広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  例会申込  一般参加  山小屋案内

2016年11月13日  宮島ウォーク例会記録


山行記録・宮島を歩こう(弥山コース)

2016年11月13日(日)
9:00 フェリーで渡った先の宮島桟橋前広場に集合
今回は紅葉谷分岐から弥山山頂を目指す「弥山コース」、獅子岩を通る「かや谷コース」の2つのコースがありまして、私たち「弥山コース」は一般参加者も含め16名の参加でした。
9:35 桟橋前広場出発
この日はとても人出が多く人混みを避けて町屋通りから紅葉谷へと向かいました。
「世界遺産宮島」「紅葉のピーク」「日曜日」「快晴」であれば人出の多いのもうなずけます。
PLがザックにつけた黄色い腕章を目印に、はぐれないようについていきました。
10:00~10:20 紅葉谷公園にて準備体操ののち出発
紅葉谷を過ぎると人も少なくなるかと思っていたのですが登られる方が多く、家族連れ、私たちのような団体さん、外国の方など、抜きつ抜かれつ道を譲りあいながら登っていきました。
11:30 紅葉谷分岐にて「かや谷コース」のみなさんと分かれ、弥山山頂を目指します。
12:00 山頂到着 展望台は当然ですがすでに人でいっぱいでした!
巨岩奇岩の岩かげにスペースをみつけ昼食。
(休憩時間30分)
12:30 記念撮影ののち大聖院へ向け下山開始です。
大聖院への下山道はずっと石段の道。
この石段が湿っていて滑りやすく、転倒しないよう注意深く進みました。
遠くに聞こえていた大聖院の太鼓や鐘の音もだんだんと大きく、近くに聞こえるようになって来、
14:00にこのコースのゴールである大聖院に無事到着しました。
お天気にも恵まれ、美しい紅葉を見ながらの山歩きは本当に楽しかったです。
担当者さん、班のみなさんありがとうございました。
             (B班 二宮)

~~~~~~~~~~~~~~~~☆~~~~~~~~~~~~~~~~

山行記録・宮島を歩こう(博打尾コース)

9時30分 集合場所の宮島桟橋前広場(宮島側)は、紅葉観光の人達で新年の様にごったがえしていた。
クラブ員は会員と一般参加10名の計30数名が集合していた。
今日は朝からよく晴れている。
広場で受付を済ますと紅葉谷公園へと向かったが、途中ずっと人々で溢れており、また、木々は色付きシーズン真っ盛りだ。
10時05分 紅葉谷公園へ到着。
広場で準備体操をして出発。
紅葉谷ルートは名前のとおり紅葉が多く鮮やかに紅葉しており、また楓やハゼ・銀杏なども混ざって目を楽しませてくれた。
登山道ではロープウェイ客だろうか、登山者らしくない格好でパラパラと下山してくる。
7合目付近の狭い個所では渋滞が起き、たびたび待ち合わせとなった。
宮島登山は50回程度になるが、このような光景は初めてだ。
今日は一般参加者も混じり、上がるにつれ不規則な石段と勾配で息があがった人もいたが、混雑でスローペース、ある意味良かったのでは?11時25分 木陰が開け紅葉谷尾根分岐へ到着。
ここで弥山から大聖院へ向かうAコースと、獅子岩駅から博打尾を下るBコースとに別かれた。
11時35分~50分 獅子岩駅・展望公園で休憩。
展望台に上がると一気に眺望が開けた。
そこは青い空と海。
霞んではいるが眺望は良く気持ち良い。
小さな船がアリの様に海上を行き交っていた。
12時05~45分 カヤ谷巨岩広場で昼食。
今年の正月にも鍋パーティをした場所だと誰かが、言っていた。
集合写真を撮って、博打尾ルートを下る。
13時00分 カヤ谷中継駅へ到着。
ケーブルカーは満員。
乗換の人でホームは溢れていた。
歩いた方が早く気持ち良いのにと思ったが、乗客はこちらを眺めながらこの人達重たい荷物を担いで御苦労なことと思っただろう。
このルートは石段がなく多少のスリルもあり、シダの中をずっと下る。
午後から曇ってきたが、尾根伝いなので眺望はわりと良い。
海に浮かぶ島々が墨絵のようだった。
登山初心者の方にも人気だ。
14時05分 紅葉谷公園分岐。
14時35分 紅葉谷公園附近の広場で整理体操後、解散。
各自お土産のもみじ饅頭を目指して、真っ赤な紅葉の下を人混みにまじれて散って行った。
担当者・役員の皆さまお疲れ様でした。   (記録 沖本)