広島ハイキングクラブ  山行記録
トップページ  例会案内  山行計画  山行写真  山行記録  伝言板  例会申込  一般参加  山小屋案内

2017年06月14日  白 鳥山


白 鳥 山      2017年6月14日
若葉が初々しい新緑の中、西条駅から西高屋駅まで、JR山陽本線の南側に連なる白鳥山の山並を縦走しました。
一般参加1名を含む総勢27人、低山とは言えアップダウンのある尾根に沿って西側から白鳥神社のある東側へのルートです。
集合は西条駅。そこから酒蔵通りを抜け、登山口に向けて町の中を東へ30分。東西条小学校の裏側で準備体操をし、いよいよ登山道に。登山口の標高は約240m。 このルートの最高点は、松子山525m。目標の白鳥山は453m。
標高差300m弱、歩行距離約8kmの山行きです。
登山口からは、ひたすら新緑の中の尾根筋を歩き、小さなピークを2つ3つも越すと約90分で松子山へ。
山頂から一旦鞍部の峠に降りたところで、西国街道から白鳥神社への参道に合流。
その峠から10分も北上すると白鳥神社の鎮座する白鳥山へ到着です。
白鳥神社は、由緒ある神社で、日本武尊が伊勢で亡くなった際、白鳥となって大和・河内・讃岐を巡り、この山の山頂で姿を消したという伝説に由来するとのこと。
また明治時代になって神社再建のため地盤を掘った際に、石棺から鏡・勾玉・太刀などが出土し、古墳の上に建てられた神社であることが判明。
白鳥神社からは高屋の町並みが見下ろせ、そこでゆっくり昼食をとったあとは、一路、西高屋駅に向かって下山開始。1時間も歩くと高屋駅に到着。無事、新緑の山並を満喫する山行くとなりました。
                ☆
09:25西条駅に集合し、出発~09:55東西条小学校に到着し、準備体操~10:10登山口から縦走路へ出発~11:30松子山到着~11:45峠~11:55白鳥神社到着、昼食休憩、記念写真~12:50下山開始~13:50西高屋駅到着、解散。 なお、ここで見つかった出土品は、東広島市の中央図書館に展示されているとの事です。 (B班記録担当 石木美都夫)