今週のメインdeパツイチ2017
第12回キーンランドカップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第12回 キーンランドカップ 札幌・芝1200m  3歳上オープン(GIII) 2017年8月27日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ブランボヌール キーンランド 1着 去年の勝ち馬だがここ数戦イマイチで。 - -
2 2 イッテツ UHB賞 1着 札幌に良績あるが重賞ではちと足りず。
3 3 ネロ 京阪杯 1着 前2走の負け方問題。ここは様子見? - -
4 4 ヒルノデイバロー 阪急杯 2着 調子上げてきた。今の勢いなら重賞でも。 -
5 ノボバカラ カペラS 1着 芝でもやれる目処立つ。展開嵌まれば。 -
5 6 ナックビーナス オーシャンS 2着 去年は5着。展開の助けないと... - -
7 フミノムーン 京阪杯 3着 前走久々だったが快勝。ここでも。 -
6 8 エポワス 函館SS 3着 前走イマイチ。重賞成績もちと足りなくて。 - -
9 モンドキャンノ 朝日杯FS 2着 手頃な条件。一変あれば勝ち負けに。
7 10 シュウジ 阪神カップ 1着 2桁着順続く。一変あればいいが... -
11 ソルヴェイグ スプリンター 3着 実績評価。あとは仕上がり次第か。
8 12 ライトフェアリー HBC賞 1着 格下。ハンデ戦ならともかく別定戦では... - -
13 メイソンジュニア NZトロフィー 2着 前走が案外。一変あればいいが... -

以上登録13頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第12回キーンランドカップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第12回キーンランドカップの展望と予想とヨタ話

サマースプリントシリーズも5戦目に突入するが...

決着は最終戦に持ち越し。第12回キーンランドカップ。

という訳で、このキーンランドカップ。前述しているようにサマースプリントシリーズの第5戦。 北海道に滞在したまま函館SS→キーンランドCという流れでシリーズ制覇を...という馬もいたりするのだが、今年は函館SS組が薄め。 どちらかというと、スプリンターズSを目指しこのレースで始動してきた有力馬が多めなのが今年のキーンランドカップ。

そんなこんなで、サマースプリントシリーズ成分薄めの今回のキーンランドカップ。まぁ、こういうメンバー構成だし、ここは函館SS組よりも実績馬を狙っていくのが正解だったりするんじゃないでしょうか。 ただ、実績馬の中でも、シュウジやネロ、ブランボヌールは近走がイマイチだったりするんで...ねぇ。この辺りは外して別の馬で勝負するのが妥当なところでしょう。

という訳で、中心は3歳馬のモンドキャンノ。前2走は着外とパッとしない成績だったりするが、距離短縮と53kgで一変する可能性は十分あるんじゃないかと。 あとは、前走から間隔開くのが気になるも、スプリンターズS3着などの実績は素直に評価できるソルヴェイグ、重賞ではやや足りない競馬続くがこの相手なら展開次第で上位あってよさそうなフミノムーン、 函館SSは5着止まりだったが、良績多数の札幌なら重賞でもそれなりにやれそうなイッテツ辺りで勝負、といった感じで。

<第12回キーンランドカップ予想>
◎モンドキャンノ
○ノボバカラ
▲ソルヴェイグ
△フミノムーン
△イッテツ
△シュウジ

あと、函館SSで芝でもやれる目処が立ったノボバカラも。

前崩れの展開なら函館SSの7着以上はあっていいかと。


結果

1着エポワス
2着ソルヴェイグ
3着ナックビーナス
4着フミノムーン
5着ライトフェアリー

タイム:1分09秒0 3F:35.5秒
エポワス セン9歳
騎手:C.ルメール 厩舎:美浦・藤沢和厩舎
単勝:8番2120円
複勝:8番550円、11番190円、6番340円
枠連:6-7 570円 馬連:8-11 4570円
馬単:8-11 13640円
3連複:6-8-11 15390円
3連単:8-11-6 114130円
ワイド:8-11 1740円
    6-8 3000円 6-11 860円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。さすがにエポワスはなぁ。
 まぁ、それ以外も微妙だったんで結果はアレですけど。

 まぁ、それはそれとして。 キーンランドカップの結果。逃げたナックビーナスが3着、2番手につけたソルヴェイグが2着と全般的には前残りの競馬だったが... 中団から馬群を割ってしれっと伸びてきたエポワスが逃げ粘るソルヴェイグ・ナックビーナスらを交わして1着という結果に。

 しかしなぁ、エポワスですか。函館・札幌で好走多い馬だし、函館SSで3着に入っていたりとそれなりに狙える馬ではあったんだが... 前走の敗北や増えすぎの感ある馬体重+20kgというイヤな要因が揃っていたんでは何かと狙い辛くなるのは仕方がないところ。でも、結果はこれですからね。 まぁ、今回は前述しているような得意の条件で走りが一変した、そんなところだったりするんじゃないでしょうか。


競馬鹿トップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。