今週のメインdeパツイチ2017
第17回JBCクラシック出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第17回 JBCクラシック 大井・ダ2000m  3歳上オープン(JpnI) 2017年11月3日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アウォーディー JBCクラ 1着 去年の勝ち馬だが最近の成績物足りなく。 -
2 2 フェスティヴイェル WASJ2 1着 凡走続く。ここは出てきただけっぽく。 - -
3 3 オールブラッシュ 川崎記念 1着 同型馬不在。単騎逃げならチャンスも?
4 4 タマモネイヴィー 大井記念 2着 帝王賞で決着済。ここでは厳しい。 - -
5 ミツバ マーキュリー 1着 流れに乗れればもう少しはやれる。ヒモで。 -
5 6 サブノクロヒョウ 東京記念 1着 前走は評価も交流JpnIでは力不足。 - -
7 グレンツェント 東海S 1着 スランプに陥った?巻き返しあればいいが。 -
6 8 サウンドトゥルー チャンピオン 1着 この条件手堅く走る。あとは展開次第か。
9 バルダッサーレ 東京ダービー 1着 前走が負けすぎ。3歳時の勢いは... -
7 10 アポロケンタッキー 東京大賞典 1着 東京大賞典を再評価。流れに乗れれば。 -
11 ハーキュリーズ 日本テレビ盃 6着 差のある競馬続く。ここも後方のまま。 - -
8 12 ケイティブレイブ 帝王賞 1着 今回同型馬少なめ。さらに叩き2戦目で。
13 スパイア ダイアモンド 1着 自己条件ならともかくJpnIではさすがに。 - -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第17回JBCクラシック枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第17回JBCクラシックの展望と予想とヨタ話

JBCシリーズもこのレースがラスト。

最後は中距離戦、第17回JBCクラシック。

そんなこんなで、このJBCクラシック。条件的には「ここで古馬・3歳馬の有力所が初対決!」といった感じの一戦だったりするが... 3歳馬にとってこの条件は何かとハードルが高いのか、あまりここには出走して来ず、ほぼ古馬メインのレースになるのがこのJBCクラシック。

で、今年も相変わらずそんな感じで3歳馬は不在。という訳で、これまでの古馬ダート中距離路線の流れを受ける形で予想していけばいいんだろうけど... 直近のJpnI・南部杯の勝ち馬コパノリッキーはここではなくスプリントに出走していることもあって不在だし、去年このレースを勝ったアウォーディーはそれ以降勝っていなかったりするし、 帝王賞馬ケイティブレイブ・東京大賞典馬アポロケンタッキー・チャンピオンズC馬サウンドトゥルーの3頭はそれぞれのレースでお互いに勝ったり負けたりを繰り返し、決着がつかない状態が続いていたりするんでねぇ。 傑出馬不在で思いのほか難解な一戦だったりするのが今回のJBCクラシック。

でもって、そんな今回のJBCクラシック。前述したような感じで、抜けた馬はいなかったりするが...まぁ、GI・JpnI勝ち馬は揃っているんでねぇ。 これらの馬が上位確保するのはほぼ確実でしょう。あとはその中での順序付けが鍵となるのだが、今回の出走馬、そこまで積極策に打って出てくる馬がいなかったりするんで... ここは前残り期待でケイティブレイブで勝負してみてもいいんじゃないかと。叩き2戦目のここならもう少し踏ん張れそうだしさ。 あとは、展開が鍵だがきっちり差を詰め上位確保するのは評価できるサウンドトゥルー、そしてアポロケンタッキー・アウォーディーといった感じで。

<第17回JBCクラシック予想>
◎ケイティブレイブ
○オールブラッシュ
▲サウンドトゥルー
△アポロケンタッキー
△アウォーディー

あと、逃げ嵌まればオールブラッシュもアリかと。


結果

1着サウンドトゥルー
2着ケイティブレイブ
3着ミツバ
4着アウォーディー
5着グレンツェント

タイム:2分04秒5 3F:37.8秒
サウンドトゥルー セン7歳
騎手:大野拓弥 厩舎:美浦・高木厩舎
単勝:8番570円
複勝:8番180円、12番180円、5番420円
枠連:6-8 1100円 馬連:8-12 1050円
枠単:6-8 2490円 馬単:8-12 2440円
3連複:5-8-12 5720円
3連単:8-12-5 27570円
ワイド:8-12 360円
    5-8 1380円 5-12 1240円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。そこそこいい配当にはなったが...
 3着までカバーできなかったのはなぁ。印は打っていたのに。

 まぁ、それはそれとして。JBCクラシックの結果。やはりというか、そこまで積極的に行く馬がいなかったこともあって、オールブラッシュがすんなりとハナへ。 で、道中も大きな動きもなく淡々とした流れのまま勝負所にさしかかり、各馬一斉にスパート。あとは、前のレースのJBCスプリントのように、直線で4頭が叩き合う展開に。

 で、その叩き合いを制したのがサウンドトゥルー。比較的落ち着いた流れになったこともあって、直線では好位から競馬したケイティブレイブ・ミツバ・アウォーディーがいい感じの脚を使って粘っていたが...これをねじ伏せて1着。 まぁ、内容的にはいつも通りの競馬をして勝った、ただそれだけだったりするんですけどね。妥当な結果だったんじゃないかと。


競馬鹿トップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。