今週のメインdeパツイチ2017
第22回秋華賞出走馬一覧、アンドわしの勝手な寸評(穴予想つき)
第22回 秋華賞 京都・芝2000m  3歳牝オープン(GI) 2017年10月15日
登録馬 主な成績 寸評
1 1 アエロリット NHKマイルC 1着 実績評価も2000mはちょっと長そうで。 -
2 ラビットラン ローズS 1着 前走の勝ちっぷり評価。GIでも注意。 -
2 3 ブラックオニキス 札幌2歳S 2着 そこそこ差詰める。3着ならありそうで。 -
4 モズカッチャン オークス 2着 叩き2戦目で変わる余地あるが過信は... - -
3 5 ブラックスビーチ スイートピー 1着 ローズSの16着が問題。一変は望めぬ? - -
6 メイショウオワラ ローズS 5着 もう一押し必要。前走以上となると... - -
4 7 リスグラシュー 桜花賞 2着 大崩れしない手堅さ評価。ここも上位に。 -
8 カワキタエンカ ローズS 2着 今回も先行馬少なく。前走の再現あっても。
5 9 ハローユニコーン 忘れな草賞 1着 2桁着順続く。春の勢い戻ればいいが。 - -
10 タガノヴェローナ TVQ杯 1着 能力はまずまずも芝のGIではさすがに。 - -
6 11 ミリッサ ローズS 4着 末脚強烈。展開鍵だが嵌まれば一発も。
12 レーヌミノル 桜花賞 1着 秋緒戦がイマイチ。一変あればいいが... - -
7 13 リカビトス 八ヶ岳特別 1着 まだ底見せず。さらなる成長あれば。 -
14 ディアドラ オークス 4着 秋緒戦も順当に勝利。ただ展開が鍵で。 - -
15 ヴゼットジョリー 新潟2歳S 1着 多少持ち直す。もう一変あれば多少は。 - -
8 16 ファンディーナ フラワーC 1着 前走が案外。叩き2戦目で変わる? - -
17 ポールヴァンドル 紫苑S 3着 末脚はなかなか。いい塩梅の展開になれば。
18 カリビアンゴールド 紫苑S 2着 前走の2着評価。ここも流れに乗れれば。 -

以上登録18頭(出走馬、馬番順)
※念の為、第22回秋華賞枠順、出走馬については主催者発行のもので確認してください。


ヨタ話的競馬予想、競馬鹿「今週のメインdeパツイチ」2017年版
第22回秋華賞の展望と予想とヨタ話

今週から本格的に秋のGIシリーズ、開幕です。

まずは3歳牝馬クラシック最終戦・第22回秋華賞。

そんなこんなで、この秋華賞。前述してるように、3歳牝馬クラシックの最終戦なのだが... 秋を迎えて勢力図がガラリと一変することが多々あり、何かと荒れやすいのがこの秋華賞。

で、今年の秋華賞。とりあえず、春の二冠でもそれなりに結果残したリスグラシュー・ディアドラや、NHKマイルC馬アエロリット辺りは秋もそれなりには走っていたりするが、 桜花賞馬レーヌミノルやオークス1・2着馬ソウルスターリング・モズカッチャン、フラワーC圧勝から果敢に皐月賞に挑んだファンディーナは秋緒戦であっさり負けていることを考えると...ねぇ。 春の二冠で結果を残した馬がそのままここでも上位確保...という流れにはならないんじゃないかと。

でもって、その辺りを踏まえつつ秋華賞の予想を。ここはある程度勢力図が変わってしまったという前提で予想するのが正解だったりするんじゃないかと。 前走のローズS同様、前に行く馬が少なくそのまま前残りありそうなカワキタエンカや、瞬発力勝負になれば台頭ありそうなラビットラン・ミリッサ・ポールヴァンドールとかさ。 ローズS・紫苑Sといった秋のトライアルで好走しているのも○だしさ。あとは、距離延長が気になるも展開利あれば踏ん張れそうなアエロリット、 詰めは甘いが手堅さは評価できるリスグラシュー・ディアドラといった実績馬をおさえる感じで。

<第22回秋華賞予想>
◎カワキタエンカ
○リカビトス
▲ラビットラン
△ミリッサ
△ポールヴァンドル
△アエロリット

一発狙うならリカビトスかな。まだ底見せていないし...


結果

1着ディアドラ
2着リスグラシュー
3着モズカッチャン
4着ラビットラン
5着カワキタエンカ

タイム:2分00秒2 3F:37.0秒
ディアドラ 牝3歳
騎手:C.ルメール 厩舎:栗東・橋田厩舎
単勝:14番630円
複勝:14番220円、7番190円、4番270円
枠連:4-7 1100円 馬連:7-14 1510円
馬単:14-7 2900円
3連複:4-7-14 3180円
3連単:14-7-4 14760円
ワイド:7-14 570円
    4-14 790円 4-7 750円
(必ず主催者発行のもので確認を!)


 予想、ハズレ。荒れる要因は揃っていたんだが...
 結局、人気所で比較的無難に決着してしまうとはなぁ。

 でもって、秋華賞の結果。降り続いた雨の影響でそれなりに時計を要す馬場状態になっていたのだが、 カワキタエンカが作り出したペースは前半1000m通過が0:59.1と速め。となれば、前崩れの展開に...となってもいい筈だが、 このペースや馬場の影響で後続馬が思ったような末脚を使えない状態になってしまったようで、そこまで前崩れの展開にはならず。 うまく立ち回ったディアドラは後方待機から差し切ることができたが、他は好位追走からじりじり伸びた馬が上位を確保する結果に。

 そんなこんながあったりしたが、とりあえず勝ったのはディアドラ。スタートがイマイチで後方からの競馬になってしまったが、 うまく内に潜り込み、4コーナーのコーナーワークで一気に挽回。さらに内でコースロスなく立ち回れたこともあってか、 最後までしっかりとした末脚を使うことができ、この結果に。まぁ、展開が嵌まったり、馬場に助けられた感はあるが...前走の紫苑Sの件もあるんで、 これは力つけていると考えた方がいいんじゃないでしょうか。

 ただ...今回展開や馬場が嵌まらず負けた馬も結構いる感じだったりするんでねぇ。 条件が好転すればこの手の馬も巻き返してくるだろうし、これで勝負付けが済んだと判断するのは早計だったりするんじゃないかと。


競馬鹿トップへ

注意!
このページは管理人の私見による内容となっています。なので、予想がはずれたやんけ!といっても責任はとりませんし(というよりも滅多に当たりません)、 ハズレたことによる金銭的損失等も、わしの責任じゃないよーん、ということになりますんであしからず。