本文へスキップ
ホーム 青色だより 各種共済事業 労働保険事務代行 会計ソフト アクセス 入会案内

青色申告とは

青色申告の特典
  青色申告は税法上の特典が多数ありますが、その主なものは次の通りです。

青色申告特別控除
   2種類の控除があります。  
 
65万円  事業所得者や、一定規模の不動産所得者が、取引を正規の簿記の原則に従って記帳し、申告期限内に損益計算書と貸借対照表を確定申告書に添付して提出すると、最高65万円を所得金額から控除することができます。 
10万円  65万円の控除を受けない青色申告者は、最高10万円を所得から控除することができます。
 (簡易簿記で記帳している方・小規模な不動産所得の方など)
 
   ※小規模な不動産所得とは、貸家が5棟 または 貸室が10室に満たない方をいいます。  
     

青色専従者給与の必要経費算入
   青色申告をしている方と生計を一にしている親族のうち、その事業に専ら従事している人に支払う給与については、一定の要件の下で、その支払った金額を全額必要経費に算入することができます。
 
  [※ 青色専従者がいることとなった年の3月15日まで(その年の1月16日以後に開業又は新たに専従者がいることとなった場合は、その日から2カ月以内)に、税務署へ届出書の提出が必要です。]  
 
 

純損失の繰越控除
   青色申告をしている方は、事業から生じた純損失の金額を、翌年以後3年間にわたって、順次各年分の所得から差し引くことができます。  
  [※純損失の生じた年分の所得税について、申告期限内に確定申告書を提出し、かつ、その後において連続して確定申告書を提出していることが必要です。]