広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  例会申込  一般参加  山小屋案内

2017年04月16日  花見山


    花 見 山 へ 花 見 行        2017年4月16日(日)
久しぶりにバス例会。
広島駅北口に行くと、また様子が変わっていて、ちょっと戸惑う。
割りと早めにバスが来て皆もそろい、7:33出発。
西風新都から高速に入る。
高速道沿線も、山々も花盛り。
サクラ、コブシ、アセビ。
走るほどに桜が満開、今一番いい時だね。
その後も、レンギョウ、ヤマブキ、桃、ダンコウバイ、キブシ、ミツマタ、ハナズオウ、紫モクレンも満開で春、ハル、はるだね。
菜の花も見える。
七塚原SAと神郷PAでトイレ休憩をとる。
あれ!山裾の白い花はクサイチゴか、イチリンソウか?
10:30 花見山スキー場駐車場に着く。
さっそくヒメオドリコソウ、ツクシの群落。
水仙の山と言われるだけあって、沢山の水仙も私たち迎えてくれる。
ストレッチ後、アスファルト道を40分歩く。
その間も、ずっと水仙。
まだ少し早いと担当さんは言われたけど、新芽、つぼみ、咲いたものと、結構、私たちの目を楽しませてくれる。
フキノトウやヤブカンゾウの新芽も。
そして、シャクナゲは大きな蕾をつけている。
開花は来週くらいか・・・? あっ、リスだ!シッポの長い小動物が左から右の樹の方へ走り抜ける。
かわいい。
残雪も少々。
一度休み、林道終点。
スキー場の草原(今は枯草)には、まだ雪が残っている所も。
ここのスキー場全体に水仙が植わっているそうだけど、まだやっと、芽を出したくらい。
リフト最上部で位置確認の看板を見て、ここから本格的な山へ入る。
進むにつれて、雪が斜面や登山道にも。
雪解け水で歩きにくい所も。
階段が多い。
苦手、苦手、歩幅が合わないから余計疲れる。
やっとピーク。
山頂はまだまだ先だよ~。
もう二度アップダウンして、やっと山頂へ。
その間にも、何回も雪渓の上を歩く。
そんなわけで木々の芽吹きは、もう少し先かな。
少し芽吹いているのがネコヤナギの仲間、よくわからないけどヤマネコヤナギかな(別名バッコヤナギ)かもね。
雪ノ下から頭を出しているクロモジも、やっと新芽が出ている。
12:20 山頂着。
山頂は素晴らしい。
雪を被った大山が、ド~ンと目の前に。
食事の前後に、皆で写真を撮る。
青い空と雪の大山。
絵になるね。
食事は、あずま屋で皆が持って来た御弁当を広げて、皆で食べる。
まるで立食パーティ?
フルーツもあるし、豪華だね。
帰りは50分で下りましょうと言われたけど、休むことなく1時間で下りる。
林道を下りて来るに従がって、虫の多いこと。
バスの運転手さんも入口でタオルを振って、バスに虫が入らないようにしている。
高速に入る前にコンビニツアー、新見ICを入り、七塚原SAでトイレ休憩。
西風新都ICを出ると、今日はサンフレッチェの試合があるので渋滞に巻き込まれるのを予想して、いつもと違う道を通る。
お蔭で渋滞に巻き込まれることなく、伴中央で2人下車して広島駅に17:35着。
今日は本当にお花見山行で、いろんな花も堪能して大満足の一日でした。
  担当さん、みなさん、ありがとうございました。
(N.S 記)