広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  入会案内  一般参加  山小屋案内

2014年09月21日 呉娑々宇山


水谷峡 呉娑々宇山  山行記録
                                2014年9月21日(日)
秋晴れのとても気持ちのよい日。
2回目の呉娑々宇山。
前回とはコースが違うので期待して参加した。
9:10   随木屋橋バス停着。
彼岸花に秋を感じつつ登山口まで歩く。
9:40〜9:55  水谷峡登山口で2代目体操のおにいさん(勝手に命名)によるストレッチ
10:10〜10:15  水車の音が賑やかな敬老広場で軽い休憩 
10:15〜10:35  大正滝、観音滝、洗心滝、ビックリ岩、男岳など見どころ満載で楽しみなが登っていく。
10:45  大きな岩に彫られた大日如来様に驚く。
安全に登っていけるようにお願いする。
ここから登りが急になる。
11:00  愛と平和のけやきという場所で休憩。
各ポイントにいろいろおもしろい名前がつけてあり楽しい。
11:25〜11:30  バクチ岩でほっと一息つく。
広島の町が眼下に見下ろせ気持ちよい。
はるかかなたに見える山の名前のことで盛り上がる。
11:50〜13:00  山頂着。
のんびり昼食と休憩をとることができたが、目の前に安佐南区八木の被害の様子が見え、心が痛む。
記念写真をとり下山。
14:15  ふもとに下りて解散。
今回のコースは見どころがたくさんあり、天気にも恵まれ楽しい山行となった。
時々吹く風がとても気持ちよく、絶好の山日和であった。
担当の榎本さん、お世話になりました。
                                  (B班 記録 村 上)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

水谷峡 呉娑々宇山  山行記録(その2)
日 時:  2014年9月21日(日)晴れ時々曇り
集 合:  芸陽バス・随木屋橋バス停・午前9時10分
参 加:  男性 12名 女性 12名 合計 24名
行 程:随木屋橋バス停(9:10)水谷狭登山口(9:40〜9:55)観音滝(10:15)洗心滝(10:35)
大日如来石仏(10:45)稜線到着 (11:15)バクチ岩(11:25)呉娑々宇山(11:50〜13:00)
ささらヶ池入口(13:30)馬木下山口(14:15)登石バス停(14:30)
                    ☆
広島バスセンター8:25スタ−トの芸陽バスに8:57の定刻位で、海田市駅にて乗車すると、多くの席がHHCのメンバ−で占められている。
登山口まで公共のバス利用は、若い頃は当たり前の事だったけど、クラブに入ってからは初めてのことだ。
こんな事でも時の流れを感じてしまう。
天候も少しずつ秋らしくなって気分よく歩けそう。
登山口で体操をして、さあ、出発。
水谷狭は変化のある滝も多く、整備された美しい峡谷だが狭いので、大雨でも降るとどんな事になるかと想像させられ、8月の中止は仕方なかったと思った。
稜線に上がるまでは汗もかいたが、適度な休憩もあり、皆さん元気いっぱいのようだ。
大日如来石仏やバクチ岩からの大展望にエネルギーを貰って、予定より早く呉娑々宇山頂上に到着する。
ここでゆっくりとした食事休憩、前方に土砂崩れの跡が見えていたので、8月20日の大雨災害の事などが話題に上っていた。
出発前には次回山行の説明とともに、この夏槍ヶ岳で亡くなられた、山仲間Aさんの為黙とうが行われた。
下りは森林公園の中を辿るのかと勘違いしたが、初めてのコ−スで興味深かった。
身近な里山の景色が広がっており目を楽しませてくれたが、どこも同じような松枯れやごみの廃棄など荒れた状態も目につき考えさせられた1か月前比婆山で3匹の蝮と格闘したので心積もりしていましたが、何事もなくてよかったです。
担当の榎本さんご苦労様でした。
また、リーダ−・サブリ−ダ−を初め皆さん有難う御座いました。
おかげで楽しい一日を過ごすことができました。
                         (A班.記録 天 畠)


広島ハイキングクラブ
TEL: 082-247-4120 FAX: 082-247-4120
〒730-0036 広島市中区袋町2-10(長谷川ビル204号)