広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  入会案内  一般参加  山小屋案内

2015年02月08日 休山縦走


       呉・休 山〜三 津 峰 山 
                         2015年2月8日(日)
呉 駅(9;10)−堺川公園(9;55)−休山頂上(11;10)〜出発(11;45)−日佐護山―三津峰山―音戸みはらし荘(14;10)

堺川公園から見える休山(497m)に向かって、山の手へと歩き始める。
陽に照らされ、階段状に並ぶ家々を横に見ながら、しばらく車道を歩いて行く。
登山道に入り、落ち葉を踏みしめ、木々の間からのこぼれ陽を受けながら・・・・。
所々車道に出て、また登山道に入るを繰り返して、休山に着いた。
大きな3本の鉄の塔がある。
穏やかな瀬戸内の風景、呉港も見える。
予定より20分早く着くが、寒いので早めの昼食を摂る。
途中から風が強まり、少し雪もちらつく。
寒い、寒い! 写真を撮り、すぐの出発。
日佐護山への道の陽当たりの良い斜面に梅林があり、その中の一本にピンクの花と蕾が沢山ついている。
心和む一瞬だ。
今日の天気は歩くと少し汗ばむが、休憩をとると風が強くなる気がする。
へそまがりな天気だ。
山にアップダウンはあるが、至る所で遠くの山や瀬戸内の島々、呉の山並みや広島市内も望める。
いい眺めだ。
 三津峰山からの下山道は途中から車道を歩き、高烏台公園から音戸みはらし荘へ着いた。
予定より50分も早い。
第二音戸大橋もすぐ近くに見え、新旧の橋や音戸の瀬戸の風景も素晴らしい。
風が強い。
小雪もちらつく。
 今日は寒いためか、ピッチの速い山行だったが、無事そろって下山。
皆様、お疲れ様でした。
 担当の二井谷さん、ありがとうございました。                  (今 井)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

       休  山  例  会

今日は沢山の欠席者がある。
私の班は4名で、集合も点呼も早い。
  呉駅から少し歩き、堺川公園でストレッチし、休山へ向かいます。
  何度も来ているのに、初めての道のようです。
清水ヶ丘高校は見覚えがありました。
  源宗坊の近くから登山道に入りました。
急坂なので、衣服調整が必要でした。
  林道、山道の繰り返しで、休山に到着。
曇り空のため、四国や周りの山々は霞んでいます。
  早めのランチタイム。
粉雪と風が強く、手がかじかみ、はやばやと次の山を目指し、出発します。
  梅ノ木峠では、紅梅が咲きはじめています。
春はそこまで来ています。
  日佐護山は縦走路からはずれて、30m往復しました。
三津峰からは車道を30分?近く歩きました。
高烏(たかがらす)台(だい)公園経由、清盛公の像を見て、見はらし温泉で解散しました。
呉駅からはセトウチマリンビュー(広島までノンストップ)で、家路につきました。
晴れたり、曇ったり、みぞれが降ったりの中、20数名は元気に歩きました。
担当の仁井谷さん、お世話になりました。
同行の皆さま、有難うございました。(A班/梶 山)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

       休  山 (高齢化)

締切日の時点で参加者36名だったのが、当日27名に激減。
理由は怪我、体調不良、電車に乗り遅れとのこと。
例会担当者のつぶやき・・・「皆さん、高齢化のせいでしょうかねーー。
」 後半の幅広い林道に出た時、余計なこととは思いつつ、顔見知り程度の人に話しかける。
「ボツボツ例会担当せんとねえ〜?」 返事「うちゃーまだまだ初心者じゃけー、ムリムリ。」
続くセリフ、「ついて歩くんが楽でええんよ。
」微笑みだけを残して、いつの間にか目の前から消えていた。
成熟した大人の対応のできる人、好きですね〜お見事でした。
(笑) しかし、疲れを感じさせない足取りは、とても初心者には見えなかったな〜。
また一人、顔と名前を一緒にして覚えられました。
突然ですが、作家の曽野綾子さん“働きたくない者は食べていけない”という辛口の本、お勧めです。
タイトルだけで内容は想像できると思いますが……。 (ヨンロクおじさん)




広島ハイキングクラブ
TEL: 082-247-4120 FAX: 082-247-4120
〒730-0036 広島市中区袋町2-10(長谷川ビル204号)