• GIII
  • 第54回
  • 函館記念
  • 函館
  • 芝2000m
  • 3歳上オープン
  • 2018年7月15日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ブラックバゴ 京成杯 2着 実績評価。あとは仕上がりと展開次第か。
2 2 カデナ 弥生賞 1着 大きく変わらず。2桁着順続く現状では。 - -
3 サクラアンプルール 札幌記念 1着 時計要す馬場得意。この条件なら。 -
3 4 クラウンディバイダ 巴賞 4着 前走より相手強くなる。ここではちょっと... - -
5 スズカデヴィアス 新潟大賞典 1着 前走の快勝評価。連勝あっていい。 -
4 6 エアアンセム スピカS 1着 能力はそれなりも、詰め甘いのが難点で。 -
7 トリコロールブルー 鳴尾記念 3着 前走まずまず。一変あれば勝ち負けに。 -
5 8 ロジチャリス ダービー卿CT 1着 重賞好走ある馬だが、近走凡走続きで... - -
9 カレンラストショー アメジストS 1着 前走今一つも自分の競馬できるここなら。
6 10 ブレスジャーニー 東スポ杯2歳S 1着 前走久々だったが好走。叩き2戦目で。 -
11 マイネルハニー チャレンジC 1着 前2走今一つも一変あっていい条件で。 -
7 12 ナスノセイカン 新潟大賞典 3着 ここ数戦悪くなく。展開嵌まれば出番も。 -
13 ナイトオブナイツ 巴賞 1着 ちょっと詰め甘いが今の函館なら通用。 - -
8 14 エテルナミノル 愛知杯 1着 たまに一発ある馬だが、ここ数戦の走りが... - -
15 ゴールドサーベラス 幕張S 1着 末脚それなり。展開嵌まれば多少は。 -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第54回函館記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第54回函館記念の展望と予想とヨタ話

夏の函館開催も今週と来週の開催で終了。

そんな函館開催の締めくくりとなる一戦、函館記念。

でもって、この函館記念。夏の函館開催の大一番となる一戦、そしてサマー2000シリーズの第二戦ということもあって、毎年それなりのメンバーが揃うのがこの函館記念。 ただ...それなりにメンバーは揃っても、期待されていた馬同士で順当に決まらなかったりするのが最近の函館記念だったりするんでねぇ。実際、3年連続で2桁人気馬が上位に絡んで荒れ続けていたりするし...

という訳で、何かと厄介なこの函館記念。今年もそれなりにメンバーが揃ってはいるが...ある程度荒れることを想定して予想するのが正解だったりするんじゃないかと。 とりあえず、重賞実績評価できるトリコロールブルー・スズカデヴィアス辺りを手堅くおさえておいて、ここから穴っぽいところを引っかける感じで今回は勝負してみましょうかねぇ。 前走の敗北で人気落とすようなら妙味あるカレンラストショーとか、やや時計を要す馬場で台頭ありそうなサクラアンプルールとかさ。 あと、一度使って変わりそうなブレスジャーニー・マイネルハニー、新潟大賞典・金鯱賞のように嵌まればそれなりに突っ込んでくるナスノセイカン辺りもアリかと。

第54回函館記念予想
トリコロールブルー
ブレスジャーニー
カレンラストショー
スズカデヴィアス
ブラックバゴ
サクラアンプルール

買い目が多くなりそうだが、その辺りはオッズと相談ということで。

結果
1着エアアンセム
2着サクラアンプルール
3着エテルナミノル
4着ブレスジャーニー
5着スズカデヴィアス
タイム:1分59秒8 3F:35.0秒
エアアンセム 牡7歳
騎手:藤岡佑介 厩舎:栗東・吉村厩舎
単勝:6番960円
複勝:6番330円、3番440円、14番1560円
枠連:2-4 1440円 馬連:3-6 5540円
馬単:6-3 11310円
3連複:3-6-14 119750円
3連単:6-3-14 571480円
ワイド:3-6 2090円
    6-14 9760円 3-14 10300円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。この組み合わせはちょっとなぁ。

印は一応打ってはいるが、思い切りが足りなかったか...

まぁ、それはそれとして函館記念の結果。そこまで前に行く馬が多くなかったもんで、道中はカレンラストショー・マイネルハニーがマイペースで逃げる展開に。 で、ペース自体も前半1000m通過が1:00.3とそこまで速くはならず、全般的に前残りの競馬に。逃げたカレンラストショー・マイネルハニーは止まってしまったが、 その後ろにいたエテルナミノル・エアアンセムが踏ん張って上位を確保する結果に。

という訳で、勝ったのはエアアンセム。そこまで切れる脚がなく、詰めの甘い競馬が続いていたが...展開や多少時計を要す函館コースがいい塩梅に嵌まってこの結果に。 まぁ、根本的に何かが変わって弱点を克服した感じではないんで、また前の状態に逆戻りする可能性は十分あったりするが... とりあえず、条件さえ揃えば重賞でもやれることを証明できたのは評価していいんじゃないでしょうか。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ