広島ハイキングクラブ 伝言板
トップページ 例会案内 山行計画 山行写真 山行記録 伝言板 入会案内 例会申込 山小屋案内 その他リンク


 08・09月の伝言板

 ◎広島ハイキングクラブ設立40周年記念パーティの御知らせ

私たちのハイキングクラブは、1975年8月13〜17日の後立山・白馬岳縦走、8月31日の南原峡〜可冠冠山ハイキングをスタートに、9月から隔週1回を目安に山行を計画実施し、1976年2月に会員8名で設立総会を開催、年間計画を立案し、会報やポスターを制作して、登山用品店や喫茶店に配るなどクラブ活動を展開し、本年7月末現在、1606回の例会山行と472号までの会報発行を積み重ねて来ており、最近の登山ブームに先駆けたクラブ活動として、大いに自負できると思います。
このクラブ40周年を共に喜び、今後の発展を話し合うため、下記の日時・会場で「設立40周年記念パーティ」を開催致しますので、会員の皆さん、今から10月の行事予定に組込んでいただき、当日は、少しお洒落して記念パーテイーを楽しく盛り上げていきましょう。(八津川)
              ☆
1.開催日時:10月31日(土)18時(会場入場は15分前から)
2.開催場所:広島メルパルク5階・瀬戸の間(着席スタイル)
3.受  付:17時30から(瀬戸の間の扉前)
4.イベント:クラブの山行写真のスライドショー・ビンゴゲーム他
5.参加申込:会場の予約等の関係で、8月10日までに出欠連絡お願いします。  (担当/石 崎)


                       ☆

◎新入会員紹介=氏名・住所・血液型・経験・趣味(敬称略・掲載50音順)
                       ☆

○例会計画書や山行記録の原稿をパソコン入力で作成された方は、Email:hiozekiki@ybb.ne.jpまで添付送信するか、手書きの場合は大関(〒733−0034 広島市西区南観音町8-43)まで送って下さるよう御願い致します。
                      ☆

○例会の写真をHPに掲載される方は、例会名、氏名を添え、k.ishi@abelia.ocn.ne.jpあて送信して下さい。
ファイル形式=jpg。画像はなるべく小さめに・・・(画像のサイズダウン方法=http://cashari.net/use/mail.htm参照。詳細オプションの表示(P)、イメージのサイズ 中(800×600)Mを選択)



編 集 後 記

◎クラブの設立当時、殆どの会員が20才台前半、中には学校のワンゲルでは物足りなくて入会して来る学生もいたりして、その間に会員同士の結婚があり、少子も何回か仲人を頼まれたり、媒酌を仰せつかったりしてましたが、時には、女性会員を当時、友好関係にあった徳山や防府のクラブの男性にゲットされたこともあって悔しい?思いもしましたが、今でもそれらの人と年賀状などの交換があったり、時には「里帰り」で子供連れで訪ねて来てくれたり、孫が生まれましたなどとの連絡があったりすると、「ああ、自分も年とったなあ」と思いますが、これもクラブの歴史の一つかもしれませんね。

◎かつて、少子より年配の会員さんから「いつまでクラブに居れますか?」などと聞かれると、「80ぐらいまでは頑張って下さいよ!」と激励していましたが、自身が80過ぎても、まだ「山恋し」の気持ちが捨てきれない思いで、あの時、もっと元気づける言葉が出せなかったかという思いがします。

◎最近、有志によってショート・コースの平日山行が計画実施されるようになり、その充実、継続が楽しみですね。

◎「山があるから登るんだ!」という名言?があるそうですが、「健康のため」とか、「歩くだけだから」とか、高齢者健康法、あるいは簡易余暇利用法として登られる人もあれば、「○○百名山」を何日とか、何ヶ月とかで踏破したことを嬉しそうに話される人がおられ、そんな人に「頂上に祀られていた祠」や途中の山道に咲いていただろう季節の花の事などをお聞きすると、「えっ、そんな物がありましたか?」という返事が戻ってきたり、いきなり高い山や十分な装備を持たずに登って、疲労凍死、滑落事故を起こして命を落としたり、怪我をしたり、救急ヘリの出動を受けたりして、マスコミの話題提者にならないように謙虚な山登りを心掛けたいですね(O)