ツーリングレポート ★★北海道ツーリングその5【積丹〜小樽】★★ 2011年8月18日〜8月22日

マップの赤色が今回走ったルート

ピンク色は前回までに走ったルート

カムイ岬まで遊歩道を歩いて約20分、海は見事なマリンブルーです。先端の灯台は昔2家族が守っていたとか。

カムイ岬では10日前知床キャンプ場で出会った神戸の私と同年代のライダーと偶然再会、嬉しくてしばらく話し込む。

「ニシン御殿とまり」昔のニシン漁で栄えた番屋の様子が見れます。
あれからニシンはどこへ行ったやらオンボロロ・・・北原ミレイの石狩挽歌が聞こえてくるような・・・

弁慶岬で昼食、今日もセイコーマートランチセレクト。ピリ辛ザンギ焼きそば、ソフトカツゲン他。ザンギとは北海道で揚げ物のこと合計450円でした。
天気がいい日のランチはいつもこんな感じ、人が少なく眺めのいいところで。

親子熊岩日本海に面した渡島半島この海岸線はこんな奇岩が各所に見られます。

小さな漁村が点在していて気持ちいい海岸線のツーリングが続きます。

函館に到着。都会に泊まるのは今回のツーリングでは初めてです、洗濯物も溜まったし雨も降りそうだし、netで検索して一番安いビジネスホテルなんと3200円ポイントを引いて2800円でした。 値段相応のところでしたが雨にも濡れず携帯やカメラの充電もやってしまうことが出来ました。

翌朝は函館朝市に出かけて朝食。
北海道の全てがそろっています、でも花咲ガニは根室のほうが安いし、夕張メロンはやっぱり夕張や富良野が安いようでしたね。

せっかくここまで来たついでにバイクを置いて函館市内散策。
赤レンガ倉庫や坂道、教会など素敵なところがたくさんありますが一人じゃないほうがもっといいかも?

函館から亀田半島をぐるっと回りましたがこういったマイナーなところではほとんどライダーとはすれ違いません。 海沿いに点在する漁村には決まって品質の良い昆布が干してあります。
匂いだけでもビールが飲めそうです。

潮風を受けて海沿いをのんびり走るにはここは最高です。気温は26度くらい丁度いいです。

やがて半島に突き出した火山の恵山が見えて来ます。

恵山の海岸に露天の水無海浜温泉があるということで行ってみました。
海を仕切った湯船がありますがここに温泉が湧いており海水と混ざり合って温度は35度くらいでした。

今日のライダーハウスは大和旅館(1300円)です。
ここも人気のライハですが温泉付きということと定員6名でそれ以上は入れないので比較的ゆったりしています。
今日の夕食はセイコーマートの人気メニュー豚ドン

翌日は有珠山に登ってみました、活火山なので頂上へは行けませんが火口を半周できます。所要時間約3時間、途中地元のセロー乗りの方とご一緒して北海道の素晴らしさをお聞きしました。

夜は洞爺湖の花火鑑賞。この時期毎晩打ち上げていました。

ライダーハウス大和旅館に2泊してニセコを回り余市へ。

細川たかし像。手形に触ると北酒場やヒット曲が聴けます。
走りながらしばらくはきたーの酒場通りには〜♪ 口ずさんでいました。

余市で急に雨が降り出しカッパを着ようと止ったところがこのおじさんの目の前。どこかで見たことのある。

ここはニッカウヰスキーの余市工場、無料で見学と試飲が出来ます、雨宿りに寄ってみましたが2時間も費やして素晴らしい内容でした。
もちろん試飲はウイスキーでなくウーロン茶で。

雨も上がったところで最後の目的地小樽へ。
舞鶴行きのフェリーの時間待ちですが夜の小樽運河もいいですね。

小樽発23時30分舞鶴着翌日21時 所要時間21時間30分さらに一日おいて大阪発宮崎行きフェリーに乗りますがフェリー2泊+1泊かかってしまいます。

北海道一周16日間3500km、トラブルなし、タイヤはこのとおり真ん中だけツルツルの北海道減り。

北の大地ツーリングはバイク同士でピースサインを出してライダーハウスも完備しており素晴らしい旅が出来ました。
また来るぞ!

・・・・完

表紙に戻る  目次に戻る