• GIII
  • 第66回
  • 中京記念
  • 中京
  • 芝2000m
  • 3歳上オープン
  • 2018年7月22日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 スマートオーディン 京都新聞杯 1着 実績は評価ももう少し様子見必要か。 - -
2 ロワアブソリュー アーリントン 3着 前走なかなか。いい頃の走り戻ったなら。 -
2 3 ブラックムーン 京都金杯 1着 条件楽になる。去年(3着)ぐらいはやれそう。 -
4 リライアブルエース 晩春S 1着 京王杯SC6着も内容悪くなく。警戒必要。
3 5 フロンティア 新潟2歳S 1着 重賞実績評価も狙いは次の関屋記念? - -
6 コウエイタケル 信越S 2着 OPの成績物足りない上にマイルは... - -
4 7 アメリカズカップ きさらぎ賞 1着 パンチ不足。時計要す馬場じゃないと... - -
8 マイネルアウラート 東京新聞杯 3着 2桁着順続く。一変は望めないか... - -
5 9 ダイメイフジ オーシャンS 3着 マイルも一応実績有。展開嵌まれば怖い。
10 ガリバルディ 中京記念 1着 一昨年の勝ち馬。前走上々だし出番も。 -
6 11 ワントゥワン 雲雀S 1着 前2走着外もそれなりの末脚使う。一発注意。 -
12 ロジクライ シンザン記念 1着 少々パンチ不足。展開の助け欲しい。 - -
7 13 ウインガニオン 中京記念 1着 去年の勝ち馬。近走悪くないし今年も。 -
14 ミエノサクシード マーメイドS 3着 牡馬相手に準OP勝ち有。牝馬でも注意。 -
8 15 ムーンクレスト ポートS 1着 たまに一発ある馬だが凡走が続いては... - -
16 グレーターロンドン 安田記念 4着 足りない競馬続くがGIIIなら十分通用。

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第66回中京記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第66回中京記念の展望と予想とヨタ話

夏の中京開催も今週で終了。

最後はサマーマイルで締めくくり。第66回中京記念。

という訳で、この中京記念。スプリントや2000シリーズと比べると地味な印象になってしまうのは否めないところだが、とりあえずサマーマイルシリーズの第一戦。 まぁ、そんな感じのレースなんで、シリーズ狙いの実績馬はそこまで出て来なかったりするが...ここでの勝利をきっかけにしてGI戦線で活躍する馬もちらほらいたりするんでねぇ。 何かと侮れないのがこの中京記念。

ただ...今年はどうなんでしょうかねぇ。それなりに重賞好走馬は揃っているのだが、近走成績がイマイチな馬ばかりなのがアレ。 さらに、何かと荒れるローカル場のハンデ重賞だったりするんでねぇ。ここは一波乱あると考えて予想するのが正解だったりするんじゃないでしょうか。

そんなこんなで、今回の中京記念。とりあえず、詰めの甘さは気になるがこの条件なら十分通用しそうなグレーターロンドンや、 着外続くが前2走はそこまで悪くない去年の勝ち馬ウインガニオン辺りをおさえつつ、ちょっと穴っぽいところを絡めていく感じで勝負してみましょうかねぇ。 前走の凡走で人気を落としそうなブラックムーン・ダイメイフジとか、前走の快勝で復活したなら怖いロワアブソリューとかさ。

第66回中京記念予想
グレーターロンドン
ロワアブソリュー
ウインガニオン
ブラックムーン
ダイメイフジ
リライアブルエース

あと、そこそこ人気は集めそうだがリライアブルエースも。

結果
1着グレーターロンドン
2着ロジクライ
3着リライアブルエース
4着フロンティア
5着ワントゥワン
タイム:1分32秒3(R) 3F:35.3秒
グレーターロンドン 牡6歳
騎手:田辺裕信 厩舎:美浦・大竹厩舎
単勝:16番500円
複勝:16番180円、12番240円、4番220円
枠連:6-8 990円 馬連:12-16 2430円
馬単:16-12 4570円
3連複:4-12-16 5420円
3連単:16-12-4 25980円
ワイド:12-16 980円
    4-16 750円 4-12 920円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。ロジクライが抜けていてはなぁ。

リライアブルエースも来てはいたが3着止まりでは...

でもって、中京記念の結果。中京開催最終週ということもあって、砂埃が舞うような馬場状態になっていたが... どうやら傷みは表面的なものだったようで、時計自体はかなり出るような馬場状態に。ただ、そういう馬場状態を考慮しても、 前半3ハロン通過が33.8秒というペースは速めだったようで、後続を引き離して逃げたウインガニオン・マイネルアウラート・アメリカズカップは直線で失速して終了。 やや離れた好位から競馬したロジクライも、後方で末脚を温存していたグレーターロンドンには敵わず2着まで。

という訳で、勝ったのはグレーターロンドン。安田記念で連勝が止まって以降、勝てない競馬が続いていたが...ここでようやく勝利。 やや条件や展開に恵まれた感は否めないが、今回の勝利ををきっかけにしていい頃の走りが戻るなら今後もそれなりに期待はできるんじゃないかと。 まぁ、一応、安田記念でも4着に入っていたり、強敵揃いの毎日王冠で3着に入っている馬だったりするんで、調子さえ戻ればその位はやれていいんじゃないでしょうか。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ