• GI
  • 第38回
  • ジャパンカップ
  • 東京
  • 芝2400m
  • 3歳上オープン
  • 2018年11月25日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アーモンドアイ 秋華賞 1着 牝馬三冠&53kgだしこの相手ならここも。
2 2 ハッピーグリン 巴賞 3着 前走11着もそこまで悪い内容ではなく。 - -
3 3 サトノダイヤモンド 有馬記念 1着 前走まずまず。この相手なら上位争いも。 -
4 サトノクラウン 宝塚記念 1着 ここ数戦がイマイチ。一変は望めないか。 - -
4 5 ミッキースワロー セントライト 1着 セントライト記念ぐらい走れば怖いが、さて? -
6 サンダリングブルー 加インター 2着 近走の好走評価も時計出る馬場だと? - -
5 7 サウンズオブアース ジャパンC 2着 一昨年の2着馬だがここ数戦今一つで。 - -
8 キセキ 菊花賞 1着 秋2戦上々。そろそろ復活あっていい。 -
6 9 シュヴァルグラン ジャパンC 1着 去年の勝ち馬。叩き2戦目で変わりそうで。
10 ガンコ 日経賞 1着 多少巻き返すがGIではちょっと厳しい。 - -
7 11 スワーヴリチャード 大阪杯 1着 前走ちと負けすぎ。今回叩き2戦目だが... -
12 カプリ 英セント 1着 実績は評価もここ数戦がちと物足りなく。 -
8 13 ノーブルマーズ 宝塚記念 3着 前走不発も叩き2戦目で変われば。 -
14 ウインテンダネス 目黒記念 1着 展開利ある。ノーマークの逃げには注意。 -

以上登録14頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第38回ジャパンカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第38回ジャパンカップの展望と予想とヨタ話

海外の有力馬もそれなりには出てくる一戦だが...

最近はやや影が薄め。第38回ジャパンカップ。

という訳で、このジャパンカップ。一線級の海外勢が参戦してくることもそれなりにあったりするが、今年は2頭の参戦に留まるなど、ちょっと低調。 そんなこんなで、国内勢中心の争いになった今回のジャパンカップだが...その国内勢も有馬記念だとか香港を視野に入れている馬が多いこともあって、 そこまでメンバーは揃わず。まぁ、それでも牝馬三冠のアーモンドアイを筆頭に、去年のジャパンC馬シュヴァルグラン、今年の大阪杯馬スワーヴリチャード、 去年の菊花賞馬キセキに一昨年の有馬記念馬サトノダイヤモンドなど、GIらしい顔ぶれにはなりましたが。

と、まぁ、そんな感じの今回のジャパンカップ。とりあえず、実績が実績な上に、53kgと斤量面でも恵まれているアーモンドアイが中心になるのは、まぁ、仕方がないところ。 今回、強力なライバルもいない感じだしさ。あとは、秋2戦好走続けそろそろ復活ありそうなキセキや、去年のように叩き2戦目で一変ありそうなシュヴァルグラン、 前走がちと負けすぎの感あるが、一変あれば通用してよさそうなスワーヴリチャード辺りの争いになるんじゃないかと...

第38回ジャパンカップ予想
アーモンドアイ
ウインテンダネス
キセキ
シュヴァルグラン
スワーヴリチャード
サトノダイヤモンド

あと、ノーマークの逃げならウインテンダネスも一発ありそうで。

結果
1着アーモンドアイ
2着キセキ
3着スワーヴリチャード
4着シュヴァルグラン
5着ミッキースワロー
タイム:2分20秒6(R) 3F:34.4秒
アーモンドアイ 牝3歳
騎手:C.ルメール 厩舎:美浦・国枝厩舎
単勝:1番140円
複勝:1番110円、8番160円、11番150円
枠連:1-5 600円 馬連:1-8 590円
馬単:1-8 700円
3連複:1-8-11 960円
3連単:1-8-11 2690円
ワイド:1-8 230円
    1-11 240円 8-11 470円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、的中。とりあえず的中はしたが...

思っていた以上に安めになってしまいました。うーん。

でもって、ジャパンカップの結果。逃げそうな馬がウインテンダネスぐらいしかいなかったもんで、この馬がハナを奪って楽に単騎逃げ...という展開を想定していたのが、 蓋を開けてみればキセキが思い切って逃げる展開に。しかも、残り1000m付近から早々にペースアップし、後続との差を詰めさせなかったもんだからねぇ。 終わってみれば2:20.6という猛烈なタイムを叩き出すレースになってしまいました。

と、まぁ、そんな感じで激しいレースとなった今回のジャパンカップだったが...結局、勝ったのは圧倒的1番人気のアーモンドアイ。 道中は逃げたキセキを離れた2番手で追いかける形。で、直線で悠々と逃げたキセキを捕らえ先頭に立ち、あとはそのまんま。 最終的には2着のキセキに1・3/4馬身の差をつけ上記のレコードタイムで快勝してしまいました。

そんなこんなで、勝ったのはアーモンドアイ。牝馬三冠に続きこのジャパンカップも快勝。しかも、この大レコードでの勝利だったりするんでねぇ。 53kgと他の馬よりも軽めの斤量に助けられた面はあるが、これだけやれるのであれば...もう最強牝馬だけではなく最強馬を名乗ってもいいんじゃないかと。 それ位強い競馬でしたな。

競馬鹿トップへ  インデックストップへ