広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  例会申込  一般参加  山小屋案内

2017年01月22  雪山・深入山


深 入 山(1153m)例 会 記 録 2017年1月22日   参加者:19名 暖冬で雪が無いと思っていたら、急に寒波で今度は雪が多いのではと心配になりました。
7:50 広島駅を出発。
最初は小雨がぱらぱらしていた景色が段々と雪になり、量も多くなっていきます。
9:00 中国道を降りた戸河内の道の駅で休憩し、深入山に出発します 9:30 深入山東登山口が入れないため、南登山口からワカンやスノーシューを履く。
9:50 深入山グリーンシャワーオートキャンプ場の横をラッセルして進みます。
新雪の中、1班から先頭を代わりながらラッセルして進みます。
私たち2班が歩く頃には、かなり深い踏み後がついています。
10:30 いこいの村でスノーシューを借りたり、トイレを借り、
10:50 吹雪のため、二本松辺りまでということで出発です。
今度は2班から、矢張り先頭を交代しながら進みます。
吹きさらしなので、風が吹くと雪で前が見えなくなり、風で体もよろけそうでした。
雪山の恐さを感じましたが、さらさらできれいな雪には、とても感動しました。
11:20 二本松の場所に着き、昔のリフト跡で記念写真を撮り、すぐ下山です 。
新雪の中に入ったり、顔面ダイブしたり 、雪を投げ合ったり、それぞれ雪を楽しみながらあっという間に降りてきました 12:00 バスまで来た道を戻ります。
来たときの踏み後に新しい雪がしっかり積もっていて、まだ降り続けています。
顔や体にも雪が当たり、白くなりながら前の人に、遅れないよう、ついて行きます。
12:30 バスの所に到着。
ストックやワカン、スパッツを外します。
ワカンのヒモが雪でくっついてなかなか外れませんでした。
13:00 バスが出発し、13:50戸河内道の駅でゆっくりめに、お昼。
14:30 道の駅を出発し15:30広島駅に到着。
広島市内はきれいな青空でした。
私は初めての雪山登山でしたが、吹雪の中、無事、楽しく、過ごせました。
担当者の方やリーダーの方、皆さん大変お世話になりありがとうございました。
                       小 谷(由)

深 入 山 例 会 記 録     2017年1月21日(日)
昨日来の冷え込みで、雪を心配しながらの参加です。
19名で新幹線口を出発しました。
中国道に入り、長いトンネルを抜けるとボタン雪です。
戸河内の道の駅で休憩し、深入山に向かいます。
雪は降り続き、大きな木が揺れています。
「いこいの村ひろしま」は駐車場が満車で、やむなく、南登山口の近くでバスを降り、ワカン、スノーシューを装着し、出発です。
パウダースノ―の雪の中を東登山口まで歩きます。
 
交替でラッセルしながら行きます。
先頭になって、ラッセルの大変さが分かりました。
トレースの無い道を確認しながら進みます。
「いこいの村」に着き、長めの休憩をとり、東登山口から二本松辺りまで登ることになりました。
風と雪で視界が悪く、班ごとに人数を確認しながら登りました。
(山頂までの約1/4辺りか?)
集合写真を撮り下り始めます。
尻制動の人、初めてのスノーシューを体験する人、それぞれに下ります。
東登山口まで下山し、バスまで来た道を戻ることになりました。
朝のトレースが雪のため消えていました。
顔にあたる雪が痛い。
バスに戻り、食事を摂り、道の駅でゆっくり休憩後、広島駅に15時30分に帰りました。
担当の末川さん、同行の皆さま、楽しい雪の山行をありがとうございました。
(1班/梶山 恵子)