今週のメインdeパツイチ2017
第7回JBCレディスクラシック出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第7回 JBCレディスクラシック 大井・ダ1800m  3歳上牝オープン(JpnI) 2017年11月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ワンミリオンス エンプレス杯 1着 前走の大敗と久々が問題。様子見必要?
2 2 ティルヴィング レディスプレ 5着 中央では500万下止まりの馬。ここでは。 - -
3 プリンシアコメータ 丹沢S 2着 格下だが能力はそれなり。JpnIでも多少は。 -
3 4 プリンセスバリュー 読売レディス 1着 前走大敗。交流重賞では厳しいようで。 - -
5 ホワイトフーガ JBCレディ 1着 2連覇中。この相手なら3連覇あっても。
4 6 ファイトユアソング シンデレラC2 1着 前走7着で決着済。ここではさすがに。 - -
7 アンジュデジール スパーキング 1着 交流重賞好走評価。斤量利もあるし。 -
5 8 ララベル ロジータ記念 1着 実績評価。流れに乗れればここも上位に。
9 タッチスプリント 若草賞 1着 交流重賞で通用せず。ここではさすがに。 - -
6 10 スパンコール ビューチフル 2着 レディスプレリュードは10着。交流重賞では... - -
11 ラインハート 北九州短距離 1着 ダートよりも今年の成績散々なのが問題で。 - -
7 12 ディアマルコ 兵庫サマーQ 1着 交流重賞の成績物足りず。入着までか。 - -
13 キンショーユキヒメ マーメイド 4着 ダート未経験。一変あれば怖いが... -
8 14 タガノヴェローナ TVQ杯 1着 秋華賞ブービーもダートなら巻き返し。
15 シルキークィーン シンデレラC4 1着 調子上げてきたがここでは格下っぽく。 - -

以上登録15頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第7回JBCレディスクラシック枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第7回JBCレディスクラシックの展望と予想とヨタ話

今週は大井でJBCシリーズもありますよ。

まずは牝馬から。第7回JBCレディスクラシック。

というわけで、このJBCレディスクラシック。ダート牝馬路線の頂点を決める一戦なのだが...ねぇ。 前哨戦のレディースプレリュードを楽勝し「もうこの馬でJBCレディスクラシックは決まりなのでは?」といわれていた クイーンマンボが故障で出走を見送ってしまったもんでねぇ。一転して主役不在の混戦模様に。

ただ、現在このJBCレディスクラシック2連覇中のホワイトフーガやTCK女王盃・エンプレス杯と連勝したワンミリオンス、 交流重賞でも手堅く上位確保している地元のララベルとかいたりするんで...「どの馬が勝つか分からない」というほどの混戦ではなさそうな雰囲気。 まぁ、予想もこれらの馬から入るのが妥当なところなんじゃないかと。

と、まぁ、そんなこんなで中心はホワイトフーガ。前走2着もクイーンマンボ相手に完敗するような内容だっただけに、不安がない訳ではないが... 元々休み明けはあまり走らず、去年も一昨年もレディースプレリュードで負けていたことを考えれば、まぁ、許容範囲内の敗北なんじゃないかと。 今回強力なライバルもいないことだし、あっさり「3連覇達成」なんてこともあっていいんじゃないでしょうか。で、あとは手堅く重賞好走馬を拾っていく感じで。

<第7回JBCレディスクラシック予想>
◎ホワイトフーガ
○タガノヴェローナ
▲アンジュデジール
△ララベル
△ワンミリオンス

穴ならダ戻りで一変ありそうなタガノヴェローナかな。


結果

1着ララベル
2着プリンシアコメータ
3着ラインハート
4着ワンミリオンス
5着アンジュデジール

タイム:1分54秒2 3F:39.1秒
ララベル 牝5歳
騎手:真島大輔 厩舎:大井・荒山勝徳厩舎
単勝:8番1120円
複勝:8番330円、3番290円、11番3160円
枠連:2-5 4200円 馬連:3-8 4290円
枠単:5-2 9160円 馬単:8-3 10410円
3連複:3-8-11 70910円
3連単:8-3-11 1340540円
ワイド:3-8 1020円
    8-11 17140円 3-11 13950円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。とりあえず、穴予想▲○で的中。
 だけど、さすがにこの3着は拾えませんなぁ。

 でもって、JBCレディスクラシックの結果。強力なライバルとなる筈だったクイーンマンボが出て来ず、JBCレディスクラシック3連覇確実かと思われていたホワイトフーガだったが...直線で全く伸びず11着と大敗。 結局、直線では逃げたプリンシアコメータとそれを見る形で追走していたララベルの一騎打ち。で、最後、ララベルがプリンシアコメータをアタマ差退け1着に。

 という訳で、勝ったのはララベル。プリンシアコメータがそれなりのペースで逃げたが、後続馬が追走で手一杯になってしまったのか、全般的に前残りの競馬に。 で、この流れに乗じてララベルが勝った感じだが...まぁ、ここ数戦交流重賞でも好走していた馬だったりするんでねぇ。この結果はそれなり有り得るものだったんじゃないかと。

 あと、1番人気のホワイトフーガ。前述しているように、11着と大敗してしまったが...3歳時のブリーダーズGCや前々走のスパーキングレディーカップなど、 冴えない走りをみせることがたまにあったりする馬なんでねぇ。今回の大敗もその範疇に入ってくるものだったりするんじゃないでしょうか。この大敗で見限るのはちょっと早計かな。


競馬鹿トップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。