広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  例会申込  一般参加  山小屋案内

2016年05月22日 安芸アルプス(金ケ燈篭~鉾取山)縦走竜王山


安芸アルプス(金ケ燈篭~鉾取山)縦走
2016年5月22日(日)
天候の心配もなく、穂高山行の訓練として、呉線矢野駅より山陽線瀬野駅に至る安芸アルプスを約9時間で縦走した。
矢野駅(7:40)発、体操後(8:08)安芸アルプス縦走路表示より川沿いのコンクリート道に沿って登る。
愛宕神社の長い階段を登り切ると(8:39)、海田市が一望できた。
参道の裏から車道に出て山道を登っていくと、額から汗が落ちる。
金ケ燈篭の山頂(9:31)で 一息つく。
緩やかな下りで赤穂峠(10:10)、登って城山(10:40)で小休止し、古峠(11:09)、 新峠(11:36)、元気を出して昼食場所の洞所山(12:07)に着く。
残りの行程を考え軽く食事、持参の水は半分を消費していた。
山頂出発(12:30)、疲れた体で下って登り原山(13:31)へ。
小休止後、見晴らし広場(14:10)で小休止。
行程は2山残すのみと頑張って鉾取山(14:36)、深い下りの後舛越峠(15:04)、黙々と最後の 坂山(15:45)、ここで飲み水が尽きてしまった。
滑らないよう下りは神経を使う、長い行程に感じられる。
東広島バイバスのアーチが見えた時、今日も無事完走出来て良かった。
穂高の為には2日間の耐力が必要と思った。
瀬野駅着(17:00)。
解散は駅途中のスーパーAコープで、喉の渇きはビールで解消。
疲れた一日であった。
記録係(1班 藤井 令士)

~~~~~~~~~~~~~~~~☆~~~~~~~~~~~~~~~~

鉾取山縦走例会に参加して
初めまして、20数年振りに例会参加させて頂きました、高中と申します。
小生も今年の2月で63歳となり、被爆者である親父を送り、そろそろ引退かなと思っていました。
女房に相談したところ、「退職してもいいんではないか」とのアドバイスがあり、この6月末で退職することにしました。
20数年前に広島ハイキングクラブでお世話になったこともあり、ホームページで検索したところ当時の大関代表は引退され、八津川代表が代わってリード、広島ハイキングクラブのホームページもきちっとメンテナンスがされ、当時と同様、活発な山行計画が運営されていることから、今回からお世話になることとしました。
奥穂山行計画に参加したく、石崎様に参加メールを送ったところ、素早いレスポンス回答を頂き、入会手続きをさせて頂きました。
先月の白木山例会から参加するつもりでJR白木山駅までご一緒しましたが、ご年配者が多く、イマイチ違和感があったため、単独行で先に出発して白木山縦走をし、中深川ルートで下山する際、尾根筋を外し、沢ルートで下山して大変な目に遭いました。
(バチが当たった?) 幸い滝に転落することは無かったものの、眼鏡の右レンズを割る散々な目に遭いました。
前回を教訓とするため、20日(金)に年休をとり、瀬野川駅神原登山口から坂山~舛越峠~鉾取山~原山~洞所山~新峠~古峠~城山~赤穂峠~金ヶ燈篭山~愛宕神社(権現山)~矢野駅の6時間を要した事前単独行をし、本日の例会山行に参加させて頂きました。
本日の例会は、素晴らしい渡辺リーダーのご指導により、つつがなく全員無事神原登山口に下山し帰りのJR電車でうまい焼酎を飲むことができ、感謝感激です。
また、29日(日)の十方山瀬戸滝ルートからのブナ新緑登山にお声かけ頂き、感謝感激です。
広島ハイキングクラブの今後益々のご発展とご活躍を祈念し、例会記録とさせて頂きます。(高中 和明)