ツーリングレポート ★★北海道ツーリングその2【根室〜稚内】★★ 2011年8月8日〜8月10日

マップの赤色が今回走ったルート

ピンク色は前回までに走ったルート

根室半島はぐるっと一周してみましたが道路脇に自生しているツワブキが何と大きいこと、食べられるんだろうか?

以前から気になっていた根室海峡に突き出している野付半島の先端まで行ってみました。

片道20km位はあったと思いますがとどわらという枯れ松林までさらに20分の歩きで終了。
何てことはなく、気が済みました。

今日のキャンプ地知床国立公園羅臼温泉野営場
ここは北海道に詳しいR1の親父さんお勧めのキャンプ地で、すぐ近くに露天熊の湯もありテントサイトも広く素晴らしいところで熟睡できました。

隣のテントで神戸からバイクで来た方と夜遅くまで話が盛り上がりました。

翌朝知床横断道路の峠をを超えて世界遺産知床へと行きました。

 

知床5湖を歩くには世界遺産への立ち入り許可と入場料250円が必要です、しかも入場前にレクチャーとかあり関係者も大勢いて土産物を売る観光地とその一方で必要以上の規制をしていることに何だか形だけに思えて本当に意味があるのかちょっと疑問に思った。

そこから先はシャトルバスのみ入れますが私は知床5湖を散策するだけにしました。素晴らしい湖でした。

知床半島のオホーツク海に面した港町ウトロ

海がきれいです。ここから知床半島クルーズが出ておりそれに乗ることにしました。

ウトロにはいくつかのクルーズ船の会社がありますが一番小さい船が最も陸地に近づけるのでヒグマを間近に見れることを昨日隣のライダーから聞いていたので10人乗り程度の最も小さな船を予約して、出航までの間近くの店でいくら丼1500円をいただきました。うまい!

と、所がいくら丼を食っている間に霧が出てきて全て欠航(涙)

 

気を取り直し網走へ向けて海岸線の広い道路を気持ちよく走ります。

左は広大は畑の向こうに斜里岳だと思いますが見えます。

網走と言えばやっぱりここでしょう、と言うかそれしか知らない私ですが・・・網走番外地

網走監獄博物館(1050円)
写真は現在の刑務所のモデルハウスですが宮崎カーフェリー2等席よりもずっと良いですね。

今日の宿はサロマ湖のキムアネップキャンプ場
テントサイトは湖畔にありとても広くしかも無料。
管理人さんもいて温水シャワー(100円)や水洗トイレに感謝。
ところで北海道のキャンプ地はトイレと水はほとんど完備されていますが半分以上は落とし込み式便所です、慣れないとなかなか快便できない。

最北端宗谷岬までひた走りましたがガソリンスタンドがもう何十キロもない、すでに予備です。

ガス欠寸前で最北端のガソリンスタンドに到着して、なんと最北端給油証明書と貝の飾り物をもらいました。ラッキー!

稚内では稚内北防波堤ドーム(1936年製)とノシャップ岬を見学。

雨が降ったりやんだりぱっとしない天気です。これからの行動も決めていないので天気予報と0円マップを見ながら雨でも楽しめそうな離島でウォーキングをやることに決めました。

早速礼文島のユース桃岩荘を予約。 電話口で「禁酒禁煙です、ミーティングもあります、自由参加ですがうるさいことをご了解ください」・・・電話を切った後何だか心配でキャンセルしようかなぁ

とりあえず腹ごしらえ、今日のランチはちょっと贅沢にウニ丼の一番安い店を探して漁師の家ウニ丼(1500円)ここはライダーに人気があるそうです。
2階はライダーハウスをやっていました(お店の方は2食付で2000円と言っていたような?)

北海道だけのコンビニ「セイコーマート」 セブンイレブンもありますが圧倒的にセイコーマートが多くどんな田舎に行ってもあります、品数豊富安い。
気に入った私はセイコーマートのカードを作ってしまいました。

北海道ツーリングのスタンダードです。

DIYにある収納ボックスにマット、雨が降っても荷物が濡れないし鍵も出来るのでなかなかいいと思います。
この方はサイドにつけたランドセルが目を引きます。娘さんのいらなくなったものでしょうか?駐車場に止めてあったのですがバイクの車種とランドセルでなんとなく年齢がわかります。

いよいよ礼文島利尻島に向けてフェリーに乗り込みます。

・・・・続く

表紙に戻る  目次に戻る