登山レポート ★★祖母川上渓谷の清流でソーメン流し(+沢登り)★★ 2009年8月22日晴れ

祖母山の奥岳川上流の川上渓谷は素晴らしいナメと清流で有名ですが今回はその川上本谷の清流でみんなでソーメン流しをやりました。

黒金尾根登山道の吊橋から入渓、やがて秋霧谷出会いを通過。

 

水量は適度にあり明るい谷に太陽の光がまぶしい。

まもなく泳ぎで突破するか、それともへつりで水に浸からずに進むかちょっと迷うところにさしかかります。
へつりの途中でドボーンと水に落ち込んでも楽しくへっちゃらです。

しばらく進むとナメが出てきます、ここでしばらくみんな童心に戻って天然の滑り台遊び。
でも気をつけないと・・・以前ここで滑って遊んでいたら履いていたジャージのお尻が破れてパンツ丸見えで沢登りをした事があります。
そして今回のお目当てキレンゲショウマを発見。

沢の壁面にひっそりと咲いている祖母のキレンゲショウマはきれいですね。

今日は沢登りがメインではなくソーメン流しが待っているのでゲテヤマ谷の出会い付近で引き返し川上渓谷のナメで早速ソーメン流しの準備です。

お中元の残りの「揖保の糸」を持ってきたガスで鍋いっぱい茹で上げ祖母の清流で洗います。

そしてfukaさんスペシャルソーメン流しの樋に流すとソーメンは踊りながら下流へと流れていきます。

お尻は渓谷の清流で冷たい、ソーメンも冷たくて最高に美味しいです。

下界の暑さを忘れて涼しいというよりも寒いくらいの祖母の大自然に感謝!

表紙に戻る  目次に戻る