• JpnII
  • 第15回
  • レディスプレリュード
  • 大井
  • ダ1800m
  • 3歳上牝オープン
  • 2018年10月11日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ワンミリオンス エンプレス杯 1着 ここ数戦が物足りず。ここは3着までか。 -
2 2 ニシノラピート シンデレラM 1着 そこそこは走っているがこの条件だと... -
3 3 エースウィズ 読売レディス 1着 南関東での成績が物足りず。ここでは。 - -
4 ディアマルコ 秋桜賞 1着 地元重賞好走評価も交流重賞の成績が... - -
4 5 ジュエルクイーン ブリーダーズ 4着 交流重賞で入着止まりの馬。ここでは。 - -
6 アンジュデジール エンプレス杯 1着 去年は3着。嵌まれば出番あっていい筈。 -
5 7 アルティマウェポン ヒダカソウC 4着 前走で決着済。交流重賞では力不足。 - -
8 ステップオブダンス 関東オークス 3着 復調しつつあるが、さすがにこの相手では... -
6 9 プリンシアコメータ JBCレディス 2着 前走2着もかなりの差があり。復活とは...
10 ラインハート JBCレディス 3着 今年の成績今一つも大井で変わる可能性有。 -
7 11 リエノテソーロ 全日本2歳 1着 前走で復活したなら怖いが...一旦様子見。
12 ブランシェクール TCK女王盃 2着 TCK女王盃ぐらい走れば怖い。一変注意。 -
8 13 ユッコ シアンモア記 1着 交流重賞の成績が散々。この条件では... - -
14 クイーンマンボ レディスプレ 1着 去年このレースを楽勝したが前走今一つで。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第15回レディスプレリュード枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第15回レディスプレリュードの展望と予想とヨタ話

東京盃に続いてこの日にもJBCシリーズに向けての一戦が。

JBCレディスクラシックの前哨戦、第15回レディスプレリュード。

という訳で、このレディスプレリュード。前日の東京盃同様JBCシリーズに向けての一戦だったりするが...その東京盃同様、 中央のOP・重賞経由でJBCレディスクラシックに挑む馬がそれなりにいることもあってか、例年のような「プレJBCレディスクラシック」みたいなレースにはならず。 まぁ、それでも去年このレースを楽勝したクイーンマンボや、スパーキングレディカップ勝ちのリエノテソーロ、エンプレス杯・マリーンC勝ちのアンジュデジール、クイーン賞勝ちのプリンシアコメータなどが揃い、 前哨戦らしいメンバー構成にはなっていたりしますけどね。

で、そんなレディスプレリュード。去年の走りを考えればここはクイーンマンボでよさそうな感じだが...前走のブリーダーズGCが前とかなり差のある3着だったのがねぇ。 ここは別の馬から入るのもアリなんじゃないかと。という訳で、中心はアンジュデジール。エンプレス杯でプリンシアコメータ、マリーンCでクイーンマンボといった強敵を破っている上に、 今回叩き2戦目で上積みも期待できそうだしさ。あとは、とりあえずクイーンマンボ・プリンシアコメータをおさえつつ、復調気配窺えるワンミリオンス・リエノテソーロを拾っていく感じで勝負してみましょうか。

第15回レディスプレリュード予想
アンジュデジール
ラインハート
クイーンマンボ
ワンミリオンス
リエノテソーロ
プリンシアコメータ

あと、近走イマイチも大井で一変ありそうなラインハートもアリかな。

結果
1着プリンシアコメータ
2着ブランシェクール
3着アルティマウェポン
4着アンジュデジール
5着ワンミリオンス
タイム:1分53秒9 3F:38.1秒
プリンシアコメータ 牝5歳
騎手:J.モレイラ 厩舎:美浦・矢野厩舎
単勝:9番430円
複勝:9番200円、12番550円、7番5620円
枠連:6-7 1540円 馬連:9-12 8100円
枠単:6-7 2870円 馬単:9-12 13060円
3連複:7-9-12 216590円
3連単:9-12-7 1431700円
ワイド:9-12 1820円
    7-9 18150円 7-12 42630円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、的中。穴予想▲○でとりあえず的中したが...

さすがにアルティマウェポンは拾えないッス。

でもって、レディスプレリュードの結果。道中はニシノラピートが逃げる展開だったが、好位追走から早め早めに上がってきたプリンシアコメータにあっさり捕まり終了。 あとは、そのプリンシアコメータとこれをマークするような形で上がってきたブランシェクール、この2頭の争いとなったのだが...結局、順序は入れ替わらず。 プリンシアコメータにブランシェクールが迫ったところでゴールを迎え、プリンシアコメータが1着、ブランシェクールが2着という結果に。

そんなこんなで、勝ったのはプリンシアコメータ...なんだけど、この結果はどうなんでしょうかねぇ。迫るブランシェクールを封じて押し切ったのは評価するが、 やや展開嵌まった感否めないのがねぇ。あと、有力馬がパッとしなかったのにも助けられた感が...

競馬鹿トップへ  インデックストップへ