広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  例会申込  一般参加  山小屋案内

2016年11月06日  塩塚峰例会記録


塩 塚 峰 山 行 記 録     2016年11月6日(日)
参加申し込んだはずの葉書が鞄の中から出てきて、びっくり!
直ぐにCメールで、空席があればと連絡を入れたのは、山行5日前だった。
新幹線口7時30分出発、青空と朝日で、今日の山登りの楽しさを感じた。
先週に続いての山行のため、参加者が少ないと思ったが、千円も安い会費徴収だった。
最初から気心の知れた仲間のように、バス内ではそれぞれ会話が弾んだ。
9時35分 瀬戸大橋の与島でトイレ休憩。進行方面に讃岐富士と呼ばれる飯野山が見えた。
その後、四国の山が霧で見えなくなっていった。10時50分バス下車。
11時15分 塩塚峰登山口でストレッチ後、出発。空は見事な灰色の雲が一面。山の傾斜を石垣で平地を作り出し、家があったろう土地に太くなった植林が薄暗く感じる山道を登って行った。
11時30分頃、二合目で滝が流れ落ちているが岩が黒く見える。何の石かと思う。
50分 右側に植林を伐り出された山肌が見えた。
12時25分 太い切株が登山道より左側に山頂近くまで続いている途中の空き地で、昼食となった。
12時50分 曇り空のままなので出発。13時15分 ここからガマン坂と名付けられた直登を、リンドウの花に慰められながら登る。25分 塩塚高原に到着。
目の前には自分の背丈と同じほどのススキが一面、山に沿って左右に延びていた。
山頂への進行方面右側はススキ、左側は灌木の緑が山頂近くまで続く。
またススキの群落に向かって幾つか道があり、獣道だと誰かが教えてくれた。
  13時35分 塩塚峰山頂到着。曇り空の上に風が強い。初冬のような冷たい風にススキの原っぱの大きさをゆっくり感じる余裕なく、記念写真を撮って出発。
  14時40分 霧の高原オートキャンプ場でバスと合流。曇り空だったが雨に会わずに済んだ山行だった
  15時30分 道の駅「霧の森」で、ゆっくり入浴タイム。16時20分 サッパリして広島へ出発。
  19時26分 新幹線口に帰着。それぞれ我が家に帰った。
  今回も楽しい山行を担当して頂き、ありがとうございました。 (藤平 澄代)

~~~~~~~~~~~~~~~~☆~~~~~~~~~~~~~~~~



塩塚峰で見た花・他

  青系        青系        黄系         白系
アカツメクサ    アキノタムラソウ  アキノキリンソウ   ゲンノショウコ
イヌタデ      アキチョウジ    オタカラコウ     センプリ
ゲンノショウコ   ノコンギク(薄紫)  ガンクビソウ      ヤマシロギク
ベニバナボロギク リンドウ      コウゾリナ        (イナカギク)
ミズヒキ                セイタカアワダチソウ
ヤマアザミ

沢山あった赤い実

◎ハダカホウズキ(ナス科・ハダカホウズキ属)    ◎センボンヤリ(キク科・センボンヤリ属)
・よく似たものにヤマホロシ(ナス科・ナス属)   ・春の花は白っぽい
 ・イヌホウズキは実が黒っぽい          ・秋の花は閉鎖花で花開くことなく
                          タンポポのような冠毛の実をつける

他に種(実)になっていた物

 コウヤボウキ・ハゼノキ
 イヌショウマ・ツルリンドウ・ヘビイチゴ・キクバヤマイチゴ・カラマツソウなど
この時期、花はほとんどないものと思っていたので、沢山見つけられて嬉しかった。
(西村節子 記)