のルヴァンスレーヴ・ドンフォルティス・ハセノパイロを筆頭に、兵庫CS勝ちのテーオーエナジーに、ユニコーンS2着のグレートタイム、 中央OP勝ちのバイラ・ハーベストムーンなどが揃い、かなり濃い一戦に。

と、まぁ、そんな感じで今回のジャパンダートダービー。かなりのメンバーが揃ったのだが...ねぇ。やはりこの馬が一頭だけ抜けているんじゃないかと。ルヴァンスレーヴ。 前々走の伏竜Sは久々が堪えたのかドンフォルティスに先着され2着という結果だったが、次のユニコーンSではきっちり一変して他馬を圧倒。この調子ならここも順当に勝ててよさそうな雰囲気。

そんなこんなで、予想もルヴァンスレーヴからになってしまうのは仕方がないんじゃないかと。で、あとはそのルヴァンスレーヴの相手探し。 実績を考えればルヴァンスレーヴを破ったことがあるドンフォルティスなんだけど...ここは兵庫CSの快勝を評価してテーオーエナジーで勝負してみるのもアリかと。 で、これに続く形でドンフォルティス、そして今回先行馬が少なく展開利ありそうなハーベストムーン、展開が鍵だが末脚は評価できるグレートタイムといった感じで勝負してみましょうか。

第20回ジャパンダートダービー予想
ルヴァンスレーヴ
バイラ
テーオーエナジー
ドンフォルティス
ハーベストムーン
グレートタイム

あと、大駆けタイプのバイラにも注意必要かな。端午Sぐらい走れば...

結果
1着ルヴァンスレーヴ
2着オメガパフューム
3着グレートタイム
4着クリスタルシルバー
5着テーオーエナジー
タイム:2分05秒8 3F:37.5秒
ルヴァンスレーヴ 牡3歳
騎手:M.デムーロ 厩舎:美浦・萩原厩舎
単勝:1番220円
複勝:1番110円、14番170円、3番150円
枠連:1-8 1030円 馬連:1-14 1000円
枠連:1-8 1550円 馬単:1-14 1510円
3連複:1-3-14 1560円
3連単:1-14-3 6060円
ワイド:1-14 360円
    1-3 260円 3-14 520円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。オメガパフューム拾いきれなかったか...

他は、まぁ、妥当なところなんだけどねぇ。

でもって、ジャパンダートダービーの結果。他に行く馬がいなかったこともあってか、テーオーエナジーが後続をやや引き離して単騎で逃げる展開。 で、直線でも相変わらず先頭をキープし、そのまま押し切る勢いもあったが...結局、もう一踏ん張りが効かず、ゴール手前で後続馬に捕まって終了。

で、そんなテーオーエナジーを交わし、抜けてきたのがルヴァンスレーヴ。道中はスタートがやや悪かった影響もあってか、かなり後方からの競馬となってしまったが... 勝負所から徐々に押し上げ、直線でもその勢いのまま前との差を詰めてこの結果に。

しかし...かなり強い競馬でしたなぁ。ルヴァンスレーヴ。着差は1・1/2馬身だったし、そこまで派手な勝ちっぷりではなかったが... 3〜4コーナーで大外をブン回して進出してくるというかなりロスの多い競馬をしたにも関わらず、2着にこれだけの着差をつけ悠々と勝ってしまったのはねぇ。 「格が違った」、まぁ、そんなところだったんじゃないかと。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ