• GI
  • 第63回
  • 有馬記念
  • 中山
  • 芝2500m
  • 3歳上オープン
  • 2018年12月23日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 オジュウチョウサン 中山大障害 1着 平地勝ちは評価もさすがにGIとなると... - -
2 クリンチャー 菊花賞 2着 凱旋門賞が負けすぎ。巻き返しは? - -
2 3 モズカッチャン エリ女王杯 1着 今年の成績物足りず。今回牡馬が相手だし... - -
4 マカヒキ 日本ダービー 1着 もう一変あれば怖いが...ちょっと厳しいか。 - -
3 5 パフォーマプロミス AR共和国杯 1着 この条件合っていそう。GIでも一発ある。 -
6 サトノダイヤモンド 有馬記念 1着 一昨年の覇者。一変あっていい条件で。 -
4 7 サウンズオブアース ジャパンC 2着 ここ数戦がイマイチ。一時期の勢いは... - -
8 ブラストワンピース 菊花賞 4着 GIでは少し足りないも、流れに乗れれば。 -
5 9 リッジマン ステイヤーズ 1着 前走快勝もこの条件ではパンチ不足で。 - -
10 ミッキースワロー セントライト 1着 中山に良績有。前走も上々だし一発注意。
6 11 ミッキーロケット 宝塚記念 1着 中山実績乏しいが嵌まれば多少は。 -
12 レイデオロ 天皇賞・秋 1着 ローテーに余裕あり。ここも順当勝ち? -
7 13 スマートレイアー 秋華賞 2着 今年の成績が散々。さすがに厳しいか。 - -
14 キセキ 菊花賞 1着 前走評価も爆走の反動が気掛かりで。 -
8 15 シュヴァルグラン ジャパンC 1着 前走は時計速すぎたか。巻き返し可能。
16 サクラアンプルール 札幌記念 1着 多少時計要せばワンチャンスありそうで。 -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第63回有馬記念枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第63回有馬記念の展望と予想とヨタ話

今年も28日にGIがあるので今年最後のGIではないが...

とりあえず2018年の締めくくりとなる一戦、有馬記念。

という訳で、この有馬記念。牝馬三冠に加えジャパンCも勝ったアーモンドアイや、フィエールマン・ワグネリアン・エポカドーロといった3歳牡馬クラシック勝ち馬がまるっといないのは残念なところだが、 ジャパンカップをパスしてここに直行してきた天皇賞秋馬レイデオロや宝塚記念勝ちのミッキーロケット、ジャパンカップ2着のキセキ、有馬記念でも好走あるサトノダイヤモンド・シュヴァルグランといったGI馬、 そして今年は中山大障害ではなくここに駒を進めてきたオジュウチョウサンなど、バラエティに富んだメンバー構成になっているんでねぇ。結構楽しめる一戦にはなったんじゃないかと。

で、そんな今回の有馬記念。実績やローテーションを考えれば、ここ狙いのレイデオロから入るのが、まぁ、妥当なところだが...問題はその相手。 ジャパンカップの大レコードをアシストすることになったキセキや、宝塚記念馬ミッキーロケット、前々走の京都大賞典で復活した一昨年の勝ち馬サトノダイヤモンド辺りが妥当なところなんだろうけど... キセキは前走の反動が出そうなのが気掛かりだし、ミッキーロケット・サトノダイヤモンドはGIだったとはいえちょっと足りない競馬だったのがねぇ。ここは詰めの甘さは気になるが手堅く差は詰めるシュヴァルグランや、 展開さえ嵌まればチャンスありそうなミッキースワロー・ブラストワンピースで一発狙ってみるのもいいんじゃないかと。

第63回有馬記念予想
レイデオロ
ミッキースワロー
サトノダイヤモンド
シュヴァルグラン
キセキ

オジュウチョウサンは...さすがにGIでは厳しいかな。

結果
1着ブラストワンピース
2着レイデオロ
3着シュヴァルグラン
4着ミッキーロケット
5着キセキ
タイム:2分32秒2 3F:36.9秒
ブラストワンピース 牡3歳
騎手:池添謙一 厩舎:美浦・大竹厩舎
単勝:8番890円
複勝:8番270円、12番130円、15番370円
枠連:4-6 970円 馬連:8-12 940円
馬単:8-12 2400円
3連複:8-12-15 4910円
3連単:8-12-15 25340円
ワイド:8-12 460円
    8-15 2560円 12-15 690円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、ハズレ。重めの印は打っているんだけどねぇ。

うまくかみ合わなくて結局的中ならず。

まぁ、それはともかく。有馬記念の結果。「どうしてもハナ」という感じの馬がいなかったこともあってか、スタート直後は各馬様子見しつつ動くという感じだったが、 1周目の直線でキセキが動き、そのまま後続を引き離して逃げる形に。そんなこんなで、ジャパンカップと似たような形で逃げることになったキセキだったが... 今回は何かと条件が違ったこともあってか、前走のようには粘れず。結局、直線の坂を登った辺りで脚色が鈍り、後続馬に捕まり終了。

そんな中、馬群から抜け出してきたのがブラストワンピース。3コーナーの勝負所から徐々にポジションを押し上げ、直線でもじわりじわりと逃げたキセキとの差を詰め先頭へ。 連れてレイデオロやシュヴァルグランも上がってきたが...やや時計を要す馬場や展開になったこともあってか、そこまで切れのある末脚は使えず、結局、ブラストワンピースがそのまま押し切って1着に。

しかし...勝ったブラストワンピース。「現3歳世代がハイレベルだった」といえば、その通りなのかもしれないが... やや条件や展開が嵌まった感があるだけにねぇ。この調子で今後もやっていけるかどうかはもう少し様子を見てから判断した方がいいかもしれませんな。 あと、日本ダービー・菊花賞で入着止まりだった馬なんで、現3歳世代内での序列も気になるところだし...

競馬鹿トップへ  インデックストップへ