広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  例会申込  一般参加  山小屋案内

2015年11月15日 宮島


宮 島 (集中・放射)例会報告

2015年11月15日(日)
弥山は、広島人なら一度は行った事のある山の代表格、今更説明する事など何も無い様な身近な 山ですが、秋の紅葉シーズンと言う事もあって、大勢の参加者による楽しい山行となりました。
一般的な弥山の登山ルートは、ご存じの様に紅葉谷コース、大聖院コース、大元コースの3つ。
今回のBコースは、このうち大元コースを登って紅葉谷コースで下山と思っていたのですが、  本来の大元コースは観光案内によると大元公園から登って駒ヶ林と焼山の間の鞍部に出るので、 同じ公園からのスタートでも前峠乗越に登った今回の山行は、正確には大元コースとは言わないの かもしれません。
朝9:00に宮島側の桟橋に集合。
一般参加と合わせると50人を超す山行。
2つに分かれたBコースでも40名近く、この人数が3班に分かれての出発となりました。
9:31 宮島桟橋出発 人通りの多い商店街を避けて登山口の大元公園に向かう。
10:01 大元公園着、準備体操後、10:07出発。
最初は沢沿いに登る。
道はシッカリしているものの、傾斜が急になるにつれて倒木が増える。
小休憩を2回。
途中、大雨で崩落しロープで応急処置しただけの山道を通過する。
11:10 尾根(前峠乗越「まえたおのっこし」)に出て、前峠山からの縦走ルートと合流。
この尾根を駒ヶ林側に進む。
この道は焼山の手前で、かなりの急傾斜となる。
11:38 焼山(やいたやま)に到着。
ここからの眺望は素晴らしく、岩の上から広島湾に浮かぶ島々、 湾を囲む山々を眺めながら小休憩。
12:00 焼山から下山。
下りもかなりの急勾配。
鞍部に降りるには鎖が必要と思われる様なガケ。
渋滞しながら何とかコルに降りたところで、本来の大元コースに合流。
ここから標識に従って南に迂回するのが本来のコースだが、時間短縮のため、駒ヶ林山頂への 直登ルートを選択。
ここからも、同様に結構な急登(岩場)。
12:14 駒ヶ林山頂に到着。
山頂の岩場は、お昼時と重なって、かなりの混雑。
三々五々、目の前にある弥山山頂を眺めながらの昼食。
昨日の豪雨が嘘のような青空の下で一息入れる。
13:05 集合写真を撮影後、下山開始。
ただし下山にあたって急遽ルート変更。
このまま多くの人数が混雑する弥山経由で紅葉谷コースを下山すると他の登山者の迷惑となるため、弥山には登らず、手前の大聖院コースを下山。
結果的に弥山登山と言いながら弥山は登らないという結末に。
13:14 仁王門まで下山。
仁王様を拝観後、ここから大聖院へ降りる。
このコースは参道のためか石   段が多く、雨の後は特に要注意。
前の人が滑ったのを見て「大丈夫ですか」と声を掛けた次の人 も同じところで滑ると言う有様。
14:08 大聖院手前の広場まで下山。
ここで整理体操後、予定より早く解散となる。
帰りがけ、恒例 の紅葉屋さんに立ち寄り、紅葉饅頭をもらう。

                    ☆

ところで「弥山」と言うと最初に宮島と思いますが、他の山でも目にする名前です。
確か「大山」も山の総称で山頂は弥山、「石鎚山」も頂上山荘のあるところは弥山山頂、紀伊半島の「大峰山」にも弥山があるようですが、どの山も古くから信仰のある山、やはり仏教の「須弥山」に起因しているのでしょうか?その他に、岩国や出雲にも「弥山」があります。
また広島周辺には山を「せん」と読む山は多く、弥山以外にも大山、蒜山、氷ノ山(ひょうのせん)と馴染みの名山がありますが、どうも「せん」と読む山の多くは全国でも島根・鳥取に集中しているらしく、この地域特有の読み方の様です(理由は諸説あり)。
  今年6月、弥山山頂からの眺望は、ミシュランガイドで三ツ星「わざわざ旅行する価値がある」に昇格しました。
道理で外人さんと多くすれ違った山行でした。
 (Bコース記録担当 石木美都夫)

   ~~~~~~~~~~~~~~~~☆~~~~~~~~~~~~~~~

宮島口・駒ケ林(11月15日)

聖護院への下り坂は谷間の階段。
昨日までの雨の影響で小川のせせらぎの音が快い。
後ろを歩くベテランさんとの軽ーい会話。
「今から登りょーたら、帰りはくろーなるんじゃないかねー」(午後2時を過ぎている。
) 「あがーなカッコーで大丈夫じゃろーか」(男女とも、お肌丸出しのタンクトップ) 「水くらいは持っとかんにゃーねー」(皆さん手ぶら) すれ違う若い男女の欧米人。
しかも肥満体の予備軍達。
しかし、相手から我々を見たら・・・。
「この老人たちは、あがーな重装備で歩いちょるが、たいぎーじゃろーに!」 「観光地じゃけー、もーちーたー身軽に楽しみゃーええのにのー」 後ろのお姉さんのイメージに合わしょうたら、こがな文章になってしもーた。
口直しに一句。
”白人の 胸の谷間に視線いく  恥ずかしながら 我れ来年は七十路”(字あまり) (ヨンロクおじさん)