広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  入会案内  一般参加  山小屋案内

2014年10月19日 可部連山


可 部 連 山 縦 走 山行記録
                              2014年10月19日(日)
今年は雨が多く、登山記録の少ない私にとって、無事登山できるかな?
雨は?と不安を抱えながら迎えた登山日、晴天ひとまずホッ!
 8:30 広島駅北口に集合し、可部駅にて乗車の3人、合計25名にて出発。
 8:50 南原峡駐車場でストレッチ後、出発。
紅葉はこれからというものの、渓流や滝の流れ落ちる音を聴きながら進む。
9:00 南原峡登山口
    “ここからですよ”という言葉通り、まず階段。
いつもながら、階段はきつい。
    そして登りきると急登になり、ただ前を見て登る。
9:40 休憩
9:50 ここでA班とB班に分かれ、B班はゆっくり休憩を取りながら進むことになる。
10:20〜25 小休止
10:35 堂床山山頂到着(859.6m)
10:45 急登はここまで。
これからはなだらかな縦走ですよと言われて、ホッとする。
    西冠山に向けて出発。
10:45 西冠山到着
13:10 山頂では山並みが一望でき、A班は向こうの山を回るんだと話しながら、食事をとる。
    そのA班と合流したのには、びっくり!
途中、道しるべが台風でずれたらしく、A班も悩んだが道を間違えたとのこと。
    A班は食事をしたが、行動食も取れず気の毒。
    A班は予定通り縦走するには気力も時間もないため、多分このまま食事をし、下山するとのこと。
 A班を残し、B班下山開始。
13:50 しるべ石  可部町と可部峠分岐点。
14:10 車道到着。
    途中、しるべ石からA班(1班)に体調を崩された方あり、1班と2班の距離があく。
車道に出たとき、女性はトイレ休憩を取りたいので、先に出発。
男性は、後続を待つことになる。
車道を歩き始め、あまりの距離に不安を覚えたものの、連絡方法もなく、やはり行動は一緒にしないといけないと反省した。
14:40 南原峡駐車場到着。
                        (小田 蔦枝)

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

可部連山縦走山行記録
期 日:  平成26年10月19日(日)  天候  晴れ
集 合:  JR 広島駅新幹線口  シェラトンホテル前  午前7時30分
参 加:  Aコース 男性6名 女性7名 Bコース 男性7名 女性6名 合計26名
行 程:  Aコース
南原峡駐車場(8:30〜8:50)
堂床山登山口(9:00)
堂床山頂上(10:20)
西冠山頂上(11:45)
ルート間違いに気付き引き返す(12:05)
西冠山頂上(12:45)
可部冠山頂上(13:00〜13:40)
可部峠(13:50)しるべ石(14:15)
下山口(14:30)
南原峡駐車場(15:00〜15:15)
JR広島駅新幹線口(16:10)
今日は堂床山から可部冠山を経て、備前坊山への縦走登山の予定である。
日も短くなり時間を意識した、ハードな行程となりそうで不安もあったが、小春日和の陽気で天候は申し分なく、加賀津の滝を見ながら元気に出発する。
整備の行き届いた気持ちの良いコースではあったが、堂床山の稜線までは汗をかきながら登った。
稜線上からは明神ダム湖や中国自動車道も目に入り、紅葉には早かったが秋山の景色と併せて楽しんだ。
もう、可部冠山頂も近い筈と思い、また、標識を目にしながら、どうしたことか、西冠山から南原峡へのコースに入り込んでいた。
気楽に後をついてゆく身には注意が足りなかった事を反省する。
次の標識で気付き引き返したが、一般Bコースのメンバーに後れを取る事になり、可部冠山頂上で合流した。
メンバーからは笑われたが、この時点でコース短縮が決まり、Bコースと同ルートということになった。
気楽になったのでゆっくりとした休憩をとり、秋の気分を存分に吸い込んで下山した。
時間が気になり備前坊山へのコースに不安が増していただけに、短縮で安堵したのは私一人ではなかったかも。
気の持ちようで見る感じも違うのか、帰りの川沿いの道は明るくのどかで楽しめた。
担当の難波さん本当にお疲れ様でした。
次回は登れなかったコースで再度お願いします。
幸いな事に笑えるハプニングでしたが、それはそれで秋を存分に味わえた楽しい一日でした。
有難うございました。
                             (Aコース 2班.記録  天 畠)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


可部連山縦走 Aコース記録  長岡 千種
2014年10月19日 (日)
Aコース、Bコースに分かれて可部連山を歩く。
Aは、健脚コースで、堂床〜西冠〜可部冠〜小掛山〜備前坊山
Bは、一般コースで、堂床〜西冠〜可部冠を縦走する。
天気:晴天  参加者:A13名・B12名。
私はAコース1班。
今日はバスが新幹線口ターミナルへの乗り入れができないとのことで事前に担当の難波さんより、集合場所変更のメールが入る。
7:30にシェラトンホテル前のバス停に集合、連絡の後バスが来る。
途中可部駅で2名乗車。
1時間で南原峡駐車場に到着。
路線バスで来るより、かなりの距離を奥まで入った。
ここでトイレと準備体操を済ませ、班ごとに、いざ出発。

トイレ横のゲートより、登山口。
加賀津の滝まで、川の流れを右に見ながら舗装路を歩く。
渡渉して少し休憩。
滝は右手に遠くから見るだけ。
石段を登り、右に迂回してから、尾根に取り付く。
最初だけ、岩が混じっていたが、歩きやすい土道になる。
西にまっすぐ伸びたこの尾根は急登が続く。
汗だく。
右折看板で急登が終わり、水平道を北に数分で、左にV字ターン。
ヒノキの植林の中を登る。
堂床山山頂には、一等三角点があった。
三角点の周りは広いが、展望はない。
Bコースのメンバーはまだ揃わないが、Aコースは一足先に堂床山を出発。
いきなりの急降下で西冠山・冠山に向かう。
尾根道の木々の合間から右手に青い水面の明神ダムが見える。
左手に見えるのは千代田の集落だろうか? 木漏れ日の中の道をアップダウンを繰り返して進む。
堂床山⇔冠山の道標が現れた。
左手に下る道は南原峡への道と思い、道標を左に見送ってまっすぐ進んだ。
やがて道は樹林の中を下り始める。
植林の道に替わってもまだ下る。
先頭の足が止まった。
道を間違えたらしい。
道標がある。
まっすぐ行けば南原峡、右折すれば明神ダム、下って来た方角(後ろ)が冠山。
どこで間違えた??納得のいかぬまま下りてきた道を上り返す。

堂床山⇔冠山の道標までのぼり返してきた。
どうもこの道標で間違ったようだ。
道標の前でワイワイ。
これは間違える。
これがあるから間違える。
道標が無ければ、三叉路で地図を出して考える。
冠山はどっち?と。
上り返しで息があがった人がいるので長めに休憩。
頂いた黒豆(枝豆)が美味しかった。
余裕があるのでウロウロしていると、小さな幹に西冠山721の表示があった。
これは気付かない。

さて、気を取り直してBチームの待つ(先に行ったと思ってるので待ってはいない)冠山頂上へ。
Bチームは、お昼を終えてまったりちゅう。
(先に行ってるはずのAチームは1時間のロスタイム) サプライズが終わったところで、AチームBチーム一緒に集合写真を撮る。
Aチームはもう下山の準備にかかる。
Bチームは話し合いの結果、Aチームと同じルートを帰ることになった。
時間の余裕が出来たので30分の休憩タイム。
青空をバックに写真を撮る。
ムスビを食べ、ポットに入れてきたコーヒーを飲む。
手作りお菓子も頂いた。

帰りは可部峠から先には進まず、右折して南原峡をめざす。


広島ハイキングクラブ
TEL: 082-247-4120 FAX: 082-247-4120
〒730-0036 広島市中区袋町2-10(長谷川ビル204号)