本文へスキップ
ホーム 青色だより 各種共済事業 労働保険事務代行 会計ソフト アクセス 入会案内

青色申告とは

青色申告制度
   事業所得、不動産所得又は山林所得のある人が、納税地の所轄税務署へ「所得税の青色申告承認申請書」を提出し承認を受けた場合、毎日の事業上の収入や経費などを帳簿に記録・保存し、その帳簿に基づいて正しく計算した所得や税金を申告することによって税金の面でいろいろ有利な特典を受けることができる制度です。

 青色申告をするためには正確な帳簿を作成することが条件となっていますが、白色申告者であっても所得金額が300万円を超える場合には記帳義務が生じます。
さらに、平成26年1月からは記帳・帳簿等の保存制度の対象者が拡大され、所得金額にかかわらず事業所得、不動産又は山林所得を生ずべき業務を行うすべての方に記帳義務が生じることとなります。

同じように記帳を行うのであれば、税金面でいろいろな特典のある青色申告の方が断然有利です。
 
青色申告をするためには
   既に以前から事業所得や不動産所得のある方が青色申告をするためには、青色申告をしようとする年の3月15日までに「所得税の青色申告承認申請書」を所轄税務署に提出する必要があります。

 また、その年の1月16日以降に新たに事業や不動産貸付を始めた場合には、その事業の開始等の日(開業日)から2か月以内に「所得税の青色申告承認申請書」を提出すればよいこととなっています。

 提出期限を過ぎると翌年からの適用となってしまいますので、ご注意ください。