今週のメインdeパツイチ2017
第3回ターコイズステークス出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第3回 ターコイズステークス 中山・芝1600m  3歳上牝オープン(GIII) 2017年12月16日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 リーサルウェポン 愛知杯 2着 近走さっぱりだがたまに一発ある馬で。 -
2 ワンブレスアウェイ 阿武隈S 1着 前走案外もこの条件なら巻き返し可能。
2 3 オートクレール 紅葉S 1着 前走の大敗が問題。ここでは厳しいか... - -
4 アールブリュット 道新スポーツ 1着 50kgは魅力も準OPで凡走続きでは。 - -
3 5 ハローユニコーン 忘れな草賞 1着 2桁着順続く。一変は望み薄か。 - -
6 リエノテソーロ 全日本2歳 1着 NHKマイルC以降の成績がイマイチで... - -
4 7 フロンテアクイーン 福島牝馬S 2着 重賞好走ある馬だがやや詰め甘く。
8 ミスパンテール チューリップ 2着 条件楽になり巻き返す。ここも上位に。
5 9 サザナミ ラピスラズリ 3着 マイル好走あるもやはり短距離向きで。 - -
10 バンゴール 長岡S 1着 前走がイマイチ。重賞では苦しいか。 - -
6 11 エテルナミノル 八坂S 1着 重賞でもそこそこ好走。ヒモで一考。 -
12 ラビットラン ローズS 1着 能力評価も展開か鍵。過信は禁物。 -
7 13 ペイシャフェリス 朱鷺S 1着 中山マイルに良績多く。一変注意。 -
14 デンコウアンジュ ヴィクトリア 2着 秋の成績物足りず。巻き返しは... - -
8 15 ディープジュエリー スイートピー 1着 いい頃の走り戻ったか。51kgも魅力で。 -
16 アスカビレン 府中牝馬S 4着 前走思ったほど変わらず。ちと苦しいか。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第3回ターコイズステークス枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第3回ターコイズステークスの展望と予想とヨタ話

去年は比較的無難な決着になったが...

かなり荒れる一戦、第3回ターコイズステークス。

という訳で、このターコイズS。「エリザベス女王杯や牝馬重賞の余力でもう一戦」といった感じで実績馬が多数出てくるが... 前走がピークで調子落ちしてしまっているのかこの手の実績馬が飛んでしまったり、クセのある中山芝1600mやハンデ戦という条件が影響して能力を発揮できないまま終わってしまう馬が結構出てくることもあって、 何かと荒れることが多いのがこのターコイズS。まぁ、去年のマジックタイムのように、人気所も来るときは来るんだけど...

と、まぁ、そんな感じで、かなり難解な一戦になりがちなのがこのターコイズS。今年も実績馬は揃っているものの、 近走成績とか展開とか爆弾抱えている馬が多く、あまり信用できなかったりする上に、近走サッパリでも突然爆走する大駆けタイプの馬もいたりするんでねぇ。 今年も結構荒れそうな雰囲気。

で、その辺りを踏まえてターコイズSの予想を。ここは準OP勝ち直後のミスパンテールで勝負してみてもいいんじゃないかと。 53kgと比較的軽めのハンデだし、前走の勝利でチューリップ賞2着時の勢い戻った感あるしさ。あとは、前走イマイチだったが準OP連勝時の勢い戻れば上位争い可能なワンブレスアウェイ、 展開が鍵だが末脚と実績は評価できるラビットラン、詰めの甘さ気になるも重賞でも好走しているフロンテアクイーン辺りでどうでしょうか。

<第3回ターコイズステークス予想>
◎ミスパンテール
○ペイシャフェリス
▲ワンブレスアウェイ
△ラビットラン
△フロンテアクイーン
△エテルナミノル

あと、中山マイルで一変あればペイシャフェリスも...


結果

1着ミスパンテール
2着フロンテアクイーン
3着デンコウアンジュ
4着ラビットラン
5着エテルナミノル

タイム:1分34秒2 3F:34.7秒
ミスパンテール 牝3歳
騎手:横山典弘 厩舎:栗東・昆厩舎
単勝:8番1260円
複勝:8番400円、7番190円、14番610円
枠連:4-4 2490円 馬連:7-8 2570円
馬単:8-7 5730円
3連複:7-8-14 16580円
3連単:8-7-14 94580円
ワイド:7-8 960円
    8-14 3300円 7-14 1820円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、的中。ミスパンテール、ズバリでしたな。
 配当も上々で、結構いい感じの結果になりました。

 でもって、ターコイズステークスの結果。内枠を引いたワンブレスアウェイが出遅れて後方からの競馬になったり、ペイシャフェリス・ディープジュエリーが外枠を引いたりしたこともあって、 そこまで逃げる感じの馬ではなかったリエノテソーロがハナへ。で、そんな感じの逃げになったもんだから、ペースはそこまで上がらず前半3ハロン通過が35.9秒、1000m通過は0:59.5とそこまで速くならず。

 そんなペースだったこともあってか、直線に入っても逃げたリエノテソーロがかなり粘ることになったのだが...そのまま押し切ることは出来ず。結局、直線の坂を登った辺りで脚色が鈍り、 先行・差し馬勢にまとめて交わされてしまい終了。

 で、こういう流れの中、馬群から抜けてきたのがミスパンテール。外に持ち出さず馬群を縫うような形でロスなく進出してきたのが功を奏したようで、 最後の一伸びで馬群から抜け出して1着。あとは、ミスパンテールと同じような形で内から上がってきたフロンテアクイーンが2着、外を回って突っ込んできたデンコウアンジュが3着を確保。

 しかし...どうなんでしょうかねぇ。この結果。とりあえずこういう着順にはなったが、1着馬から5着馬までは0.1秒差、さらに14着馬までは0.4秒差という激戦だったことを考えるとねぇ。 今回の着順はそこまで気にしなくてもいいんじゃないかと...


競馬鹿トップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。