広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  例会申込  一般参加  山小屋案内

2017年05月14日  茶臼山・螺山


茶 臼 山(229m) ~ 螺 山(474m)

2017年5月14日(日)晴れ 参加者=会員27名、一般9名
あき亀山駅9:00→柳瀬9:45→茶臼山10:45→瑞眺苑登山口11:20→螺山山頂12:30~13:30→ 登山口14:10→あき亀山駅14:10着

   当日の天気は晴れ。
絶好の行楽日和との予報の中、初めての可部線延伸、「あき亀山駅」に向かう。
街中を過ぎ、屋並みを過ぎ、新緑の山裾へと降りた。
すぐ近くでキジがケンケンと鳴き、出迎えてくれる。
すごい人数と思ったら、別のグループも集合場所とのこと。
総勢36名の当グループでした。
久し振りの顔、顔。
皆お元気そうで、やはり会えると嬉しいですね。
4~8名の5グループに分かれ、はじめは道路を歩き(45分)、キャンプ場で体操をし、登山口に向かう。
急登もあり、分かりにくい山道を約50分かけて茶臼山山頂に着いた。
目の前に白木山が見える。
シルエットの綺麗な高い山だ。
可部の町並みや太田川も見える。
10分の休けい後、来た道を途中で標識のあった瑞眺苑登山口まで戻る。
この道から落ちたら下まで落ちそうな山の斜面の細い道を、螺山へと向かう。
登山口から急登だ。
足元には花らしきものもなく、時々、頭上の花やアケビの新芽を教えてもらいながら木々の切れ目から見える景色や風を感じながら、ひたすら登った。
約50分で山頂に着いた。
予定より10分早く着き、1時間の休憩となった。
  頂上は別グループが先に着いており、日陰に座っての昼食タイムだった。
  見晴らしはないものの広場があり、可部テレビと書かれた建物と屋上に鉄塔があった。
  三角点にタッチして、日陰を探して建物の横に行くと、まわりはクラブの男性ばかり。
まあ、いいか!   ここなら建物に背をつけて座れるし、腰痛のある今の私には丁度いいかなと思い、お弁当タイム。
  今日の山は「あさきた里山マスター」の2山になっている。
  5、10、20、38峰。
山頂を示す標識と一緒に写った写真を示せばそれぞれにタグプレートがもらえ、  また、山登りの楽しみが増し、目的ができると思う。
  すでに達成したかたも何人かおられ、現在、挑戦中の方もおられる。
  急登だった道を滑らないように気をつけて下山し、団地へ下りてきた。
  それぞれの家の丹精込めた庭の花が満開で、目を楽しませてくれた。
  今回、一般参加の方3名と話をすることができましたが、それぞれ、単独やグループでよく山に行かれているということでした。
2名の方は高齢の方でしたが・・・・。
  駅に予定より25分早く着き、また、朝のキジがケンケンと梅林の中から姿を現して出迎えてくれた。
  気持ちのいい一日を過ごすことが出来、担当の方のご配慮、ありがとうございました。
  同行の皆様、お世話になりました。
                   (B班/A.I)