広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  例会申込  一般参加  山小屋案内

2017年05月07日  十種ヶ峰


 十 種 ヶ 峰      2017年5月7日(日)
今日は天気が良くて、25~6度になるという。
暑くなるのかな~。
7:00には、もうバスが来る。
早い! 一人忘れていたということでキャンル。
総勢25人。
ほぼ満席。
7:35出発。
西風新都から高速に入る。
 もう桜やコブシなどの競演はなく、山々はすっかり新緑になっている。
ミツバツツジも、山口に入って少し残っていたぐらい。
  朝倉PAで休憩後、鹿野で高速を降りて国道315号を走る事35分、登山口の神社近くでバスを降りる。
前回H23.5.8に来た時は無かったヤマシャクの里の幟が何本も立っていて、駐車場も出来ている。
それに簡易トイレまで。
境内でストレッチ(地元のおじさん達も一緒にしていた)後、出発。
コンクリートの林道をゆるやかに、そして段々急坂に登って行く。
登山道脇にはカキドウシ、ラショウモンカズラ、ツルカノコソウ、ハクサンハタザオ、マムシグサ などが沢山咲いている。
一度休み、もう少し林道を歩き山に入ると、キツサは増して行く。
急な所、大岩などにはロープがつけてある。
数年前の土砂災害の跡か、山が崩れている所もある。
この辺りから前にはあったんだけどな~と思っていると、上の方で咲いているよ~の声。
見ると、咲いてる、咲いてる。
もう種になりかけた物もあるけど、白い可愛い花、沢山咲いている。
うれしいね。
写真、写真。
それぞれスマホやカメラに。
花の命は短くて・・・。
この花が見られのも、あと数日だろう。
今日見られて良かった。
私の前回ノートの記録には、(すごいとしか言いようがない大群落、登っても、登っても途切れる事がない。
右斜面も左斜面も、山の上の方まで続く。
特に左斜面の方が綺麗に咲いている。
道はますます急になる。
真っ黒い土でズルズル滑りやすい)と書いてある。
そのズルズル滑りやすい土に、今は小石がずっと敷きつめられている。
登山道と花を分けるロープも 太い物に代わり、支柱もしっかりした物になっている。
おまけに持つ事の出来るロープもある。
やっと稜線に出て小休止。
もうヤマシャクは無い。
ここから山頂まではイカリソウ、スミレ、ハクサ ンハタザオなどの花を楽しみながら登る。
12:10 山頂着。
人が多い。
細長い山頂は人、人、人。
少し先へ進み、空いた所にシートを広げて御弁当を食べる。
周りの山々は黄砂の為か、単に春がすみなのか、少し霞んで見える。
集合写真を撮り、下山。
下山路は少し先から下りる道。
三角点側の方から下りるより、段差が少ない分、急だけど楽かも。
 少し平地に近い所で三角点側からの合流地、前回はここから右に進み、スキー場を通って青少年センターの方へ下りたけど、今日は真っ直ぐ進む。
はじめは緩やかな下りが、だんだん急坂になる。
花はほとんどない。
一度休んで、なおも急坂を下りる。
少しゆるやかになった頃、ホウチャクソウが沢山咲いたところがあった。
そして、新しい砂防ダムの脇を通り、コンクリートの林道へ下りる。
 広い所でクールダウンをして、下山に。
田んぼの畦道を通り、朝の神社へ帰り、バスに。
 バスで12~3分走った所の願成就温泉の遊湯館で汗を流す。
 六日市から高速道に入り西風新都でICを出て、大塚で6人降りる。
18:14 広島駅着。
 もう一度見たかったヤマシャクヤクの群生。
最盛期は少し過ぎていたけど、まだまだ沢山見られて、 本当にうれしかった。
ただ、株そのものが少し減っていたように思う。
担当さん、楽しい山行ありがとうございました。
               (B班 西 村)