広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  例会申込  一般参加  山小屋案内

2015年05月23~24日 六甲山


六甲山上に1泊し、1,000万ドルの夜景と六甲山全山縦走コースを歩く

           2015年5月23(土)~24日(日)
23日 JR新神戸駅(9:30)―布引の滝―市ケ原(10:50)―トェンティクロス―桜谷分岐
(12:30~13:30)―摩耶山(14:00~14:20)―六甲山YMCA泊(16:00)
  新神戸駅を一歩北側出口に集合。大きな案内看板を背景に点呼。
午後からの雨を心配しながら出発。近くの広場にて準備体操を十分に行う。
気温17度。標高49.34m。12名が2班に分かれて出発
9:40 布引の滝などいくつかの滝を経て布引貯水池に向けて出発。
新緑が煌めく渓谷に、早速、鳴子ユリが出迎えてくれた。
10:00 猿のかずら橋にて休憩。さすが神戸の憩いの参道。多くの老若男女が、カッコいい服装や
スタイルで、ハイキングを楽しみ、山道もよく整備されている。
10:45 川とクロスする山道の数を数えながら、トェンティクロスを経て森林植物園東門へ。
ベニバナウツギが観えた。
12:10 桜谷出会の川の岩上にて昼食。清らかな水が流れ下る、川のせせらぎと冷たさを感じる風に、疲れを癒すオゾンたっぷりの山の木の匂いを味わう。
13:30 摩耶山頂に到達。記念写真を撮り、神戸市域の展望を味わう。
頂上には、ロープウェイ終着駅、売店など観光施設が良く整備されている。
14:23 杣谷峠から市立自然の家前を三国池へ。中学生か少年たちが集団で歩いていた。
六甲山は山道と車道を交差させ、様々なハイキングを楽しめる。
15:22 丁字ケ辻を経て神戸YMCAに到着。様々な会社などの宿泊施設やホテルがある地域で、
YMCAの敷地内には、キャンプ場や散策コースなどゆったりとした中に設備が配置されていた。
18:00 各自夕食を配膳し、好みのワインなど酒類も美味しく頂いた。
さすが広島ハイキングクラブの六甲山ハイキングの旅です。
19:50 前会長の大関さんを囲み、談話し夜を楽しんだ。

24日 六甲山YMCA(9:00)─六甲記念碑台─六甲山(11:30~12:00)─風吹岩(14:00)
ロックガーデン─阪急芦屋川駅(15:20~15:30)⇒三宮駅⇒JR新神戸駅(15:55~16:00)
8:00 朝食後YMCA玄関前にて準備体操。昨日も雨降らず、極めて爽やかな六甲山の朝を迎えた。
9:00  出発後、記念碑台にて神戸市内を展望した。六甲山縦走コース建設の歴史を感じた。
10:00  六甲山ゴルフ場を経て六甲ガーデンテラスにて休憩。お土産を買いこむ。
11:10  何度も山道と車道をクロスし、最後に山頂稜線に六甲のシンボルである鉄塔が見えた。
山頂にて記念撮影。食事。
11:43  出発し、一軒茶屋にてトイレ休憩後、住吉・芦屋川へ向けて出発。
下る。下る。どんどん下って行きました。
12:48  雨ケ峠にてイノシシ発見。後から、六甲山の名物と知りました。
13:40  風吹岩にて休憩。良く晴れ、暑さを感じるほど。
14:15  カエル岩に到着。少し近道したかな。
15:00  阪急芦屋川駅着。駅までの高級住宅街を足軽く、下って散策しました。
15:46  JR三宮駅を経てJR新神戸駅にて解散。
JRの「おとなび」「ジパング」を活用した山旅を学びました。
担当の八津川会長お世話になりました。同行の皆様有難うございました。 (荒谷)

~~~~~~~~~~~~~~~~☆~~~~~~~~~~~~~~~~



№1596例会 六 甲 山 (931m) 縦走登山記録

この例会登山は、平成27年5月23〜24日に一泊しての、六甲山縦走登山として実施されました。
  参加者は女性3名、男性9名の12名がエントリーされていました。
  今回も、4月26日の「福田頭」の登山に引き続いての記録担当に指名されていました。
受付で戴いた参加者名簿を見て、驚きを覚えた次第です。
  この現実も、今後の参考にして頂きたいものですね。
  集合場所は、9時30分JR新幹線新神戸駅でした。
久しぶりの新幹線に乗車しての参加となりました。
  また前会長のOさんも参加されていましたが、ショートコースで行動され、宿泊所の「六甲山YMCA」にて合流とのことで別行動になり、9時25分のスタートとなりました。
  天候は晴れで、新神戸駅の裏手から、気持ちの良い登山のスタートで始まり、「布引の滝」の雄滝・雌滝などを見て、「布引貯水池」へと向かい、生田川に沿っての歩行が続きました。
途中には、度々尾根筋への登山路案内もあり、山頂へ短縮できるコースもありましたが、今回は迂回する形で河川沿いに「摩耶山」を目指しました。
  河川には大きな砂防堰堤が数か所あり、2年前の集中豪雨でかなりの崖崩れで大量の土砂の堆積が 見られるようでした。
また堰堤の構築によって、基部を超える度に、アップダウンを強いられることにもなりました。
  昼食は12時15分から河原の中の大きな石の上で摂ることになり、汗を乾かすに適した場所でした。
  当面の目的地「摩耶山」(掬星台702m)に入る前に、摩耶山の標高の元になっている三角点(標高698.6m)の場所へと向かいました、そして13時33分にタッチすることが出来ました。
  三角点設置位置には、大きく「摩耶山頂689.6m三等三角点」との表示標も設置されていました。
  「赤帽さん」は、いつも三角点にタッチするのを登山の第一の目標と考えているところがあります。
タッチの姿を写真に撮って戴きました。
  この摩耶山には、過去2回も来ているのですが、一度もタッチすることがありませんしたので、 喜びもひとしおです。
 さすがHHCの登山リーダーのお蔭様ですね。
そして絶景の夜景が楽しめる「掬星台702m」には、13時40分に到着出来ました。
  ここから展望は、面前に神戸市街地が広がっていて、夜景の眺めは最高とのことでしたが、本日は少し霞がかかっている状況でした。
でも海岸線の埋め立て区域の広がりなどは十分に視認することが出来、ここで記念の集合写真を観光のお客様に撮って戴きました。
ありがとうございました。
  この掬星台からは「六甲山全山縦走路」と表示のある路を、度々車道に出会いながら山道を延々と歩き、今夜のお宿を目指しました。
  そして15時23分には、今夜の宿泊所「六甲山YMCA」に到着しました。
  夕食は18時からとされ、受付前のフロワーで気付け薬となる冷たいお飲物を戴いて、17時からの入浴を待つという、余裕の帰着となりました。
夕食は、サンプルに従ってバイキングの品々を、各自それぞれのお皿に取り分けて頂くと言う、 初めての経験を味わいました。
  睡眠は、2段ベッド方式の2室と、10畳の和室1室に分かれてとなりました。
  明日の長距離の「六甲全山縦走路」歩きに備えて、早々の就寝としました。
   翌朝5月24日は、天気予報で雨の確率50%とあったにも関わらず、好天で全く雨の心配はいらないこう好条件に恵まれました。
 朝9時に準備体操を始めて、後半へのスタートです。
  本日は、スタート後9時24分に最初の「六甲記念碑台」に立ち寄り、これから目指す六甲山の 最高峰や海辺に張り出している神戸市街地などを確認したところです。
  これからも「六甲全山縦走路」を辿りながら最高峰へと向かいます。
途中には「神戸ゴルフ倶楽部」のゴルフ場を金網で囲まれた通路を通って横断し、「六甲ガーデンテラス」に向かい、10時3分「ガーデンテラス」にて、休憩を兼ね眺望を十分に楽しんだところです。
  ここからも縦走路を通って、「六甲山最高峰」には11時11分に到着しました。
  早速山頂表示の標柱をバックにして、登頂記念の写真を観光のお客さんに撮って戴きました。
 山頂広場で、眺望を楽しみながら「WMCA」で戴いた「おむすび弁当」です。
  この頃になると一層空の青さが濃くなり、絶好の登山日和となって来たところです。
食事を終え11時45分から下山を始め、山頂直下の「一軒茶屋」でトイレ休憩して、帰途へと下山を続けることになりました。
ロックガーデンの途中「雨ヶ峠」付近には、この地点に住付いた太った「イノシシ」がゆっくりと歩きまわって、食事をおねだりする姿がありました。
以前と比べて、少し年を取り過ぎた印象を受けましたね。
次に、展望の良い大きな岩場となっている「吹雪岩(標高447m)」に上がって景色を楽しみ、その後はひたすら阪急電車の「芦屋川駅」へと向かい、高級住宅地の芦屋地区を通過して、15時2分、駅に到着しました。
 O前会長さんは六甲山の最高峰を極めた後に、ショートコースで既に駅へ帰着されているとの報告もあり、全員無事に踏破を終えることが出来ました。
この登山の担当者を始め、関係者の皆さんのご配慮に感謝します。
有難うございました。
なお、この登山行程における撮影した写真を「赤帽さんのブログ」に、近日にアップしますので、閲覧して頂ければと思います。
よろしくお願いします。
    (B斑記録担当  帆足 孝信)