広島ハイキングクラブ 伝言板
トップページ 例会案内 山行計画 山行写真 山行記録 伝言板 入会案内 例会申込 その他リンク


 12月号の伝言板


◎例会中の無線連絡は確実に

去る11月12日に実施した「宮島紅葉例会」は例年の一般参加者が無く、会員だけ37名の参加者で実施しましたが、当日の好天と紅葉真っ盛りの宮島で参詣、観光、登山と沢山の人出で、そのためかグループ全体のペースが揃わず、頂上での全体集合時間に遅れるパーティが出、そのパーティへトランシーバーで現在地確認の連絡を取ったのですが、そのパーティのトランシーバーがオープンになっていなかったため、一時、グループ全体の行動に支障を来たしました。
我がHHCの例会では、参加人数に合わせて、1グループ7〜8人でパーティ編成にし、行動中に必要に応じチーフリーダーと各パーティリーダー、あるいはパーティ間での現在地確認やとトラブル発生時にトランシ―バーで緊急連絡に対応することにしていますので、各パーティのトランシーバーとも行動中は必ずオープンにして置く必要があります。
時折り、マスコミ情報などでの遭難記事に、携帯電話などの緊急連絡で無事救出されたり、そうでなかったりしたニュースが報道されることもあり、そのためにもトランシーバーや携帯電話の活用が、「安全登山」のため必要不可欠で、これが我がクラブで早くからトランシーバーを共同装備としている所以で、このことを十分認識して、今後のトランシーバーを大いに活用しようではありませんか。
@スタート時点で、各パーティのトランシーバーをオープンにして、その時点で、CLまたは担当者やパーティ間の交信に異常がないかどうかを確認する事。
A行動中にもパーティとして休憩をしたり、参加者の中で体調不良が出た時には、その旨をトランシーバーで状況報告をし、必要に応じてグループ全体の計画変更を協議、安全な登下山を完遂しましょう。(代 表)


                      ☆

◎新入会員紹介=氏名・住所・血液型・経験・趣味(敬称略・掲載50音順)

                      ☆

○例会計画書や山行記録の原稿をパソコン入力で作成された方は、Email:hiozekiki@gmail.comまで添付送信するか、手書きの場合は大関(〒733−0034 広島市西区南観音町8-43)まで送って下さるよう御願い致します。

                      ☆

○例会の写真をHPに掲載される方は、例会名、氏名を添え、k.ishi@abelia.ocn.ne.jpあて送信して下さい。
ファイル形式=jpg。画像はなるべく小さめに・・・(画像のサイズダウン方法=http://cashari.net/use/mail.htm参照。詳細オプションの表示(P)、イメージのサイズ 中(800×600)Mを選択)



編 集 後 記

◎会報が今月号で500号。第1号から数えると43年の年月になりますが、初期の会報は会員の手書きで「青焼きコピー」だったり、一時期、会員が200名を越した時には印刷店に外注したこともありましたが、最近は原稿整理もパソコン処理ができ、プリントも「まちプラザ」のような公共施設を利用でき、会報発送もメール利用で送受信できるなど便利になりましたが、基本は有志会員による手作業による会報制作発送である事も忘れてならない事と思います。更に有志の御協力を御願いしたいですね。
  ◎今月の会報は久しぶりに「例会記録」の寄稿の無い号になるところでしたが、このことを察してか会報500号を記念されてか、I氏よりエッセイの寄稿がありましたので、これに便乗して、スペースの余白に少子の「老いの繰り言」を掲載しましたが、これを機会に会員の皆さんからの寄稿を大いに歓迎したですね。(O)