• GIII
  • 第54回
  • 小倉記念
  • 小倉
  • 芝2000m
  • 3歳上オープン
  • 2018年8月5日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 キョウヘイ シンザン記念 1着 時計要す馬場なら怖い。馬場次第で。 - -
2 2 レイホーロマンス 愛知杯 2着 そこそこは走ってる。流れに乗れれば。 -
3 3 ストーンウェア メイS 2着 中日新聞杯の大敗気になるもOP好走評価。 -
4 4 ストロングタイタン 鳴尾記念 1着 鳴尾記念を再評価。この条件なら。 -
5 5 キンショーユキヒメ 福島牝馬S 1着 牡馬相手でも好走ある馬。ここでも注意。 -
6 マイネルサージュ 七夕賞 2着 ジリ傾向ある馬。時計出る馬場だと... - -
6 7 マウントゴールド 下鴨S 1着 少し詰め甘いが相手なりに走るのは評価。
8 メドウラーク 七夕賞 1着 七夕賞は条件嵌まって勝てた感有。今回は... - -
7 9 エーティーサンダー 許波多特別 2着 ややパンチ不足。ただ51kgなら多少は。 -
10 サトノクロニクル チャレンジC 1着 手頃な条件に戻る。仕上がっていれば。 -
8 11 トリオンフ 小倉大賞典 1着 前2走ちと不満も能力は十分通用。 -
12 サンマルティン 小倉記念 2着 去年の2着馬。展開嵌まれば今年も。

以上登録12頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第54回小倉記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第54回小倉記念の展望と予想とヨタ話

サマー2000シリーズも折り返し地点に到達。

サマー2000シリーズ第三戦・小倉記念。

という訳で、この小倉記念。前述しているように、サマー2000シリーズの折り返しとなる3戦目ということもあって、シリーズのポイント上位馬がそこそこ出てくるのがこの小倉記念。 ただ、この小倉記念と新潟記念でシリーズ制覇を狙う馬もそれなりにいるもんで、前述したようなシリーズのポイント上位馬がここでも上位確保して順当にポイントを加算... という流れにはならなかったりするのが何かと難しいところ。あと、夏の小倉をピンポイントで狙ってくる小倉巧者もいたりするんでねぇ...

で、今年の小倉記念。七夕賞上位のメドウラーク・マイネルサージュが揃って参戦するなど、シリーズの行方を占う上で大事な一戦にはなりそうな感じだが...七夕賞の内容がちょっとアレだったもんでねぇ。 ここは鳴尾記念や各種OPを使ってここに出てきた馬を狙うのが正解だったりするんじゃないでしょうかねぇ。ストロングタイタンやトリオンフ、サトノクロニクル、サンマルティン、ストーンウェアなど結構メンバーも揃っていることだしさ。

という訳で、予想もこれらの馬から。中心はトリオンフ。前走の鳴尾記念ではストロングタイタンに敗れ2着という結果だったが、 今回重賞快勝の舞台である小倉だったり、ストロングタイタンは宝塚記念を使った分余力がなさそうな感じだったりすることを考えるとねぇ。逆転の可能性は十分あるんじゃないかと。 あとは、久々だったり天皇賞春が負けすぎだったりするのが気掛かりも、条件かなり楽になるここで巻き返しありそうなサトノクロニクル、そしてストロングタイタン・サンマルティンといった重賞好走馬をピックアップしていく感じで。

第54回小倉記念予想
トリオンフ
レイホーロマンス
サトノクロニクル
ストロングタイタン
サンマルティン
マウントゴールド

穴狙うなら軽ハンデ馬かな。レイホーロマンスとかさ。

結果
1着トリオンフ
2着サトノクロニクル
3着マウントゴールド
4着レイホーロマンス
5着ストーンウェア
タイム:1分56秒9(R) 3F:33.5秒
トリオンフ セン4歳
騎手:武豊 厩舎:栗東・須貝厩舎
単勝:11番330円
複勝:11番130円、10番170円、7番250円
枠連:7-8 450円 馬連:10-11 790円
馬単:11-10 1500円
3連複:7-10-11 2880円
3連単:11-10-7 10700円
ワイド:10-11 320円
    7-11 610円 7-10 890円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、的中。結構いい配当になりましたな。

3着まで拾えているし、上々の結果だったんじゃないかと。

でもって、小倉記念の結果。レコードタイムで決着するような軽い馬場だったこともあってか、結局前に行った馬が止まらず、そのまま上位確保する結果に。 逃げたマウントゴールドと並ぶような形で2番手から競馬したトリオンフが直線で抜け出し、そのまま押し切って1着。そして、その後ろで競馬していたサトノクロニクルが、 逃げ粘るマウントゴールドを最後の一伸びで交わして2着を確保。

と、まぁ、そんな感じで勝ったのはトリオンフ。いい塩梅の展開になったのは確かだが...小倉大賞典楽勝の内容を考えればねぇ。 「この位はやれて当然」といったところだったんじゃないかと。とりあえず、これ位の走りができるのであればGIでも通用しそうな気がするのだが... 大阪杯で8着止まりだったりするのがちょっとアレ。まぁ、大阪杯は調子がイマイチだっただけなのかもしれませんが...

競馬鹿トップへ  インデックストップへ