今週のメインdeパツイチ2017
第20回エーデルワイス賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第20回 エーデルワイス賞 門別・ダ1200m  2歳牝オープン(JpnIII) 2017年10月12日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 ラインギャラント 新潟2歳S 14着 前走大敗もダートで変わる余地あって。 -
2 ハナザカリ キズナ・プレ 2着 前走差のある2着。ここではちと苦しい。 - -
2 3 マサノスマイル フルールC 2着 もう一押し必要。ここでは3着までか。 - -
4 コスモウーノ リリーC 4着 自分の競馬できればそれなりにやれる馬で。 -
3 5 フォローユアハート フローラルC 3着 前走展開利有。同じ展開になればいいが... -
6 シャインカメリア ダリア賞 2着 ダートの未勝利快勝評価も過信は禁物。 -
4 7 ジュンドリーム フェニックス 9着 昇級後の成績がサッパリ。ここでは。 - -
8 アンジュキッス ウィナーズ 2着 もう一押し必要。ここでは入着まで。 - -
5 9 ストロングハート リリーC 1着 前走の粘り評価。行き切れればここも。 -
10 ボーダレスガール フルールC 1着 前走破った相手なかなか。流れに乗れれば。
6 11 グラヴィオーラ リリーC 2着 もう一押し欲しいところだが展開利あれば。
12 リコーデリンジャー リリーC 3着 手堅さは評価。展開嵌まれば3着なら。 -
7 13 パキラパワー AIR-G開局 1着 前走まずまずもこの相手はちと厳しいか。 -
14 ウインジェルベーラ 函館2歳S 2着 重賞実績は評価もこの条件でどこまで? -
8 15 パートカラー リリーC 5着 前走多少差を詰めた程度。この条件では。 - -
16 リボース フレッシュCh 1着 差のある競馬続く。一変は望めそうになく。 - -

以上登録16頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第20回エーデルワイス賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第20回エーデルワイス賞の展望と予想とヨタ話

月曜のマイルCS南部杯でダートGIシリーズも開幕したが...

2歳ダート路線も開幕しますよ。第20回エーデルワイス賞。

というわけで、このエーデルワイス賞。牝馬限定だが2歳馬にとって初のダート重賞となるのがこのエーデルワイス賞。 ただ、まだダート適性が不明だったり、これといったダートの大きなレースもなかったりする時期だけに、そこまで中央勢が揃わないのがちょっとアレですが。

で、今年のエーデルワイス賞。一応、函館2歳S2着のウインジェルベーラやダリア賞2着のシャインカメリアなど、 今年はそこそこ実績ある中央勢が出走してきているが...やはり中心は地元の道営勢になるんじゃないかと。 フローラルCやリリーC、フルールCといった主要なレースの上位馬が多数参戦していることだしさ。

そんなこんなで、予想は地元道営勢からでいいでしょう。中心はボーダーレスガール。 圧勝といった感じのレースがなかったり、前々走大敗しているのが気掛かりだが、結構相手揃ったフルールCを勝っているのは評価していいんじゃないかと。 あと、今回逃げ・先行馬が多めで展開的にも恵まれそうだし。

あとは、展開が鍵だが行ききれれば一気に押し切りもありそうなストロングハート、揉まれず自分の競馬ができれば上位争いできそうなコスモウーノを。 で、これに続く形で中央勢のシャインカメリア・ウインジェルベーラといった感じでいいかな。

<第20回エーデルワイス賞予想>
◎ボーダレスガール
○ラインギャラント
▲ストロングハート
△コスモウーノ
△グラヴィオーラ
△シャインカメリア

あと、前走イマイチもダートで一変ありそうなラインギャラントもアリかな。


結果

1着ストロングハート
2着グラヴィオーラ
3着リコーデリンジャー
4着パキラパワー
5着コスモウーノ

タイム:1分12秒4 3F:37.9秒
ストロングハート 牝2歳
騎手:阿部龍 厩舎:北海道・角川秀樹厩舎
単勝:9番340円
複勝:9番150円、11番220円、12番880円
枠連:5-6 820円 馬連:9-11 850円
馬単:9-11 1360円
3連複:9-11-12 6270円
3連単:9-11-12 19410円
ワイド:9-11 410円
    9-12 1650円 11-12 3200円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、一応的中。でも、ちょっと安めかな。
 3着も一応フォローしているが、ちょっと印薄めでなぁ。

 でもって、エーデルワイス賞の結果。予想でも書いたとおり、中央勢もそれなりに揃ってはいたのだが...1番人気のシャインカメリアはスタートが悪く最後方からの競馬になってしまったり、 他の中央馬もイマイチだったりしたもんで、結局、地元道営勢が上位を独占する結果に。好位から競馬した2番人気のストロングハートが直線で抜け出し、 同じような位置にいたグラヴィオーラとの追い比べを制して1着。

 そんなこんなで、勝ったのはストロングハート。同型馬が多めだったが...そこまでハナ争いが激しくならず、すんなり好位を確保して自分の競馬に持ち込めたのが今回の勝因だったりするんじゃないでしょうかねぇ。 まぁ、前々走リリーカップを快勝しているんだし、自分の競馬ができればこの位はやれて当然なのかもしれませんが。ただ、相手が強化されると...どうなんでしょうかねぇ。 今回快勝といっていい内容だったりするが、力の違いを見せつけた感じではなかったりするんで...


競馬鹿トップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。