広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  入会案内  一般参加  山小屋案内

2014年04月13日 岡山・和気アルプス


和気アルプス縦走(Bコース) 山行記録
                              2014年4月13日(日)
天気は曇りがち。降らないことを祈りつつ、新幹線口を出発。
バスの中でおしゃべりをしているうちに、あっという間に和気に到着。
和気駅でAコースの人達と別れ、Bコースの私達は鵜飼谷温泉に向かう。
登山口まで20分弱歩く。登山口の案内が薄くなっており、ちょっと見逃しそうな感じ。
登り始めてすぐにミツバツツジに迎えられ、歓声を上げる。
ツツジのお迎えはここだけでなく、山を登る間中ずっと私達についてきてくれ、ツツジの花園登山という気がした。
ピンク色も濃淡あり、とてもきれいで大感激だった。
これほど見事なツツジに出会うことができ、本当に幸せだった。
花といっしょだったので、疲れも全く感じなかった。
ザイデングラードの岩場も、楽しく登ることができた。
私のザックがゆらゆらしていたのを気にして直してくださり、ありがたく思った。
天気も下山するまでもち、登山口に着いた途端、雨がポツポツ落ちてきた。
ミニアルプスの雰囲気を感じることができ、楽しい山行となった。
絶好の花の時期に計画を立ててくださった担当の難波さん、本当にありがとうございました。
             ☆
新幹線口(7:35)→和気IC(9:55)→和気駅(10:03)→鵜飼谷温泉(10:13〜10:30)
→登山口(10:48)→剣峰(11:40 )→神ノ上山(12:00〜12:35)→槍ケ峰(31:08)
→白岩山(13:15)→登山口着(13:40)
         (Bコース2班 記録 村 上)

 
  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

和気アルプス縦走 健脚コース 神ノ上山(370m) 山行記録・感想文

広島駅北口に集合して、広交観光バスで岡山県和気町に向けて出発した(7時35分、28名で)。
あいにく雨であったが、天気予報で岡山和気地区は雨が降らないということだったので、安心して出発した。
広島高速1号、広島東IC、山陽自動車道と進み、福山SAでトイレ休憩した(8時45分)
岡山県に入ると雨が止んできた。
車窓からの風景が、広島県とは異なり、濃いピンク色が非常にきれいであった。
それとビニールハウスが多くなった。
岡山県は桃とマスカットの果物が有名で、それらの生産のためだそうである。
和気ICで高速道を降り、すぐにJR和気駅に到着した。
ここで一般コースを登山する人(10名)が、バスを降りた(10時20分)。
和気の町には、非常にたくさんの老年期の低山があり、また和気清麻呂を生んだ古い町でもあり、まるで水墨画の世界に来たような感じがした。
鵜飼谷温泉でバスを降りて、ストレッチ体操を行い出発した(10時30分)。
最初の20分間、県道を歩き、その後登山道(ザイデングラードコース経由神ノ上山まで)へ入った。最初は平坦で登りもゆるく、ピンク色のツツジ(ミツバツツジ)の綺麗さに感動しながら進んだ。約20分で小さな沢を渡った。ここで、東から北方向に向きを変え、ザイテングラードの登りにかかった。最初はシダの茂る急登で、シダが終わると岩場の登りになった(合計約30分間)。 出てきた所が急傾斜の岩場で(11時30分)、今日の行程で最もスリルがあり緊張した。
最初は縦の岩(カニのタテバイ)で、配置されたクサリにぶら下がらないと登れなかった。
斜度30°だそうだ。次は、急な岩を横に進むカニのヨコバイであった。
(ザイテングラードとは、山頂から横に張り出す岩尾根という意味で穂高山にあるものが有名だそうだ。あちらは2時間かかるが、こちらは50分間と小さい。)
  その後、山稜から山道にもどり5分間で剣峰(330m)に登った(11時45分)。
南側が開け、奥ノ峰、槍ヶ峰、和気富士、吉井川、山陽自動車道など良好な景色を見る事が出来た。
最初はここで昼食を取る予定であったが、もう少し進もうという事で 和気アルプス最高峰の神ノ上山(370.3m)まで進んだ(12時05分に到着)。
ここで食事をした。
他に二つの岡山の山登りの団体があった。食後に全員で記念撮影を行い、12時35分に出発した。
ここから鵜飼谷温泉まで帰りのコースは、鵜飼谷北陵コース(縦走路)と言われている。
最初は、緩やかなコースで、満開のツツジの花の下を進んだ。
途中から槍ヶ峰の山容を見ながら登って行く。
最後に急坂の岩場を登り、槍ヶ峰に到着した(13時05分)。
頂上は狭い岩場で、全員の滞在は出来ないくらいであった。
眺めは良く、登りに通ったザイテングラードもよく見えたし、一般コースの人達が登っている穂高山を中心とした連山もよく見えた。
次に槍ヶ峰から岩尾根を慎重に下り、白岩山の頂上に着いた(13時15分)に着いた。
そこから尾根を一気に高度を落とした。
何ヵ所かの急な下りの岩場があり、傾斜の強い一枚岩もあり滑らないように注意して、やがて下にテニスコートが近づき、山歩きは終わり車道を鵜飼谷温泉に戻った(13時50分)。
ここで一般、健脚コースともに入浴し、15時50分バスに乗って温泉を後にした。
広島には18時30分頃到着した。広島は相変わらず雨が降っていた。
(Bコース1班 橋本幹夫)


  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


              和気アルプスAコース
2014年4月13日
天気予報広島雨、岡山曇り07:35新幹線口広交バス出発、小雨・・・・・・
車窓は新緑の中残り桜、満開つつじ、少々のタムシバ、途中福山SAで休憩
岡山に入ると桃花満開、10:02JR和気駅到着Aコース10名下車
Bコースの登山安全を祈り(多分)バスを見送り和気富士登山口へ10分位で着
準備体操をして10:30最上稲荷の赤い鳥居をくぐり登山開始
神社の横を通り咲き誇るつつじのトンネルを抜けると10:40和気富士頂上に到着
ここは明石氏の開いた北曽根城跡だが遺構はみあたらない
住吉さんの新しい祠と通信施設あり、小休憩をして出発
尾根道が続き眼下には和気の街、吉井川がきれいにみえる。
烏帽子岩を経て11:10観音山着
斜面にレンガ造りのカマド多数あり、炭が入っているので焼肉?と思ったが和文字焼きに使うもの(下から見ると和の文字がわかる)
岩山、前の峰と通過、登山道は低木で夏は暑いのでは
又この山は山菜はないようです。
コシアブラ2本見ただけ、タラ、ワラビは見えない。
12:00穂高山着 前方より、玉野からの御一行様40余名とすれ違う服装カラフルここは展望がよい
周りの山を見きれい渡せばつつじが全山均一に分布してきれい
12:07涸沢峰着 昼食、日蔭はないが曇りで丁度良い
12:50下山に向けて出発景色を見ながら アップ、ダウン竜王山を通り13:23獣よけの扉を開けて舗装道路へ無事下山。
心配した雨も降らなくベスト
5分位歩くと箒目正しく掃き清められた由加神社の境内に着
足跡を付けるのが憚られる
ここよりバスで和気鵜飼温泉へ入浴料600円
泉質はヌメリ感のあるアルカリ単純泉PH9.5の美人湯
ちなみに美又温泉でPH9.8です 湯上りに缶ビール(R310円)
13:53帰路へ、途中福山SAで小休憩17:53広島駅新幹線口へ無事到着
外はまだ小雨です
                            (小山光義 記)


広島ハイキングクラブ
TEL: 082-247-4120 FAX: 082-247-4120
〒730-0036 広島市中区袋町2-10(長谷川ビル204号)