• JpnI
  • 第63回
  • 東京大賞典
  • 大井
  • ダ2000m
  • 3歳上オープン
  • 2017年12月29日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ミツバ JBCクラ 3着 GIでも小差。展開嵌まれば上位も狙える。 -
2 タービランス 羽田盃 1着 長期休養明け快勝するもJpnIとなると。 - -
2 3 サウンドトゥルー JBCクラ 1着 前走不発もこの条件なら巻き返し可能。
4 サブノクロヒョウ 東京記念 1着 JBCクラシック7着で決着済。入着あれば。 - -
3 5 アポロケンタッキー 東京大賞典 1着 去年の勝ち馬だが、今秋チグハグで... - -
6 コスモカット 爽春賞 1着 格下。ここでは入着も厳しそうで。 - -
4 7 バルダッサーレ 東京ダービー 1着 いい頃の走り戻らず。暫く様子見必要。 - -
8 ヒガシウィルウィン JDダービー 1着 JpnI勝ち評価。ここなら上位も狙える。
5 9 サンドプラチナ 二輪草特別 1着 去年は9着。この条件は荷が重そうで。 - -
10 インカンテーション フェブラリー 2着 今年好調。この相手でも勝ち負けに。
6 11 シャドウパーティー 中山金杯 4着 2桁着順続く。一変は望み薄っぽく。 - -
12 ケイティブレイブ 帝王賞 1着 少々詰め甘く。うまく流れに乗れないと...
7 13 コパノリッキー 南部杯 1着 何故かこのレースに縁がなく。今年も? -
14 ハーキュリーズ 埼玉新聞栄冠 1着 ビリ争いばかり。ここは出てきただけ。 - -
8 15 ロンドンタウン コリアC 1着 前走の大敗気掛かりも、きちんと走れば。 -
16 セイファルコン ハイセイコー 2着 南関東重賞で勝ち切れず。ここでは... - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第63回東京大賞典枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。

ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」
第63回東京大賞典の展望と予想とヨタ話

今年は有馬記念後にもGIがあったりしたが...

このレースで今年の大きなレースは終了。東京大賞典。

という訳で、この東京大賞典。ダート路線自体は来年のフェブラリーSまで続くこともあって、2017年のダート路線総決算といった感じのレースにはならなかったりするのだが... とりあえず、手頃な条件ということもあってか、毎年かなりのメンバーが揃うのがこの東京大賞典。

そんなこんなで、今年もかしわ記念・南部杯を勝ったコパノリッキーに、JBCクラシックを勝ったサウンドトゥルー、帝王賞を勝ったケイティブレイブ、JDダービーを勝ったヒガシウィルウィン、 去年の東京大賞典馬アポロケンタッキーといったダート路線の有力馬がこの東京大賞典に多数参戦。

と、まぁ、そんな感じで有力馬が揃った今回の東京大賞典ではあるが...これらの馬が順当に上位確保するかと言われるとねぇ。 コパノリッキーは前2走が全盛期と比べると少々物足りない内容だったりする上に、これまでの東京大賞典の成績がイマイチだったりするし、 サウンドトゥルー・ケイティブレイブは取りこぼしが多く、展開次第といった感じの馬だったりするし、ヒガシウィルウィンは前走の浦和記念が差のある2着だったりするのが何かとアレ。 このうちの何頭かは不発のまま終わってしまう可能性もあるんじゃないかと。

で、その辺りを踏まえて東京大賞典の予想を。実績馬が前述したような感じで少々アテにならなかったりするんで...ここはインカンテーションを狙ってみるのもアリなんじゃないかと。 フェブラリーSやかしわ記念で2着を確保するなどGI・JpnIで勝ち負けまで持って行ける能力はある馬だし、近走成績も上々だったりするしさ。 あとは、詰めの甘さは気になるが手堅く上位確保し続けているのは評価できるサウンドトゥルー・ケイティブレイブ、そしてヒガシウィルウィン・コパノリッキーといった感じで勝負してみましょうか。

第63回東京大賞典予想
インカンテーション
ミツバ
サウンドトゥルー
ケイティブレイブ
ヒガシウィルウィン
コパノリッキー

展開嵌まればミツバもアリなんだけどねぇ。

結果
1着コパノリッキー
2着サウンドトゥルー
3着ケイティブレイブ
4着アポロケンタッキー
5着ロンドンタウン
タイム:2分04秒2 3F:37.1秒
コパノリッキー 牡7歳
騎手:田辺裕信 厩舎:栗東・村山厩舎
単勝:13番470円
複勝:13番150円、3番130円、12番120円
枠連:2-7 950円 馬連:3-13 970円
枠単:7-2 1920円 馬単:13-3 1950円
3連複:3-12-13 690円
3連単:13-3-12 4470円
ワイド:3-13 340円
    12-13 270円 3-12 210円
(必ず主催者発行のもので確認を!)

予想、一応的中。だけど、△○での的中ではなぁ。

肝心の◎インカンテーションが7着とサッパリで...

まぁ、それはそれとして。東京大賞典の結果。ケイティブレイブが行く構えをみせていたが、今回はコパノリッキーが強固にハナを主張し、そのまま逃げる展開に。 そんなこんなで、先手争いはそれなりに激化はしたが...その後ペースが落ち着いたこともあって、前に行った馬、そのまま残ることに。逃げたコパノリッキーは直線で後続を突き放し、最終的には3馬身の差をつけ快勝。 ケイティブレイブはサウンドトゥルーに交わされたものの、他の馬は封じて単独の3着を確保。

そんなこんなで、勝ったのはコパノリッキー。この東京大賞典だけなかなか勝てずにいたが、現役最後のレースでようやくゲット。 まぁ、むしろこれまで勝てなかったのが不思議なくらいだったんでねぇ。実績を考えれば妥当な結果だったんじゃないかと。 2着のサウンドトゥルー、3着のケイティブレイブも、まぁ、妥当なところ。ただ、何かに恵まれないと勝てない感じになっているのがちょっとアレだったりしますが...

競馬鹿トップへ