広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  例会申込  一般参加  山小屋案内

2015年08月09日 湯来冠山


今回は、路線バスを利用しての登山です。
8時45分にJR五日市駅南口に集合。
参加者の出欠を確認して、9時発の「湯来ロッジ」行きの広電バスに乗車。
杉並台団地を経由して、10時10分に終点湯来ロッジに到着。
ロッジ横の広場で入念なストレッチを行い、10時35分出発。
舗装された道をしばらく歩き、11時登山口に到着。
ここで衣服調整をして、いよいよ本格的な登山の開始です。
登山道はずっと登りが続き、道の両側には植林された、スギ、ヒノキの森が広がっていました。
間伐は適度に行われているようですが、除伐された樹は、「間伐材」として利用されることもなく、そのまま放置されており、今日の日本の林業の、問題点を垣間見た想いがしました。
12時、稜線分岐に到着。
少しなだらかな登りになりましたが、12時50分、頂上近くの急登にさしかかり、ロープに頼りながら、13時15分、やっとの思いで頂上に到着しました。
昼食の後、例会担当者の天畠さんの指導で、山行では珍しく合唱の練習をしました。
曲目は「おおプレネリ」。
男女に分かれて掛け合いで歌い、久しぶりのコーラスを楽しみました。
14時5分、記念撮影の後、登ってきた道と同じルートで下山開始。
30分ぐらい下山したところで、遠方から参加した人で、帰宅を急ぐ人5人が本隊と別れて急ぎ出発。
残ったメンバーは、急坂に転ばぬよう注意をしながら下山を続け、15時15分、再び祠のある広場に到着。
休憩をとった後、15時40分無事登山口に到着。
ロッジまで帰る間、少し夕立に見舞われましたが、16時丁度、湯来ロッジに帰着しました。
帰りのバスの出発時刻までは、1時間30分ぐらい時間があるので、新装なった湯来ロッジの温泉に浸かり、疲れた体を癒しました。
18時55分、無事五日市駅南口に到着。
全員事故なく本日の山行を終える事が出来ました。
今回、例会担当の天畠さんは、本日の山行のために二回も下見登山をされたとの由。
本当にご苦労様でした。
天畠さんに、感謝、感謝の一日でした。
   (A班記録係 和田 学)