• GIII
  • 第54回
  • 新潟記念
  • 新潟
  • 芝2000m
  • 3歳上オープン
  • 2018年9月2日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ブラストワンピース 日本ダービー 5着 能力はGI級の馬。きちんと走れば...
2 2 マイネルハニー チャレンジC 1着 重賞で2桁着順続くも一変あれば... -
3 3 ベアインマインド 佐渡S 2着 50kgは魅力も重賞成績がイマイチで... - -
4 4 ショウナンバッハ AJC杯 3着 多少差は詰めるがいい頃ほどの勢いはなく。 - -
5 メートルダール 中日新聞杯 1着 前2走イマイチもこの条件なら巻き返し。 -
5 6 メドウラーク 七夕賞 1着 5着以上でシリーズ制覇可能が...さて? -
7 マイネルミラノ 函館記念 1着 マイペースの逃げには注意。前残りも。 -
6 8 ストーンウェア メイS 2着 もう一押し必要。うまく展開嵌まらないと。 -
9 レアリスタ キャピタルS 3着 重賞成績が物足りず。ここでは厳しいか。 - -
7 10 グリュイエール エプソムC 3着 前走より条件楽になる。ここなら出番。 -
11 エンジニア マレーシアC 1着 準OPの走り評価。重賞でもチャンス有。
8 12 スズカディープ 博多S 1着 53kgは魅力も重賞では力不足っぽく。 - -
13 セダブリランテス 中山金杯 1着 実績評価も今回久々。一旦様子見。 -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第54回新潟記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第54回新潟記念の展望と予想とヨタ話

サマー2000シリーズもこのレースで決着。

サマー2000シリーズ最終戦・新潟記念。

でもって、この新潟記念。前述しているように、ここでサマー2000シリーズに決着がつく訳だが...ねぇ。 今年のサマー2000シリーズ、シリーズチャンピオンの条件を満たす馬がメドウラークしかいないというかなりアレな状態に。 しかも、5着以上を確保して2ポイント以上稼がないと「該当馬なし」で決着してしまうのがなぁ。この状況、どうなんでしょ?

そんなこんなで、サマー2000シリーズの最終戦としてはかなり微妙な一戦になってしまったこの新潟記念だが... 毎日杯を快勝しダービーでも5着に入ったブラストワンピースや、GIII2勝のセダブリランテス、準OP連勝だけではなくエプソムCでも3着に入ったグリュイエールなど、 ここの結果次第では秋のGIにも繋がってきそうな馬がそれなりにいたりするんでねぇ。そっち方面では結構みどころがある一戦にはなりそうな雰囲気。

と、まぁ、そんな感じだったりするんで、予想もこの手の馬から入る感じで勝負してみましょうかねぇ。とりあえず、ブラストワンピースを中心にして、 前述のグリュイエール・セダブリランテス、そして府中Sでリュイエールと僅差の3着があるエンジニアを拾っていく感じでいいんじゃないかと。 あと、とりあえず掲示板確保すればシリーズ制覇は確定するメドウラークも。

第54回新潟記念予想
ブラストワンピース
マイネルハニー
エンジニア
グリュイエール
メドウラーク
セダブリランテス

あと、ノーマークの逃げに持ち込めそうなマイネルの2頭もアリかな。

結果
1着ブラストワンピース
2着メートルダール
3着ショウナンバッハ
4着エンジニア
5着メドウラーク
タイム:1分57秒5 3F:34.6秒
ブラストワンピース 牡3歳
騎手:池添謙一 厩舎:栗東・大竹厩舎
単勝:1番180円
複勝:1番120円、5番360円、4番1200円
枠連:1-4 1140円 馬連:1-5 1250円
馬単:1-5 1590円
3連複:1-4-5 25300円
3連単:1-5-4 57170円
ワイド:1-5 610円
    1-4 2870円 4-5 8570円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、的中。結構いい配当ゲットしたが...

3着がなぁ。エンジニアだったらバッチリだったんのだが。うーん。

まぁ、それはともかく。新潟記念の結果。マイネルの二騎が揃って逃げる可能性もあったが、マイネルハニーがそこまで積極的な競馬をしなかったこともあって、 道中はマイネルミラノが単騎で楽に逃げる展開に。ただ、そのまま押し切るのはさすがに厳しかったようで、直線半ばで後続馬に捕まり終了。 あとは、「大外を走った馬が伸びる」という新潟開催末期にありがちな流れになり、一番外に持ち出したブラストワンピースが馬群から抜け出して1着、 そして、これを追いかけるような位置で競馬していたメートルダールが2着を確保するという結果に。

そんなこんなで、勝ったのはブラストワンピース。いいコース取りができたり54kgという軽めのハンデが有利に作用したのは確かだが、 これだけアッサリ勝ってしまったのは評価していいでしょう。とりあえず、秋に繋がる競馬はできたんじゃないかと。 あと、サマー2000シリーズ制覇できるかどうか注目されていたメドウラーク。きっちり(?)5着確保で見事シリーズ制覇。 まぁ、経緯が経緯なもんで、素直に喜べないのがアレですが...、

競馬鹿トップへ  インデックストップへ