Rord to Okera オケラ街道一直線!
[前のオケラ] [次のオケラ]  オケラ街道道中記No.22 (2000年7月22日)

第22回 やっぱり夏競馬はローカルでしょ。

 夏競馬といえば、ローカル開催。
 夏競馬といっておきながら、東京&阪神開催ってなんでやねん。 やっぱり小倉、福島、新潟(今年はないけど)そして、函館&札幌。 ファンファーレが変わらないと夏競馬って実感沸かないし。

 さておき、ローカルといえばやっぱり「穴馬券」
 前回は、この時期に特有の「降級馬」についてちょっと書いてみたんだけど、 今回はそれも含めて夏競馬必勝法を。ポイントは降級馬、4歳馬の取捨、コース。この3つ。

 ま、降級馬については前回号で書いたので、 今回は4歳馬の取捨とコースについてちょっと突っ込んでみましょう。

 まず、4歳馬
 この時期から4歳馬も古馬との混合戦になるんだけど、ほぼ古馬有利。 4歳馬はまだちょっと通用しない。しかし、穴を狙うなら4歳馬は積極的に狙った方が○。 狙い目は、レベルの低い500万下などの条件戦。特に5歳未勝利馬が結構出走していたり、 成績が1-0-0-12といったような 「未勝利とか新馬を一発爆走して、その後頭打ち」という馬だらけだと十分付込む余地がありそう。 要するに、「同じ頭打ち馬同士の争いなら、改善の余地がありそうな4歳馬の方が有利」ってことだ。 乗り替り、減量騎手の起用、戦法の変更、ブリンカー、適条件(距離、芝ダなど)に戻る、 などがあった場合には特に注意。


 次にコース。
 ローカルだから先行有利、ってのは正しい。なんだかんだいっても先行馬が有利。 しかし、例外もいくつかあるので注意。先行有利だと分かれば、積極的に好位を取りに来る。 ずっと同じ競馬をするほど騎手も馬鹿じゃない。 でも、これによって先行激化して追込炸裂ということも。 小倉の1200mとか函館&札幌の1000mは特に先行激化になりやすく、先行馬総崩れが起こることもしばしば。 あと、馬場状態も注意。最内の馬場が荒れだすと、3角捲り→大外一気が増えるので注意を。 こういうときは、外枠&3角マクリができる騎手がオススメ。結構穴あけます。

 これらって、夏競馬のローカル開催に限ったことじゃないんですけどね。
 裏開催のローカル競馬にも通用すると思うんですが...(ちょっと弱気)


[このページのトップへ] [前のオケラ] [次のオケラ]

今週のオケラ街道(7月中)
合計:約25000円プラス
ちょっと連勝ストップで陰りがでるも、依然絶好調。「4歳馬いらんのじゃー」作戦で万馬券ヒット。 北海道旅行資金の半分ぐらい捻出できました。やっぱり福島すよ。 函館は結構当てにくくなってきてるし。
これまでの収支合計:マイナス約22000円


[競馬鹿トップ] [オケラ街道トップ]

注意!
このページでは営利目的で予想をしているのではないので、「予想がはずれたやんけ!」といっても
責任はとりません。ですから、ハズレたことによる金銭的損失は、「わしの責任じゃないよーん」
ということになりますのであしからず。

Copyright (C) M.Kanehachi All Rights Reserved. 
画像・文章その他の無断転載を禁ず。