今週のメインdeパツイチ2017
第69回朝日杯フューチュリティステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第69回 朝日杯フューチュリティステークス 阪神・芝1600m  2歳牡牝オープン(GI) 2017年12月17日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ダノンプレミアム サウジRC 1着 前走着差以上に強い競馬。ここも完勝? -
2 フロンティア 新潟2歳S 1着 前走が案外。一変に期待したいが... - -
2 3 タワーオブロンドン 京王杯2歳S 1着 好走例少ない京王杯2歳S組だが快勝評価。 -
4 ライトオンキュー 未勝利 1着 末脚はそれなりもGIではちと足りないか。 - -
3 5 ケイアイノーテック デ杯2歳S 3着 叩き2戦目で変わる余地有。注意必要。 -
6 アサクサゲンキ 小倉2歳S 1着 京王杯2歳Sも健闘したがこの距離は微妙で。 - -
4 7 ヒシコスマー 万両賞 1着 デ杯の大敗気になるも前走ぐらい走れば。 -
8 ファストアプローチ 札幌2歳S 2着 もう一押し必要だがヒモなら可能性も。 -
5 9 ムスコローソ 500万下 1着 前走ぐらいはやれる馬。きちんと走れば。
10 ステルヴィオ サウジRC 2着 前走2着も完敗に近い内容。逆転は? -
6 11 カシアス 函館2歳S 1着 馬体重減が気になり。ここは様子見? - -
12 ダノンスマッシュ もみじS 1着 前走快勝も相手関係楽だった感あって。 - -
7 13 アイアンクロー 小倉2歳S 2着 前走イマイチ。短距離じゃないと苦しいか。 - -
14 ダブルシャープ 札幌2歳S 3着 小回り向きの差し馬の可能性有。展開次第で。
8 15 ケイティクレバー 京都2歳S 3着 単騎逃げできる組み合わせ。ただ枠が... -
16 イシマツ クローバー賞 4着 スピード不足。近走成績もイマイチで... - -

以上登録16頭(出走馬、五十音順)
※念の為、第69回朝日杯フューチュリティステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第69回朝日杯フューチュリティステークスの展望と予想とヨタ話

牝馬、ダートと続いた2歳GI・JpnI。

今週は牡馬の出番。第69回朝日杯フューチュリティS。

という訳で、この朝日杯フューチュリティS。12月最終週にGIに昇格したホープフルSが開催される影響もあってか、 これまでの朝日杯FSに比べるとややメンバーが手薄になった感は否めないが、それでもサウジアラビアロイヤルCを快勝したダノンプレミアム、 京王杯2歳Sを快勝したタワーオブロンドン、新潟2歳S勝ちのフロンティア、小倉2歳S勝ちのアサクサゲンキ、函館2歳S勝ちのカシアスといった重賞勝ち馬が揃いGIらしい一戦に。

ただ...レースの内容まで考えるとねぇ。ここはもう「ダノンプレミアムとタワーオブロンドンの一騎打ち」といった感じのレースになるんじゃないかと。 フロンティアが叩き2戦目で変わったり、実は全く底を見せていなかったダノンスマッシュがここも快勝してしまう可能性もあったりはするが...ちょっと確実性がないんでねぇ。

そんなこんなで、予想もこの2頭から。あとは、この2頭のどちらが勝つか...なんだけど、ここはダノンプレミアムでいいでしょう。 タワーオブロンドンは朝日杯FS実績が乏しい京王杯2歳S組だったりするのがねぇ。ここでは次点までなんじゃないかと。 あと、末脚なら小回りの札幌で突っ込んできているステルヴィオやダブルシャープの方が評価できそうな感じだし。

<第69回朝日杯フューチュリティステークス予想>
◎ダノンプレミアム
○ダブルシャープ
▲タワーオブロンドン
△ステルヴィオ
△ムスコローソ

※ 阪神と中山を間違えていたので一部修正しました。(12/17)


結果

1着ダノンプレミアム
2着ステルヴィオ
3着タワーオブロンドン
4着ケイアイノーテック
5着ダノンスマッシュ

タイム:1分33秒3 3F:34.0秒
ダノンプレミアム 牡2歳
騎手:川田将雅 厩舎:栗東・中内田厩舎
単勝:1番230円
複勝:1番110円、10番140円、3番130円
枠連:1-5 530円 馬連:1-10 550円
馬単:1-10 840円
3連複:1-3-10 700円
3連単:1-10-3 2630円
ワイド:1-10 230円
    1-3 210円 3-10 330円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。◎▲○でバッチリ的中したのだが...
 思っていた以上に安めの決着になってしまってなぁ。

 まぁ、それはそれとして。朝日杯フューチュリティステークスの結果。外枠だったが、他に行く馬がいなかったこともあってケイティクレバーがすんなりハナを奪い、マイペースで逃げる展開に。 ペースも前半3ハロン通過が35.2秒、1000m通過が0:59.3とそこまで速くはならず。

 となれば、先週の阪神JFと同様の競馬になるかと思われたが、何というか...ねぇ。ダノンプレミアムだけ別次元の走りをして、それで終わってしまった感じ。 好位追走から早めに先頭に立ち、直線では出走馬中最速の上がり3ハロン33.6秒の末脚を叩き出して後続馬を圧倒。最終的には2着に3・1/2馬身もの差をつけ楽勝してしまいました。

 そんなこんなで、勝ったダノンプレミアム。まだホープフルSという大一番が残っているんで「2歳馬の頂点に立った」というのは早計だったりするが...今回の内容が内容だけにねぇ。 他の馬がダノンプレミアムを逆転する可能性は今のところ少ないんじゃないかと。ただ、全兄のロードプレミアムがそこまで長めの距離をこなせていなかったりするんで...距離延長が気になるところだったりしますが。


競馬鹿トップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。