• GI
  • 第43回
  • エリザベス女王杯
  • 京都
  • 芝2200m
  • 3歳上牝オープン
  • 2018年11月11日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ハッピーユニバンス 丹頂S 3着 OPで頭打ち。GIでは出番なさそう。 - -
2 フロンテアクイーン クイーンS 2着 勝てない。ここもヒモまでっぽくて。 - -
2 3 レイホーロマンス 愛知杯 2着 軽ハンデで飛んでくるタイプ。GIでは。 - -
4 プリメラアスール エリ女王杯 5着 一昨年の5着馬だが近走今一つで。 - -
3 5 レッドジェノヴァ 京都大賞典 2着 牡馬相手に2着は評価。GIでも注意。
6 アドマイヤリード ヴィクトリア 1着 今年の成績物足りないが展開嵌まれば。 -
4 7 モズカッチャン エリ女王杯 1着 去年の勝ち馬。前走上々だし今年も。 -
8 カンタービレ 秋華賞 3着 前走の末脚評価。ここでも展開次第で。 -
5 9 クロコスミア エリ女王杯 2着 去年の2着馬だが今年の成績が... -
10 ヴァフラーム マーメイドS 4着 準OPの走り評価も今回条件厳しく。 -
6 11 スマートレイアー 秋華賞 2着 今年の成績今一つ。さすがに衰えが... - -
12 リスグラシュー ヴィクトリア 2着 一押し足りない。うまく嵌まればいいが。 -
7 13 ノームコア 紫苑S 1着 秋華賞を蹴ってここに直行。注意。 -
14 ワンブレスアウェイ マーメイドS 2着 そこそこ差は詰めるがGIでは厳しいか。 - -
8 15 エテルナミノル 愛知杯 1着 パンチ不足。GIではさすがに... - -
16 コルコバード 丹頂S 2着 少しジリ傾向あるが堅実駆けは評価。 -
17 ミスパンテール 阪神牝馬S 1着 流れに乗れればもう少しやれる筈。 -

以上登録17頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第43回エリザベス女王杯枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第43回エリザベス女王杯の展望と予想とヨタ話

3歳牝馬と古馬牝馬がここで激突!

女王決定戦。第43回エリザベス女王杯。

という訳で、このエリザベス女王杯。前述しているように、ここで3歳牝馬と古馬牝馬が直接対決することになるのだが...ねぇ。 牝馬三冠を達成したアーモンドアイはジャパンカップ、今年のヴィクトリアマイルを制したジュールポレールや毎日王冠を快勝した去年のNHKマイルC馬アエロリットはマイルCS、 前哨戦の府中牝馬Sを快勝した去年の秋華賞馬ディアドラは香港カップと、それぞれ別のレースに向かうこともあって、ここには出て来ず。

そんなこんなで、牝馬路線の主力が不在となってしまった今回のエリザベス女王杯だが、去年のエリザベス女王杯1・2着馬のモズカッチャン・クロコスミアに、 去年のヴィクトリアマイル馬アドマイヤリード、牝馬GIで好走を続けるリスグラシュー、カンタービレ・ノームコアといった3歳勢は一応いたりするんでねぇ。 「メンバー勢揃い」とはいかなかったが、まぁ、それなりにメンバーは揃った感じの一戦に。

で、そんなエリザベス女王杯の予想だが...まぁ、ここはモズカッチャンから入るのが妥当でしょう。遠征帰りとなった前走の札幌記念も勝ち馬とタイム差なしの3着と好走していることだしさ。 あとは、出走馬のレベルが微妙ではあったが紫苑Sの快勝は評価できるノームコア、前走の京都大賞典でサトノダイヤモンドに食い下がって2着を確保したレッドジェノヴァ、 そしてGI好走の実績を素直に評価してリスグラシュー・カンタービレで勝負してみましょうか。

第43回エリザベス女王杯予想
モズカッチャン
アドマイヤリード
ノームコア
レッドジェノヴァ
リスグラシュー
カンタービレ

あと、もう一変あればアドマイヤリードもアリかな。

前走は7着だったが、結構いい末脚は使っていたんだし...

結果
1着リスグラシュー
2着クロコスミア
3着モズカッチャン
4着レッドジェノヴァ
5着ノームコア
タイム:2分13秒1 3F:34.7秒
リスグラシュー 牝4歳
騎手:J.モレイラ 厩舎:栗東・矢作厩舎
単勝:12番470円
複勝:12番170円、9番570円、7番150円
枠連:5-6 7480円 馬連:9-12 9800円
馬単:12-9 12450円
3連複:7-9-12 8660円
3連単:12-9-7 56370円
ワイド:9-12 2630円
    7-12 360円 7-9 1590円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。うーん、印は打っているんだけど...

印は薄いし、肝心の◎が3着止まりではなぁ。

まぁ、それはそれとして。とりあえずエリザベス女王杯の詳細を。そこまで前に行く馬がいなかったこともあって、去年と似たような感じでクロコスミアが出て行き、そのまま単騎で逃げる展開に。 で、ペース自体も去年と似たような感じであまり速くならなかったもんで、逃げたクロコスミア、最後まで踏ん張ることに。

ただ...そのクロコスミア。去年と似たような感じで今年も差されてしまいましたなぁ。結局、勝ったのはリスグラシュー。出走馬中唯一の上がり3ハロン33秒台の末脚を使って馬群から抜け出し、 逃げ切りを計るクロコスミアを差し切って1着。クロコスミアもこれに食い下がったが、巻き返すことは出来ず、去年と同じクビ差の2着という結果に。

そんなこんなで、勝ったリスグラシュー。GIで2着4回と詰めの甘い競馬が続いていたが、ようやくそこから脱出。 とりあえず、今回の勝利で何かが吹っ切れたなら今後も活躍が期待できそうな感じだが...こういうのはなかなか変わらなかったりするんでねぇ。 また昔の状態に逆戻りなんてことも十分ありそうで...

競馬鹿トップへ  インデックストップへ