広島ハイキングクラブ 伝言板
トップページ 例会案内 山行計画 山行写真 山行記録 伝言板 入会案内 例会申込 山小屋案内 その他リンク


 04・05月の伝言板

◎奥穂高岳例会(9月23〜25日)参加予定の方への御連絡

1.京都発「上高地直行深夜バス」、涸沢小屋、岳沢小屋、上高地〜新大阪直行バス」の予約申込締切の関係もあり、参加申込みを4月10日に締め切ります。
2.第1回の打合せ会を4月21日18:50より、幟町会館にて運営委員会前に開きますので、参加予定の方は御出席下さい。(当日ご都合の悪い方は、予め例会担当者まで連絡して下さい。)
3.4月17日実施の白木山例会の下山途中で、簡単な岩稜帯トラバースのセルフレスキュー(自己確保)訓練を実施しますので、下記道具が準備出来る方は、下記の用具を持参して下さい。
  @シュリンゲ=120cm、60p 各1本、Aカラビナ=ロック付1個、ロック無し2個
4.穂高岳例会参加者訓練を下記の日程で実施しますので、参加予定の方は極力参加して下さい。
 ・4月17日(日)白木山縦走登山(簡単なセルフレスキューを含む)=雨天決行
 ・5月22日(日)金ヶ灯籠山〜原山〜鉾取山〜瀬野駅(9〜10時間歩行訓練) =雨天決行
 ・6月12日(日)烏帽子岩山(アイゼン尾根岩稜帯登高・下降訓練) =雨天中止(別日程実施)
 ・7月30日(日)セルフレスキュー訓練=雨天中止(別日程実施)
 ・日時に変更のある場合には、各実施日の2週間前に連絡致します。(例会担当=渡邉忠純)

◎クラブ例会は基本的には「雨天決行」です。

去る3月6日に実施した本年度第1回の「武田山〜火山」例会は、前日までの雨天予報のため、元会員さんの一名参加以外は一般参加者はおられませんでしたが、行動中は陽射しもあり、風穏やかな山行になり、 一部の会員の方から、例会前の木曜日に中国新聞の「例会案内」に雨天中止と掲載されたいたので参加を中止して残念だったと、後日連絡をいただきました。
確かに、新聞掲載などでは「雨天中止」で会員外の参加を避けるようにしますが、例会としては強風、大雨、降雪などの注意報、警報が発表されない限りは、トレーニングを兼ねて雨天決行で実施し、何らかの原因でクラブとして例会を中止する時には、例会担当者または運営委員で分担して、例会中止を参加予定した人たちに御連絡しますが、判断のつかない時には担当者に連絡するように御協力下さい。(八津川)

                      ☆

◎新入会員紹介=氏名・住所・血液型・経験・趣味(敬称略・掲載50音順)


                      ☆

○例会計画書や山行記録の原稿をパソコン入力で作成された方は、Email:hiozekiki@ybb.ne.jpまで添付送信するか、手書きの場合は大関(〒733−0034 広島市西区南観音町8-43)まで送って下さるよう御願い致します。
                      ☆

○例会の写真をHPに掲載される方は、例会名、氏名を添え、k.ishi@abelia.ocn.ne.jpあて送信して下さい。
ファイル形式=jpg。画像はなるべく小さめに・・・(画像のサイズダウン方法=http://cashari.net/use/mail.htm参照。詳細オプションの表示(P)、イメージのサイズ 中(800×600)Mを選択)



編 集 後 記

◎3月6日実施の「武田山例会」は前日までの雨天予報のため、中国新聞で案内した一般参加者は1名もなく、会員の中でも自主判断で参加中止をされ方もあり、10年前に転勤で仙台、神戸と移動された元会員さんが今年から広島へ帰任され、取りあえず一般扱いで参加され人を加えて、当日の参加者36名。
少し寂しかったけど、恒例のワイン乾杯は例年よりお代わりができましたが、やはり成るべく多くのメンバーで乾杯したかったですね! 「嘘つけ、呑み助め」という声も聞こえそうですが・・・。
◎9月23〜25日実施予定の奥穂高岳例会のための事前トレーニング山行が何回か計画されていますが、かつて 我がクラブの平均年齢が若かった頃は、年末年始、3月、5月連休のアルプス雪山、夏、秋のテント泊縦走が、毎年の年間計画の中に組み込まれて、そのほかの例会はすべて遠出例会のためのトレーニングとして取り組んだこともあり、今回のトレーニング例会の成果を大いに期待したいですね。(O)