広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  入会案内  一般参加  山小屋案内

2014年04月27日 船通山


船 通 山 例会記録

2014年4月27日(日)晴れ/参加者 24名
鳥上滝コースの登山口でストレッチ後、10時50分ごろ歩き始める。
最初、渓流沿いの石畳の道を歩き、30分ほどで鳥上滝に到着する。
滝の横に付けられた階段を上がり、少し歩くと道は沢を離れて斜面を登り、水場に着く。
丸太の階段道をしばらく行くと、ピークにでる。ほとんど平坦になった道にはたくさんのカタクリの花が、ビニールテープで仕切られ、保護されている。
道はやがて板の歩道になり、亀石谷コースと合流する。
  最後の急な丸太の階段を上がると、船通山山頂に12時23分ごろ到着。
山頂にもたくさんのカタクリの花が咲いている。また「天叢雲剣出顕之地」の石碑と祠がある。
山頂から少し下った所にある天然記念物の樹齢2000年のイチイの古木を見に行く(13時ごろ)。
  下山は亀石谷コースを降りる。分岐から亀石谷コースに入るとすぐに広場があり、傍らにブナの巨木がある。山の斜面を大きなつづら折りを繰り返し、水平道に出る。
水平道が途切れると、急な濡れた道を下る。滑って転ばないように注意して進み、傾斜が緩くなり植林帯に入る。14時18分ごろ亀石谷コースの登山口に出る。
  担当の八津川さん、一緒に登った皆さん、楽しい時間をありがとうございました。
(C班 記録 瀬戸島)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

船 通 山(島根県奥出雲)1142.5m 山行記録 
一週間前の天気予報は50%雨の予定でしたが、本日は晴天なり!
7:35分 広島島駅北口を若干遅れ、広交バスの女性ドライバーの安全運転にて出発する。
参加者24名一路清風新都〜三次〜松江道経由、高野道の駅にてトイレ休憩。
車窓より新緑を楽しみながら高野過ぎれば、新緑はまだであった。
わくわくプールで最終トイレ休憩し、谷あいの細い道をバスはぎりぎりで奥へと進んで、途中の広場で下車してバスとお別れし、歩いて鳥上滝コースの駐車場に到着し、準備体操、新入会員の女性2名の紹介をして10:50分出発する。
  渓流沿いの石畳道を進む。この沢は斐伊川の源流でもあり、途中より沢沿いに春の山野草が咲き、皆さんに花の名を伺ったり、写真を撮ったり、楽しく、忙しく、登って行きました。
小生も、ひとつミヤマカタバミをおぼえる。鳥上滝を11:25分通過して小休憩し、沢より分かれて尾根道を進む。
途中、残雪を見ながら頂上手前よりカタクリの花がチラホラと咲きほころび、船通山の山頂に到着。感激の声!カタクリの花が一面に咲いておりました。
頂上は、登山者でいっぱいであった。12:20分着。
頂上にはヤマタノオロチ伝説のスサノウノミコトの「ムラクモノツルギ」を型取った碑があり、遠くには、うっすらと大山を何とか見ることが出来ました。
晴天の下で昼食をすませ、集合写真を撮り13:00出発する。
下山道も残雪があり、まだ芽の出てないブナ林をぬけると、山桜の花があちこちに咲き、山野草の花も咲くなかを足どりも軽く、亀石コースを進む沢と合流し、美肌の湯の斐乃上温泉を目指してドンドン下山する。小生は、新入会員の二人と最後に遅れて、担当の八津川様にはご迷惑をかけ、ぎりぎりに温泉に飛込む、本当に肌がつるつるでした、15:15分着。
斐乃上温泉15:35分出発。途中、仁多町三成駅にて食料ドリンク購入タイムをして、高野道の駅にて休憩する。
帰路のバス車中にて八津川さんより今後の予定の紹介あり、車中ではお休みする者や、いろいろな話題の話しをしながら一路広島へ。
途中下車は県庁横と広島駅、私は県庁横にて18:40分頃下車して帰る。
本当に今回の山行は雨の予定が晴天に恵まれ、山野草の花とカタクリの花で、皆様大変楽しく大喜びでありました。
山行担当の八津川様及び関係者様有難うございました。感謝します!!合掌!
                                  (B班記録係/瀬田 但)


広島ハイキングクラブ
TEL: 082-247-4120 FAX: 082-247-4120
〒730-0036 広島市中区袋町2-10(長谷川ビル204号)