広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  例会申込  一般参加  山小屋案内

2016年03月20日 大山


雪 の 大 山 登 山
2016年3月20日(日)
7:50 広島駅をバスにより出発。
今回例会の大山は、2年前に家族4人で登りに行き、私が原因で途中下山した山で大変楽しみ。
道の駅「たかの」で休憩。
10時55分頃、大山駐車場で登山準備ストレッチ後、夏山登山道へ。
1合目から2合目は登山道に雪が無く、歩きやすく順調。
12時30分頃、3合目近くから雪が積もり、木々には樹氷が見えはじめたので、アイゼンを付ける。
予定より少し早い模様。
4合目から5合目は見上げるほどのブナ林が風に揺られて、カサカサと樹氷が降ってきた。
14時15分頃、7合目から8合目は完全に大山の冬山。
顔はこわばり、鼻水さえも出ても感覚無く、大変楽しく笑える。
9合目からは木道になり、アイゼン、ストックが食い込み、少し歩きづらい。
14時40分、山頂小屋前。
屋根にはエビのシッポのような雪が付き、自然はすごいと感じた。
ついに全員、山頂に立つ。
しんどい時、疲れた時、声で後押しあり、ハイタッチ。
山頂記念写真撮影。
ガスがかかり、冬山らしい。
良い写真になった。
15時、避難小屋で休憩し、いよいよ下山。
ガスがかかり、周りがよく見えない。
下山前メンバー確認。
15時30分、下山は上りにくらべて緊張する。
15時55分、元谷でアイゼンを外し、振り返る。
無事全員、大山寺駐車場に到着。
                   ☆
今回B班でメンバーの明るい笑い声、会話を聞きながら歩くと、何故か疲労感が薄らぎ、何とか山頂にたどり着けました。
また、リーダーが時々振り返り、メンバーに声をかけられ、安心して歩けました。
リーダーは常にメンバーの安全に気を配り、心配しながら行動されていました。
山登りはリュックを自宅から背負い、楽しい思い出、すがすがしい疲労を自宅に持ち帰り、送り出してくれた家族に感謝することだと思っています。
最後に、無事、冬山登山を経験させていただき、有難うございました。  (B班 勝田 賢治)

~~~~~~~~~~~~~~~~☆~~~~~~~~~~~~~~~~

残雪の伯耆大山・記録と感想
日 時  2016年3月20日(日)広島駅新幹線口を貸切バスで7時35分出発
参加者数 20名(A班7名、B班7名、C班6名)
行 程
到着前に車内で早めの昼食、大山寺バス駐車場へ到着。
そこから見上げる大山は雪の多い晴れだったが、山頂付近には多少ガスに覆われていた。
大山寺バス駐車場で準備運動後、11時30分スタート~夏山登山口11:40~標高930m付近でアイ   ゼン装着12:15―:34~三合目12:40~五合目13:05~13:12行者谷別れ13:16~32六合目避難小屋 13:36~14:10八合目14:18~石室方面への分岐14:25~:41大山山頂1710.6m到着。
頂上碑前で集合写真、避難小屋で行動食後、A班から順に下山開始15:14~:25 石室方面との分岐で待機15:37~八合目15:43~六合目避難小屋16:13~行者谷別れ16:22~五合目16:27~17:00 元谷堰堤右岸分岐付近でアイゼンを外す17:07~大神山神社行者登山口)17:29~大山寺17:32 ~大山寺駐車場17時48分、全員無事ゴール。
コースタイム
山行5時間10分 休憩1時間10分(同一場所付近での滞留時間) 合計6時間20分)
合計距離  9.32㎞  標高差 926m
感 想
初めての雪山登山でした。
アイゼンも持ち合わせて無かったのですが、たまたま地元の山仲間から4本爪の軽アイゼンを頂き準備OKとまりました。
アイゼン装着後、しばらくは楽々気分でいましたが、段々と高度が上がるにつれて残雪は厚さを増して傾斜も厳しくなってきて、足の運び方も異なり厳しかったのですが、木道に入ると雪の無い個所  もあって楽になりました。
5合目を過ぎて、「山の神さん」辺りからは気温も下って行き、枝に張りついた氷に目を奪われるなど景色も一変して、楽しみながら登って行きました。
7合目辺りからは、日本海から吹き付ける冷たい強風が顔面を刺し、周りは深い霧に覆われて視界が悪く、雪山の厳しさも体験することができました。
大山山頂も同様に視界不良で、特に東側は視界ゼロで何も見えず、それでも、登頂した時は、さすがに感動しました。
山頂の避難小屋での軽食後、下山するにあたり員数が1名足りないことに気づき、皆で山頂付近から避難小屋周辺を探しましたが、結果的には見つかり安堵して全員で無事下山できたことが何よりでした。
強風と、寒さと、霧に覆われた視界不良の厳しい状況の中で、改めて点呼の大切さを思い知らされました。
最後に、事前に下見山行して計画して頂いた例会担当のTさんと関係者各位に御礼申し上げます。
有難うございました、   (C班記録担当  Y.k)