広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  例会申込  一般参加  山小屋案内

2015年12月06日 七国見山


奥 山(420.8m)~七国見山(457m)縦走

2015年12月6日(日)天気:曇り弱風 平均気温15℃ 参加者:24名

JR広駅前バス停(8:32)-向小市の浜バス停着(9:02)-蒲刈浜(9:30~9:40)-奥山登山口(10:05)-奥山(11:10)-初神車道分岐(11:50)-七国見山頂 (昼食休憩12:53~13:30)-蒲刈ウォーキングセンタ-(14:08)-恋ヶ浜バス到着 14:24 (14:53発)
今日は周りを海に囲まれた上蒲刈島のハイキング。
師走の小春日和のもと、奥山から七国見山ルー ト!を縦走だ。
お天気はどんよりと曇っているが、潮風が心地よい。
まず蒲刈港の浜で受付・準備体操後、細長いミカン山の登山道を登って行った。
落ち葉の絨毯を踏みしめると小刻みにサクサクと音をたてる。
初めは緩めの坂道だが奥山に近づくにつれ、勾配が段々ときつくなった。
特に奥山手前からは今日一番の急登だ。
喘ぎながら登る者、余裕で歩く者と普段のトレーニングの差が出ている様で、PLはペース配分が難しそうだ。
ピークを過ぎて奥山山頂へ。
ここは眺望もなく小休止の後、下山し初神分岐へ。
分岐点は上蒲刈島を南北に横切る車道と交差していた。
また、ここから七国見山頂を目指して約1時間登り返しだ。
暫く行くと、自然歩道の尾根はよく整備された道で歩きやすい。
木立の間から、瀬戸内の島々や奇岩が浮かびあがって見える。
山頂へ到着すると、雑木に囲まれて視界が利かない。
三角点横に展望台があり、ここに上ると曇ってはいるが島々が望めた。
しばし休憩・昼食の後、集合写真を撮って出発。
恋ヶ浜に向かって下山だ。
こちらの下山道は、階段は有るが、風光明美。
島々と海のコントラストが、綺麗だ 県民の浜も見えてきた。
夏は込み合うそうだ。
無事、恋ヶ浜バス停まで下山。
(バスには余裕で間にあった) 今回は、島ということで読図演習にもなった。
幹事さん、お疲れ様でした。
(記録 3班 沖本 昇三)

~~~~~~~~~~~~~~~~☆~~~~~~~~~~~~~~~~

奥 山~七国見山 縦走 (その2)

11月15日(日)宮島例会に一般参加後、クラブに入会し、入会後初めて参加させて頂きました。
JR呉線の広駅前バス停に集合、バスに乗車(8:32)して上蒲刈へ向かいます。
まず、安芸灘大橋を渡って下蒲刈島、次に蒲刈大橋を渡り、上蒲刈島に入ります。
蒲刈大橋を渡ると、すぐに向小市の浜バス停で下車(9:03)、蒲刈町向の町中を通り、蒲刈港近辺の広場で準備体操と新入会員の自己紹介{一人は私}。
参加者24名が3班に分かれ、奥山へ向けて出発です。
(9:35) 出発してすぐに山道に出るまでの急な上り坂で、すでに太ももがパンパンになり、日頃の運動不足  を思い知らされます。
  10:00奥山登山口に到着。
10:05出発。
急な上り坂道を約一時間歩いて11:07奥山頂上に到着。
「やったぞ」も束の間、七国見山に向けて下山です。
(せっかく登ったのに) 急な下り坂で落ち葉がいっぱいで滑りやすく大変です。
ようやく舗装された道に出てトイレ休憩。
12:00七国見山登山口に到着。
12・05出発:登りの階段がどこまでも続きます。
(頂上はまだか) 12:50七国見山頂上に到着(きつかったです) 待ちに待った昼食、山頂で食べる弁当は格別おいしい。
13:30記念撮影後下山。
急な下り坂が続きます。
下って行くと、途中から曲がりくねった石段が続きます。
(膝に来ます) 西楽寺・観音菩薩の所まで来ると、県民の浜が見えてきました。
(あと少し) 14:20蒲刈ウォーキングセンターに到着。
トイレ休憩後、恋ヶ浜バス停を目指して車道を歩きます。
14:53発バスに乗車して広駅へ(恋ヶ浜バス停前で、蜜柑と柚子をゲット)、広駅前で解散。
                  ☆
山歴2回目の私にとっては運動不足もあり、しんどかったですが、良い修行になりました。
これからも出来るだけ参加して行きたいと思いますので、よろしくお願いします。
(3班記録担当/小迫 和也)