今週のメインdeパツイチ2017
第12回阪神カップ出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第12回 阪神カップ 阪神・芝1400m  3歳上オープン(GII) 2017年12月23日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ムーンクレスト ポートS 1着 重賞成績物足りず。OPまでの馬か。 - -
2 イスラボニータ 皐月賞 1着 実績は評価も取りこぼしの多い馬で。 -
2 3 タガノブルグ NHKマイルC 2着 一時期の勢いなく。現状ではOP止まり。 - -
4 オールザゴー マーガレット 1着 成績頭打ち。一変は望み薄っぽく。 - -
3 5 レーヌミノル 桜花賞 1着 マイルCS4着評価。そろそろ復活も? -
6 キャンベルジュニア ダービー卿CT 2着 前2走が物足りず。一変あればいいが。 - -
4 7 モズアスコット 渡月橋S 1着 昇級戦も完勝。重賞でも即通用しそうで。
8 エポワス キーンランド 1着 1400mまではこなすが、この相手では。 - -
5 9 ビップライブリー 京阪杯 2着 ここ数戦の好走評価。ここも上位に。
10 サングレーザー マイルCS 3着 手頃な条件だがやや使い詰めなのが... -
6 11 アポロノシンザン 信越S 1着 勢いは評価も今回かなり相手揃って。 -
12 ダンスディレクター シルクロード 1着 去年は僅差の4着。チャンスはありそう。
7 13 モーニン フェブラリー 1着 芝使ってみるが...一変はちと望み薄? -
14 サンライズメジャー 京王杯SC 2着 前2走悪くなく。展開嵌まれば一発も。 -
15 トウショウピスト オーロC 1着 前走は展開嵌まった感有。今回は... - -
8 16 ミスエルテ ファンタジー 1着 成績頭打ち。早熟だった感否めなく。 - -
17 シュウジ 阪神カップ 1着 去年の勝ち馬だがそれ以降の成績が... - -
18 シャイニングレイ CBC賞 1着 距離は大丈夫だが前走から間隔開いて... - -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第12回阪神カップ枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第12回阪神カップの展望と予想とヨタ話

短距離路線の締めくくりとなる一戦だが...

何かと荒れることが多め。第12回阪神カップ。

という訳で、この阪神カップ。スプリンターズSやマイルCSを使った余力でもう一戦といった感じで実績馬が出てきたり、 ここで結果を出して来年の高松宮記念に繋げたい馬が出てくるもんで、こういう時期のレースにしては結構メンバーが揃うのがこの阪神カップ。

ただ...ねぇ。その思惑通りの結果にはならず、前述しているように何かと荒れることが多いのがこの阪神カップだったりするんでねぇ。 実績馬が人気を集めるものの、調子落ちしていたのか精彩を欠いてしまって凡走したり、1400mという条件が微妙に合わず、 中途半端な結果に終わってしまうスプリンターやマイラーが出てくることが結構多め。

そんなこんなで、何かと厄介な阪神カップ。今年はここがラストランとなるイスラボニータが人気を集めそうだが...去年は2着止まりだったりするし、 詰めの甘さは相変わらずだったりすることを考えるとねぇ。このレースが秋3戦目でまだ余力があるのは評価できるんだが、過信は禁物でしょう。

ってな訳で、ここは別の馬を狙ってみても良さそうな感じ。実績は足りないがまだ底を見せていないモズアスコットとか、 重賞でもこれまで通り大崩れせず上位を確保し続けているビップライブリーとかさ。あと、スワンS・マイルCSと激走しているが、 まだ余力があるようならサングレーザーもアリなんじゃないかと。とりあえず、この辺りを軸に据えてちょっと手広く勝負してみましょうかねぇ。

<第12回阪神カップ予想>
◎モズアスコット
○サンライズメジャー
▲ビップライブリー
△サングレーザー
△ダンスディレクター
△イスラボニータ

穴狙うなら、結構いい年齢だが末脚は衰えていない

サンライズメジャー・ダンスディレクター辺りかな。


結果

1着イスラボニータ
2着ダンスディレクター
3着サングレーザー
4着モズアスコット
5着ビップライブリー

タイム:1分19秒5(R) 3F:34.7秒
イスラボニータ 牡6歳
騎手:C.ルメール 厩舎:美浦・栗田厩舎
単勝:2番410円
複勝:2番160円、12番380円、10番160円
枠連:1-6 2250円 馬連:2-12 4040円
馬単:2-12 6070円
3連複:2-10-12 3890円
3連単:2-12-10 24440円
ワイド:2-12 1130円
    2-10 360円 10-12 1110円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。印打っている馬が上位独占したが...
 イスラボニータもダンスディレクターもちょい印薄めでアウト。

 まぁ、それはそれとして。阪神カップの結果。そこそこ前に行く馬はいたが...アポロノシンザンがハナを主張したこともあって、ハナ争いはすんなり決着。 そんなこんなで、ペースも前半3ハロン通過は33.6秒とそこまで速くはならず。

 ただ、前に行った馬がそのまま残れるほどのペースではなかったようで、直線では差し・追込馬が台頭。 好位追走のダンスディレクターと、中団から伸びてきたイスラボニータが併走する形で馬群を抜け出し、並んだままゴールへ。

 そんなこんながあったが、勝ったのはイスラボニータ。以前なら「並んだところで脚色が一緒になってしまい2着止まり」なんてパターンが多かったが、 今回はクビの上げ下げではあったがダンスディレクターを退けて1着。際どい勝利だったが、とりあえず有終の美を飾れたのは良かったんじゃないでしょうか。


競馬鹿トップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。