• GIII
  • 第38回
  • 新潟2歳ステークス
  • 新潟
  • 芝1600m
  • 3歳上オープン
  • 2018年8月26日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 エンパイアシュアー 芝千二1:10.7 1着 今回条件厳しく。ここは様子見。 - -
2 2 エルモンストロ 芝千六1:34.9 1着 新馬戦快勝も展開嵌まった感否めず。 -
3 3 オーパキャマラード 芝千二1:09.1 1着 未勝利戦快勝は評価も重賞だと? -
4 4 エイシンゾーン 中京2歳S 2着 もう一押し欲しい。ここではヒモまで。 - -
5 5 ロードアクア 芝千四1:24.8 1着 前走から間隔開くが快勝は評価でき。
6 6 ケイデンスコール 芝千六1:34.3 1着 末脚上々。未勝利勝ち馬だが注意。
7 エイカイキャロル 芝千六1:37.0 1着 展開利はあったが押し切ったスピード評価。
7 8 スティルネス 芝千二1:11.0 1着 距離延長が鍵。こなせれば怖いが... -
9 アンブロークン 芝千八1:50.5 1着 少々パンチ不足?重賞となると... -
8 10 ヤサカリベルテ 芝千二1:11.1 2着 未勝利馬。さすがに重賞では... - -
11 ジョディー 芝千六1:35.9 1着 新馬戦快勝も今回条件キツくなるのが。 -

以上登録11頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第38回新潟2歳ステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第38回新潟2歳ステークスの展望と予想とヨタ話

GI好走馬を続々輩出するこのレース。

今年はどうなんでしょうか?新潟2歳ステークス。

という訳で、この新潟2歳ステークス。ダービーが行われる東京と同じ左回りコースだったり、位置取りの有利不利があまり発生せず、各馬能力をフルに発揮し易い長めの直線という好条件が揃っていることもあって、 毎年、素質馬・期待馬が多数参戦しハイレベルな一戦になるのがこの新潟2歳ステークス。で、前述しているように、クラシックなどのGIで好走するような馬も多数輩出すると。

そんなこんなで、何かと見所の多いレースだったりするのがこの新潟2歳ステークスだが...今年は頭数も11頭と少なめな上に、新馬戦で能力の違いをみせつけ快勝しているような馬も少なかったりするなど、少々手薄なメンバー構成に。 まぁ、こういう時期の重賞だし、ここで変わる馬もいたりするんで...今の段階で評価を下してしまうのは早計だったりしますけどね。

と、まぁ、そんな感じの今回の新潟2歳ステークス。新馬戦を好内容で勝ち上がった馬がいるのであれば、その馬で素直に勝負しまっていいのだが...前述したような感じで、そこまで極端に抜けた馬がいなかったりするんでねぇ。 とりあえず、ロードアクア・エイカイキャロル・ジョディーといった新馬戦快勝馬を中心にして勝負してみますが...こういう組み合わせなら未勝利勝ち上がり馬のケイデンスコールで一発狙ってみるのもアリかもしれませんな。

第38回新潟2歳ステークス予想
ロードアクア
ケイデンスコール
エイカイキャロル
ジョディー
エルモンストロ

ただ、頭数が少ないんで、ある程度絞って勝負しないと...

結果
1着ケイデンスコール
2着アンブロークン
3着スティルネス
4着ジョディー
5着エイシンゾーン
タイム:1分35秒5 3F:34.0秒
ケイデンスコール 牡2歳
騎手:石橋脩 厩舎:栗東・安田隆厩舎
単勝:6番240円
複勝:6番130円、9番150円、8番550円
枠連:6-7 450円 馬連:6-9 540円
馬単:6-9 950円
3連複:6-8-9 4770円
3連単:6-9-8 15950円
ワイド:6-9 250円
    6-8 1350円 8-9 1820円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、的中。穴予想◎△○できっちりゲット。

ただ、穴狙いだった筈なのに1・2番人気での決着とは...

まぁ、それはそれとして。新潟2歳ステークスの結果。エルモンストロが後続を引き離して逃げるも、この時期の2歳馬にとってマイルは長めの距離ということもあってか、前半1000m通過が1:01.5という緩い流れに。 で、あとは新潟の長い直線での追い比べで決着をつける展開となったのだが...ねぇ。終わってみれば、大外を回ったケイデンスコールが1着、そして馬場の中程から外に持ち出しつつ伸びてきたアンブロークン・スティルネスがそれぞれ2・3着を確保するなど、 「あまり馬場が痛んでいない外を走った馬が上位を独占する」という開催末期にありがちな結果になってしまいました。

と、まぁ、そんな感じのレースではあったが、とりあえず勝ったのはケイデンスコール。前述したような感じで、いいポジションを確保できたのが勝因なんだろうけど...新馬・未勝利といい末脚使って上位確保していた馬なんでねぇ。 まぁ、妥当な結果だったんじゃないかと。ただ、予想本文中にも書いたように、今回の新潟2歳ステークス、出走馬のレベルがイマイチだった可能性があるんでねぇ。とりあえず勝ったのは評価するが...最終的な評価はもう少し様子をみてから下したほうがいいのかもしれませんな。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ