広島ハイキングクラブ 伝言板
トップページ 例会案内 山行計画 山行写真 山行記録 伝言板 入会案内 例会申込 その他リンク


 08月号の伝言板


◎ 恒例・納涼パーティを楽しみましょう。(再掲載)
昨年から復活しました納涼パーティの日程、場所が確定しましたので、多数参加を期待しています。
日 時:8月19日(土)17時から2時間
場 所:「さかなや道場・広島北口店」(JR広島駅新幹線側・ホテルグランヴィア広島地下1階)
会 費:2,000円(メニューについては現在交渉中で、超過分はクラブで補填する予定です。) 
*参加申込みは、今月の会報同封の葉書で御願いする予定です。       (代 表)   

◎ 雲の平例会の往き返りの行程が決まりました。
往きの行程 8月26日(土)  8時23分広島駅発     のぞみ122           9時48分新大阪駅着
                 10時16分新大阪駅発   特急サンダーバード15号   12時56分金沢駅着
                 13時28分金沢駅発    新幹線つるぎ712号     13時51分富山駅着
帰りの行程 8月30日(水)  11時32分高山駅発    ワイドビューひだ8号      14時02分名古屋駅着
                 14時13分名古屋駅発   のぞみ33号           16時26分広島駅着


                      ☆

◎新入会員紹介=氏名・住所・血液型・経験・趣味(敬称略・掲載50音順)
○城山 知子=広島市南区仁保 ・A型・ハイキング程度・ 特になし
○倉員 幸嗣=大竹市新町・B型・再入会・卓球
                      ☆

○例会計画書や山行記録の原稿をパソコン入力で作成された方は、Email:hiozekiki@gmail.comまで添付送信するか、手書きの場合は大関(〒733−0034 広島市西区南観音町8-43)まで送って下さるよう御願い致します。

                      ☆

○例会の写真をHPに掲載される方は、例会名、氏名を添え、k.ishi@abelia.ocn.ne.jpあて送信して下さい。
ファイル形式=jpg。画像はなるべく小さめに・・・(画像のサイズダウン方法=http://cashari.net/use/mail.htm参照。詳細オプションの表示(P)、イメージのサイズ 中(800×600)Mを選択)



編 集 後 記

◎ 昨年4月に発生した九州中部の熊本県地震もほぼ鎮静し、復旧活動が進み出したと思ったら、今度は先月から背振山から久住〜由布岳へつながる山地の北側の筑後川流域の多発的集中豪雨で周辺の土砂崩れが原因となる雨水氾濫、流木の停滞などで大きな被害が発生し、現地が盆地状高原のため水はけが悪く、復旧には相当な期間とエネルギーが要求されると思うと、同じような被害を受けながらも、河川の高度差が高く、比較的、水はけの良い中国地方の瀬戸内に住む我々としては、本当にお気の毒の思いですね。
◎只、水はけの良いということは「水不足」という現象が生じ、そのために中国、四国の河川周辺に、歴史的に古くから「ため池」が作られており、我々が登る山道の途中で灌漑用・生活用水ダムや貯水池を見かける事が多々あり、これは日照涸水防止の知恵として、先人の歴史的遺産と言えるのでしょう。
◎もっとも最近は、近代的なダムの出現により、従来の「ため池」が等閑視され、そのためか管理不足となった「ため池」から溢れた水により、周辺の農地や住宅地に水害を及ぼしたり、林業の衰退により間伐〜伐採出荷期を忘れられた植林樹木が、山間部への集中豪雨などに会うと、岩の間に根を張った自生樹木に比べると脆くも倒木流失という現象を起こし、それが山間部河川への流木という自然出荷?となっているとしたら、集中豪雨自体は自然災害かも知れませんが、河川氾濫、流木停滞は人災なのかも知れませんね。
 (もっとも、多発的集中豪雨も地球的公害の影響らしいですが?)
◎そんな事を考えると、山を登りながら周囲の景観を見る時、「この山は安全かな?」と思ったりしますが、それも安全登山のための心構えかも知れませんね。(0)